Yahoo! JAPAN

東京湾奥でサワラ祭り開催中 ボートキャスティングゲームで全員安打

TSURINEWS

東京湾で釣れたサワラ(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

今季も9月上旬に東京湾央から湾奥にかけてサワラの大群がやってきた。そこで、原木中山の林遊船での釣行を中心に、現在の状況と基本的な攻略法を紹介。

林遊船でサワラ狙い

例年、秋から冬にかけて東京湾奥に群れが回遊、ゲーム性の高さと強烈な引き、さらに食味のよさで大人気のルアーターゲット・サワラ。

タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

9月4日(土)、林克樹船長操船のルアー五目便に乗船。7時に出船して探索に行くと、最奥部から横須賀沖まで広範囲にハネが確認でき、シーズン初となる82cmの極太をゲットすることができた。

小雨で高活性

当日は、曇天微風で絶好のボートキャスティング日和。鳥ヤマを狙ってサゴシチューンをフルキャストし、高速トゥィッチで誘うと一発でガツンとヒット。強烈なファイトで楽しませてくれたのは、ベイトとなるイワシをたらふく食べて丸々と太ったゲストのイナダ。

人生初サワラをゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

途中、小雨になるとサワラの活性が上がり、さらにハネも増え、同船者も潮回りのたびに良型を取り込んで大興奮。

今年も好スタート(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

全員安打で大満足

とくに、この日の当たりルアーと言える14cmのミノーを投げ続けたベテラン・松井さんは、見事なジャーキングで連続ヒットを披露、17ヒット11キャッチと素晴らしい釣果を叩きだした。

当日のヒットルアー(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

また、その釣友で初挑戦の増田悠さんも、頑張って一日中キャスティングを続けた結果、ラストに大型の初モノを捉え、その価値の高さと引きの強さに大喜び。

全員型を見ることができた(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

乗船者10人が全員安打で計30尾と今季最高の船中釣果となり本当に楽しい釣りになった。

湾奥サワラ攻略法

表層で逃げ回るイワシなどを高速で追いまわして捕食しているサワラは、その移動速度の速さや目のよさのため、簡単には釣れないぶん、逆にゲーム性の高さから挑戦する人が多く、例年ピーク時の週末には、60隻近い遊漁船やボートが湾奥に集結。

とくに、全身がトロのようになった脂ノリノリの大型は、食味も最高級なので、普段はルアーをやらないエサ釣りの友人からも誘いがあるほど。

大型が乱舞した(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

基本的な釣り方は、広範囲に動いている魚の居場所をみんなで見つけることから始まる。ハネの密度の高いポイントや、鳥ヤマ、潮目などをラン&ガンするスタイルがメインで、船が止まって合図が出たら、なるべく早く、そして遠くにルアーをキャスト。

活性の高いサワラは表層を泳いでいることが多いので、着水後は、ミノーならすぐに速巻きや連続トゥイッチ、ストップ&ゴーなどいろいろな誘いを試す。

メタルジグやサゴシチューンなどのヘビーウェイトミノー、バイブレーションなら、着巻きでアタリがなければ、5秒~20秒ほどカウントダウン、前記のようなアクションでバイトを誘発させる。

キープキャスティングが重要

ほかのルアーターゲットと同じく、ルアーの大きさや色でもアタリの出方が違うので、ルアーローテーションすることも有効だが、まだ群れが固まらず、広範囲に泳ぎ回っている現在の状況では、交換している間にせっかくの少ないチャンスを逃していると感じることも多い。まずは、定番ルアーをキープキャスティングすることが、価値ある1尾への近道だと思う。

ツ抜けにピースサイン(提供:週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘)

例年、9月下旬から11月にかけては、群れがどんどん固まって、週を追うごとに脂が乗る。水深5~20mほどの浅場のオープンウォーター(平場)のキャスティングゲーム釣行船ルアーサワラで、80~90cmのランカーサイズを狙える季節になる。

シーバスはもちろん、イナダ、イナワラ、さらに一昨年からは良型のタチウオまでさまざまなゲストがアタるのも魅力。

<週刊つりニュース関東版APC・奥野忠弘/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年9月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post東京湾奥でサワラ祭り開催中 ボートキャスティングゲームで全員安打first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事