Yahoo! JAPAN

プレイバック瀬谷36 ドローン使った災害時訓練 17年2月を振り返る〈横浜市瀬谷区〉

タウンニュース

2017年2月23日号より抜粋

過去のタウンニュース瀬谷区版の紙面から当時の様子を振り返る「プレイバック瀬谷」。36回目は、小型無人飛行機・ドローンを使い災害訓練を実施した記事を紹介。2017年2月23日号より「災害時にドローン活用へ」を振り返ります。

訓練は三ツ境自動車教習所で、瀬谷警察署や瀬谷消防署などが合同で実施。記事によると、瀬谷警察署は2016年に区内宮沢のマルチコプタージャパン(株)と依田儀一商店と協定を結び、大地震や風水害の際、幹線道路や鉄道などの被害確認、要救助者の発見においてドローンを活用する方針を打ちだしていたようです。また、当時、このような協定を結んでいたのは県下の警察署でも瀬谷のみだったそうです。

当日は、赤外線カメラを搭載したドローンを使い、ブルーシートで覆われた人をみつける訓練と、多重交通事故現場での情報収集などを行いました。

【関連記事】

おすすめの記事