Yahoo! JAPAN

TSUBAKI食堂が横浜醤油代表を招き食育 親子20組が参加〈横浜市神奈川区〉

タウンニュース

腕を振るう子どもたち

横浜市庁舎内の商業施設にある横浜野菜などの地産地消に取り組む飲食店「TSUBAKI食堂」は4月27日、横浜醤油(株)=松見町=の筒井恭男代表取締役を招き「第2回子ども食育食堂」を開催した。第1回目は橋本町にある岩井の胡麻油(株)の岩井徹太郎代表取締役社長が登壇していた。

横浜市内で唯一しょうゆ醸造を行う同社。筒井代表は参加した約20組の親子に向け、醤油の原料や作り方のこだわりなどを話した。その後、子どもたちは、横浜醤油を活用したオリジナルドレッシングや、同醤油でつくった昆布の佃煮やジャコを混ぜたおにぎり作りに挑戦。地場野菜と一緒に横浜醤油の魅力を体験した。

【関連記事】

おすすめの記事