Yahoo! JAPAN

秋はボート五目釣りが面白い 人生初のイシダイに尺アジにカワハギも

TSURINEWS

初めてのイシダイを手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・笹原里美)

津久見湾(大分県)へ五目釣りにマイボートで行ってきました。私は初めての釣ったイシダイに感動、そしてカワハギ、イトヨリ、アジなど五目釣りを堪能しました。

黒島沖でボート五目釣り

釣行当日は、午前6時すぎにマイボートを車に積んで出発。途中、釣具店でエサなどを買って8時すぎに港へ到着し、準備をして8時20分に出港。

10分くらいで黒島沖のポイントに到着し、早速釣りの準備をします。

黒島沖の釣り場略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・笹原里美)

当日の仕掛け

まずはL型テンビンに20号のオモリを付け、主人作の2本バリ仕掛けで釣ります。

エサは半分に切ってスノコ付きエサ箱に入れて海水をかけておきます。表面からポロっと崩れるくらいまで溶かし、エビシャキをかけておきます。残り半分はタッパーに入れてクーラーの中へ。

当日の仕掛け(提供:週刊つりニュース西部版APC・笹原里美)

良型イトヨリキャッチ

9時ごろ釣り開始。ハリにオキアミ生をつけて投入。着底したら1~2回リールを巻き、トントンと底を叩くような感じで流します。何度か上下させていると、主人のサオにアタリ。これは小さなイトヨリだったのでエア抜きをしてリリース。

ボートがかなり流れたので潮上に行ってから再度流すと、主人と私にアタリがあり上がってきたのは当日最大のイトヨリでした。

きれいなイトヨリもいただき(提供:週刊つりニュース西部版APC・笹原里美)

カワハギ連釣

10時にいつものポイントへ行きました。サオ・リールは同じですが、主人作の3本バリ仕掛けを使います。

最初、主人はカゴを使わず20号のオモリを付けて底に落とすとすぐにアタリがあり、30cmくらいのアジが釣れました。

私にはアタリがありません。エサをつけ、カゴにまきエサを入れ投入。着底したら1回リールを巻き、大きく3回シャクってカゴの中のエサを出します。すると、コンコンとしたアタリがあり上がってきたのはカイワリでした。続いてチダイが釣れました。

正午ごろになると食いが止まったのでランチタイムとし、その後ハリにエサをつけカゴにエサを入れ投入。着底したら大きく3回シャクって巻こうと思ったらアタリです。上がってきたのはカイワリで、主人にはカワハギが釣れました。そのほかアジも釣れ大忙しです。

カワハギも数釣れた(提供:週刊つりニュース西部版APC・笹原里美)

初めてのイシダイに感動

1時ごろ、私のサオにアタリがあったので上げていると、何度も強い締め込みがありラインが出され、なかなか上がってきません。やっとの思いで釣ったのは40cmくらいのイシダイでした。取り込みに成功しストリンガーに付けて活かしておきます。

初めて釣ったイシダイに感動(提供:週刊つりニュース西部版APC・笹原里美)

1時30分、今度は主人にサンバソウが釣れたので、これもストリンガーに。

それからはアジが釣れ、カワハギが釣れ、主人には大きなアラカブも釣れました。2尾、3尾と立て続けに釣れます。私にはアジが入れ食いです。

アラカブもゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・笹原里美)

まきエサも残り少なくなったので、少しずつボートの中を片付けながら最後の仕掛けを落とします。着底して大きくシャクり、ラークにサオをかけているとすぐにアタリ。上がってきたのはヘダイだったので、ここで納竿にしました。

この日は、本当に楽しい釣りができて良かったです。初めてのイシダイに感動しました。

最終釣果

最終釣果はアジ32cm頭に26尾、イシダイ40cm頭に2尾、カワハギ7尾、カイワリ4尾、アラカブ4尾、イトヨリ5尾、チダイ3尾。

イシダイ、カワハギ、アラカブの刺し身はとてもおいしくいただきました。アジは3尾だけ刺し身にして、残りはフライにしました。

また時間を作って釣りに行きたいと思います。

一部の当日釣果(提供:週刊つりニュース西部版APC・笹原里美)

<週刊つりニュース西部版APC・笹原里美/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年10月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post秋はボート五目釣りが面白い 人生初のイシダイに尺アジにカワハギもfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事