Yahoo! JAPAN

【7月20日は“ハンバーガー”の日】かぶりつけば笑顔がこぼれる♡「MARK IS 福岡ももち」で見つけたこだわりバーガー5選

ARNE

ARNE

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

明日7月20日は「ハンバーガーの日」!

今から50年前の1971年(昭和46年)、東京・銀座の三越デパート1階に『マクドナルド』の日本1号店がオープンしたことが由来で、記念日として登録されたそうです。

大きく口を開けて、かぶりつく瞬間のあの幸福感といったら……! 今や、材料や調理法にこだわった“グルメバーガー”が増え、気軽に食べられるのに、ちょっとした贅沢感も味わえたり、食べ比べたりするのも楽しいですよね。

今回は、『MARK IS 福岡ももち』で見つけた、注目のハンバーガー&サンドをご紹介します。

1:あんずのお肉工場直売所/RED BROOKLYN(レッドブルックリン)の「ビーフベーコンバーガー」

画像:あんずのお肉工場直売所/RED BROOKLYN

一頭買いで仕入れた国内屈指の黒毛和牛「宮崎牛」を中心に、お肉がお手頃価格で買える「あんずのお肉工場直売所」が運営するバーガーショップ『RED BROOKLYN(レッドブルックリン)』。テイクアウト専門店です。

工場から直仕入れのため、質が高いお肉がハンバーガーで味わえるのがうれしいっ!  オーダー後に練って焼く、牛肉100%粗挽き本格ハンバーグは肉本来の旨みが強く、食べ応えも十分です。

約10種のバーガーメニューの中でも注目は『ビーフベーコンバーガー』(単品950円、セット1490円)。2週間塩漬け熟成した牛肉を使用。薫り高いサクラチップでじっくりスモークした『ビーフベーコン』が、パティの旨みをさらに引き立てます。

おうちでビール片手に……なんて、最高ですね♡

〈店舗情報〉
■あんずのお肉工場直売所/RED BROOKLYN(レッドブルックリン)
電話番号:092-836-6266

2:J.S. BURGERS CAFE(ジェイエスバーガーズカフェ)の「スパイシーチリチーズバーガー」

画像:J.S. BURGERS CAFE

「こだわりとトレンドを凝縮した、一番身近なグルメバーガー」をコンセプトに2000年に誕生した、アパレルブランド「JOURNAL STANDARD」が提案するアメリカンスタイルのハンバーガーショップ『J.S. BURGERS CAFE(ジェイエスバーガーズカフェ)』。

注文ごとに焼き上げるつなぎ不使用・ビーフ100%の粗挽きパティは、黒コショウやオールスパイスなどの香辛料にショウガやニンニクなどの香味野菜を合わせたクセになる味わい。軽く歯切れのよいオリジナル全粒粉バンズ、たっぷりの野菜がその魅力を引き立てます。中には、柚子など日本ならではの素材を盛り込んだメニューも!

この夏の一押しは『スパイシーチリチーズバーガー ポテトセット』(1364円)。七味唐辛子のきいたオリジナルチリのホットな味わいが、夏にピッタリです。

また、家族みんなで楽しめるとってもお得な『ファミリーコンボ』も! 人数分のハンバーガー(フレンチフライ付き、キッズプレート含む)が選べ、フライドチキン&オニオンリング、ファミリーサラダ、ドリンクがセットになって、3人分4708円、4人分6028円です。

画像:J.S. BURGERS CAFE

イートインはもちろん、テイクアウトもできますよ。
※文中価格はイートイン価格。テイクアウト価格は税率8%です。

〈店舗情報〉
■J.S. BURGERS CAFE(ジェイエスバーガーズカフェ)
電話番号:092-833-2727

3:FRESHNESS BUGER(フレッシュネスバーガー)の「ガーデンサラダバーガー」

画像:FRESHNESS BURGER

「おいしくてカラダにいいものをていねいに手づくりする」を掲げた日本生まれの『FRESHNESS BURGER(フレッシュネスバーガー)』。肉汁あふれるジューシーなパティは、クォーターパウンド(113g)で食べ応え十分。フレッシュなものが味わえるように1日2回丁寧に仕込まれる国産生野菜や、かぼちゃを練り込んだパンプキン・ゴマ・低糖質の3種類が揃うバンズなど、細やかな心遣いを感じます。

新作『ガーデンサラダバーガー』(単品440円※セットもあり)は、ハンバーガーの“ジャンク”なイメージを一新する逸品。

たっぷり5種の野菜とビーフパティを、ほんのり甘いパンプキンバンズでサンド。コクのあるすりおろし野菜のオリジナルソースが、野菜とビーフパティのおいしさを引き立てます。鮮やかな紫キャベツマリネの酸味もいいアクセントに。

この満足感は、ぜひ体験してみてください。

〈店舗情報〉
■FRESHNESS BURGER(フレッシュネスバーガー)
電話番号:092-707-4921

4:Ivorish(アイボリッシュ)の「フレンチトーストサンド」

画像:Ivorish

こちらはちょっと変化球。フレンチトースト専門店『Ivorish(アイボリッシュ)』には、ハンバーガーみたいな「フレンチトーストサンド」があります!

1番人気は『BLTEサンド』(788円、ドリンク&ポテトセット1188円)。チーズベースのアパレイユ(卵液)に浸けて焼き上げた「お食事系フレンチトースト」で、B(ベーコン)、L(レタス)、T(トマト)、E(たまご)をサンドしたメニュー。自家製オーロラソースが味の決め手です。

甘じょっぱさが絶妙で、クセになりますよ。ほかにも『スパム&エッグサラダ』『シュリンプ&アボカド』『ハニーマスタードチキン』もあるので、お気に入りを見つけてみて。

〈店舗情報〉
■Ivorish(アイボリッシュ)
電話番号:092-834-5771

5:パンの田島+ドトールコーヒーの「“北海道フェア”コッペ」

こちらも“サンド”つながりでご紹介。

人気のコッペパン&揚げパン専門店『パンの田島』と『ドトールコーヒー』がコラボレーションした『パンの田島+ドトールコーヒー』。九州にある店舗は『マークイズ福岡ももち』だけです。焼きたてのふんわりコッペパンに、お好みの具材をその場でサンドしてくれますよ。

この夏のオススメは“北海道フェア”のコッペシリーズ。

『北海道名物ザンギ&キーマカレー』(380円)。

画像:パンの田島+ドトールコーヒー

北海道名物の鶏の「ザンギ」と、キーマカレーの相性が抜群! 北海道練乳入りのほんのり甘いマヨネーズがアクセントになっています。

『北海道コーンとコンビーフツナマヨ』(380円)。

画像:パンの田島+ドトールコーヒー

人気のコンビーフと北海道コーンを合わせて、ツナマヨネーズと一緒に挟んだ贅沢サラダコッペです。間違いのない組み合わせ♡

ほかにも、北海道生乳を使用したレアチーズクリームにホワイトチョコをトッピングした『レアクリームチーズ』(200円)や、新作アイスコッペ『バニラ』(200円)『黒蜜ときな粉』(220円)など、スイーツ系にも見逃せない商品が登場しているので、あわせてチェックを!
※文中価格はテイクアウト価格。イートイン価格は税率10%です。

〈店舗情報〉
■パンの田島+ドトール
電話番号:092-834-6025

明日のごはんは「ハンバーガー」に決まり! テイクアウトもできるので、これからの夏休みシーズンにも役立ちそうです。いろいろ試して、お気に入りのバーガーを見つけてください♪(文/ARNE編集部)

〈店舗情報〉
■MARK IS 福岡ももち
住所:福岡市中央区地行浜2-2-1
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【関連記事】

おすすめの記事