Yahoo! JAPAN

【夢旅】北海道えりも町が旅費出してくれるぞ! 実質全額負担? ワーケーションモニターツアー / 職種問わず「ユーチューバー可能」

フォトリップ

【夢旅】北海道えりも町が旅費出してくれるぞ! 実質全額負担? ワーケーションモニターツアー / 職種問わず「ユーチューバー可能」

北海道はグルメ、大自然、絶景、そして人の温かさ、そのすべてにおいて素晴らしい大地。それは言うまでもない事実なのですが、そんな北海道旅行に無料で行けるとしたら、皆さんはどうしますか? そりゃ行きますよね!

・宿泊費と北海道内交通費が無料

北海道のなかでも美しい地域として知られている「えりも町」が、ワーケーションモニターツアーを計画。なんと、ツアー参加者の宿泊費と北海道内交通費が無料! これは前代未聞レベルの嬉しい企画。

・限度額内で実費負担キターー!

「でも北海道じゃない地域から行く人は有料なんでしょう? お高いんでしょう?」と思うかもしれないが、決してそんなことはありません。北海道外から訪れる人たちに対しても手厚いフォローがあり、えりも観光協会は「旅客機等公共交通機関の交通費は原則として6泊以上の参加者に限り予算内及び規定限度額内で当会が実費負担」と発表したのです!

<簡単に言うとこのような感じ>
宿泊費無料 (メシ付き!)
北海道内交通費無料
6泊以上なら飛行機代も限度額内で負担
クルマ移動ならガソリン代支給(北海道外からの旅行者は対象外)

・2021年2月20日チェックアウトまで

あまりにも嬉しすぎる企画ですが、すでにこの企画は2021年1月6日からスタートし、2021年2月20日チェックアウトまで続く予定とのこと。以下は、えりも観光協会が公開している詳細情報です。引用してお伝えしますね。

【ワーケーションモニターツアー募集 宿泊費・北海道内交通費無料】(引用ここから)

<募集内容>
えりも町の宿泊施設に滞在し、テレワーク等をする方を募集します。

<募集期間>
2021年1月6日~2021年2月20日チェックアウトまで。

<参加できる職種>
テレワーク、デザイナー、販路開拓、ブロガー、ユーチューバー、ライバー等々職種は問いません。休日を除き、参加期間に給与・報酬が伴うこと。または、後日その活動によって売り上げが期待できること。

<宿泊費>
夕食・朝食付き宿泊費は当観光協会が負担致します。
宿泊施設外飲食は自己負担となります。

<交通費>
◎北海道内交通費は当観光協会が実費負担致します。
1.公共交通機関利用の場合、ご自宅とえりも町間はルート逸脱がなく、直行直帰に限ります。
2. 自家用車利用の場合は既定のガソリン代支給となる予定です。
3. レンタカー費用は自己負担となります。

◎北海道外からの旅客機等公共交通機関の交通費は原則として6泊以上の参加者に限り、予算内及び規定限度額内で当会が実費負担します。
1. 公共交通機関利用の場合、ご自宅とえりも町間はルート逸脱がなく、直行直帰に限ります。
2. 自動車等ガソリン代等は支給対象外となります。
3. レンタカー費用は自己負担となります。
4. フェリー代は自己負担となります。

<体験費用>
滞在中はコンブボートクルーズなどの屋外アクティビティを無料で体験できます。

<ご注意>
お仕事を伴わない観光目的の参加は不可です。
どのようなお仕事に従事されるか、申込時アンケートにご回答いただきます。
滞在中の観光は歓迎します!
モニターツアー募集及び交通費、野外アクティビティは予算額に到達次第予告なく締切ます。

<主な参加条件>
1. 参加時に体調不良ではないこと(当会規定のチェックあり。発熱や風邪に類似した症状が見受けられた場合、例外なく参加を中止していただきます。)
2. 参加中は当会規定新型コロナウイルス感染症拡大防止ガイドラインに従うこと
3. 20歳以上であること
4. 3連泊以上であること
5. アンケート、写真撮影などに協力いただけること
6. 身分証明書をコピーし、保管することに同意されること
7. 参加は原則として1名1室(2名の場合は応募時要確認・3名以上不可)

<宿泊施設>
かめや旅館
望洋荘
クリフハウス柳田旅館
守人(まぶりっと)
さんすいかく
※宿泊施設の指定はできません。

<お問い合わせ・お申込み>
えりも観光協会 モニターツアー専用電話 090-5228-0111
午前11時~午後7時まで(不在着信となった場合、こちらから折り返し電話はしませんので、時間をおいておかけ直し下さい。)
お問い合わせ・お申し込みはお電話のみと致します (引用ここまで)

・あまりにも美味しすぎる展開

……と、いう内容のワーケーションモニターツアー。素晴らしい北海道の大地で、自然のなか、ワーケーションができる。しかも、えりも町がガッツリとバックアップしてくれる。これ以上嬉しくてお得なワーケーションが存在するでしょうか。

・日々の健康管理だけは注意

けっこう本気で行きたいと思った人、細かい条件などを知りたい人はえりも観光協会のモニターツアー専用電話に連絡して聞いてみるといいでしょう。この時期のお出かけ、日々の健康管理だけは注意しよう。

※記事の画像はえりも観光協会より

おすすめの記事