Yahoo! JAPAN

じゃがいもホクホク食感レシピ!お好み焼きやガレットなど3選

VEGEDAY

料理によっていろいろな食感を楽しめるじゃがいも。この記事では、ホクホク&しっとりした食感を楽しめる、簡単でおいしいレシピを紹介します。

じゃがいもの皮のむき方、芽の取り方はコチラ

ホクホク&しっとり食感のじゃがいも料理

やわらかな食感が楽しめるレシピを3つ紹介します。

●じゃがいものお好み焼き

手軽に作れて、おやつにもぴったり。

材料(1枚分)

じゃがいも:中10個

塩・こしょう:適宜

サラダ油:大さじ2~3

クリームチーズ:100g

サラミ:小1本

ブロッコリー(茹でたもの):お好みで

粉チーズ:適宜

トマトケチャップまたはピザソース:適量

マヨネーズ:適宜

作り方

じゃがいもは皮をむいて千切りにし、塩、こしょうをふっておく。

フライパンに油をひいたら、1を平らに並べて、両面をきつね色になるまで焼く。

焼きあがったら、大きめの皿に置く。

サラミは斜め薄切りにして、2のフライパンの余熱で焼く。

3に4とクリームチーズを角切りにしたもの、お好みでブロッコリーを飾る。

5の上にトマトケチャップとマヨネーズをかけ、粉チーズをふったら完成。

5、6の工程の飾り方は、上のイラストを参考にしてください。

●じゃがいもとミートソースのミルフィーユチーズ焼き

じゃがいもを重ね焼きにした一品。

材料(4人分※)

じゃがいも:中1/2個

小麦粉:6g

バター:20g

ミートソース(市販のものでも可):60g

プロセスチーズ:25g

塩・黒こしょう:適量

イタリアンパセリ:適量

小さめの料理を想定しているため、材料は少なめとなっております。

作り方

じゃがいもは、皮つきのまま5mmくらいの厚さに切って、水にさらす。

1の水気を十分に切ったら、小麦粉を付ける。

2をバターで焼く。

ミートソースと焼いた3を交互に重ね、上にプロセスチーズをのせる。

オーブンに4を入れて焼き、じゃがいもがやわらかくなりチーズが溶けたら取り出し、塩・黒こしょうをふりイタリアンパセリを飾る。

●ポテトガレット

外はカリッと、中はホクホクの食感のハーモニー。

材料(2人分)

じゃがいも:3個

塩・こしょう:適量

サラダ油:少々

ハム:2~3枚

スライスチーズ(溶けないタイプ):2~3枚

作り方

じゃがいもは洗って皮をむき、千切りにする。

千切り用スライサーを使うと便利です。じゃがいもは水にさらすとでんぷんが流れ出てしまうので、さらさずに使います。

1 に塩・こしょうを適量入れて、なじませる。

フライパンを中火にかけ、サラダ油をひき、2の半量を入れて焼く。

3の上に、ハム、チーズを並べ、残りのじゃがいもを広げてのせる。

時々、フライ返しで押さえながら焼き、焼き色がついたら裏返してさらに焼く。

両面がカリッと焼けたらできあがり。

memo

千切りにしたじゃがいもは水にさらしていないので、変色しやすいため、手早く調理しましょう。

最後に

ホクホク、しっとりのじゃがいも料理を作ってみてください。

じゃがいもの茹で方や保存法、品種別レシピについてはコチラ

じゃがいものカリカリ焼きレシピはコチラ

[じゃがいも]茹で方や保存法、品種別レシピの紹介

じゃがいもはビタミンCが豊富。炭水化物を多く含みますが、米やパンにくらべて低カロリーで、ゆっくり消化されるのでダイエットにも良いといわれています。緑色になった皮や発芽部分には有害なソラニン という物質が含まれるので、その部分は厚めに皮をむき、完全に取り除いてから使いましょう。

最終更新:2022.03.03

文:アーク・コミュニケーションズ
イラスト:鈴木ほたる
監修:カゴメ
出典:
JAグループ福岡(じゃがいものお好み焼き:JA北九)
JAとうや(じゃがいもとミートソースのミルフィーユチーズ焼き)
JAめむろ(ポテトガレット)

【関連記事】

おすすめの記事