Yahoo! JAPAN

犬が『好きな人に会った時』に見せる行動5選

わんちゃんホンポ

犬が『好きな人に会った時』に見せる行動5選

犬は好きな人に会った時、ある行動で「会えて嬉しい!」「一緒に遊ぼう」とポジティブな感情を伝えています。飼い主はもちろん、知人や他の犬の飼い主さん、親戚など、あらゆる『好きな人』に対して見せているので、見逃さないようにしましょう。

1.体や顔をこすりつけてくる

飼い主の帰宅時にはもちろん、好きな人に会った時は体や顔を擦り付けて甘えるような行動を見せる犬が多いです。

心境としては「また会えて嬉しいよ」「こんにちは!大好き」といった気持ちを伝えようとしているのでしょう。好ましい相手に対する挨拶の1つでもあります。

特に会えなくて寂しかった気持ちを伝えていることが多いので、留守番中に寂しい思いをしていた犬や、なかなか会えなかった知人に会った時などに見せることが多いです。

2.顔や口周りを舐めてくる

犬は愛情表現の1つとして、大好きな相手の顔や口周りを舐めるといった行動を見せることが多いです。単純に「大好き!」「会えて嬉しい!」という気持ちをストレートに伝えています。

元々は母犬に子犬が食べ物をねだったり甘えたりする時に見せる仕草からきている行動なので、信頼できる相手という意味も込められているでしょう。

しかし、もしも食事中や食べ物を食べた後にこのような行動が見られる場合は、単に口元から美味しそうな匂いが漂ってきているだけである可能性が高いです。

3.笑ったような表情で駆け寄ってくる

犬は長く人間と暮らしてきたため、遺伝的に人間の表情から感情が読み取れるようになったと言われています。また、人と長く暮らしている犬は、飼い主の表情をよく観察しているため、飼い主の表情に似ることも少なくありません。

犬は大好きな人に会った時、嬉しいという気持ちが先走りその人の元へと駆け寄っていくことがあります。その時、まるで笑っているかのように目尻が下がり、口角が上がった表情で駆け寄ってくる犬も多く、「なんだか笑っているみたい」と思う犬の表情の多くは、本当に「嬉しい」「楽しい」といったポジティブな感情が現れています。

4.後ろ足で立ち上がり飛び跳ねる

後ろ足でヒョコッと立ち上がり、まるで二足歩行するかのようにこちらへ近づいてきたり、中にはピョンピョンとリズミカルに飛び跳ねるような行動を見せる犬もいます。

この後ろ足で立ち上がり飛び跳ねる行動は、「この人に会えて嬉しい」という思いが高ぶってしまったために、感情的に起こしている行動です。したがって、好きな人に会った時に見せることが多いです。

しかし、犬が後ろ足で二足歩行、ましてや飛び跳ねる行動は犬の足腰に負担がかかります。飼い主はなるべく落ち着かせて行動を止めてあげましょう。

5.背中を見せるようにして寄り添う

家に知人がやってきた時、犬がその知人に近寄り背中を見せるようにして座ることはありませんか。少し体をくっつけるように寄り添う形で座っている場合、その人に対して安心感を抱いている証です。

犬にとって背中を見せる行為は相手に弱点を見せていることになるため、よほど好きな人や信頼している人でなければ見せません。つまり、この行動を見せる相手には、少なからず好感や信頼感を抱いているということになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。犬は好きな人に会った時、素直に感情を行動に表していたり、あるいは人間が気づかない方法で伝えていたりします。ぜひ今回紹介した行動を参考に、犬に好かれているかどうか確認してみましょう。

【関連記事】

おすすめの記事