Yahoo! JAPAN

新子アオリイカエギングで本命11杯 ブラインドでもサイトでもヒット

TSURINEWS

ブラインドで仕留めた新子アオリイカ(提供:TSURINEWSライター森英雄)

9月8日、兵庫の明石市にある大蔵海岸へ、エギングに出かけた。ナイトのブラインドとデイのサイトの釣りを楽しみ、計11杯のアオリイカを仕留めた釣行をリポートする。

大蔵海岸で新子エギング

今年の大蔵海岸では、親アオリイカ狙いでエギングをしていた7月、8月ごろから、生まれたばかりのアオリイカの新子の姿をよく見かけた。また9月に入り直接アオリイカの新子を狙ってのエギングでも、エギを追いかけてくる新子の数がここ数年に比べて多いように感じている。

もしかしたら今年は久しぶりのアオリイカの当たり年かも知れない。そんな期待を抱きつつ9月8日、大蔵海岸へ新子アオリイカ狙いのエギング釣行をした。

新子狙いエギングタックル

当日のタックル(提供:TSURINEWSライター森英雄)

当日のタックルは、小さな新子の引きでも十分楽しめるようにライトゲーム用ロッドを使った。リールその他はすべて通常のエギングタックルのものである。

当日の状況と作戦

釣行日時:9月8日 午前2時30分~6時30分
潮汐:新月の大潮4日目
ポイント:「龍の湯」前の護岸一帯

当日の作戦

当日の天気予報は夜明けから間もなく雨が降りだす予報。アオリイカの新子狙いは明るい時間帯のサイトフィッシングによるエギングが楽しいが、夜明けから雨が降り出すとなるとそうも言っていられない。早めに出発して暗い内に少しでも新子の顔を見る作戦をとることにした。

ブラインドでの釣り方

大蔵海岸に着いたのは午前2時30分。すぐにタックルを準備してエギングを開始する。新子は護岸の基礎石周りに付いていることが多いので、フルキャストはしない。基礎石の少し先辺りに軽くエギを投げてカウントダウン。ボトム近くまで沈めてからパンパンパンッと一気に表層近くまでエギをシャクり上げる。

いつもならここでエギの後ろを追いかけてくる新子の姿があるかどうかを確認するのだが、今日はブラインドの釣り。それはできない。エギを表層でステイさせるようにロッドティップを上げてラインを張り、リールのラインローラーから伸びるラインに左手の中指と薬指を添えてアタリやラインの変化を感じられるように神経を集中する。

ちなみにこのリールの先のラインを指に掛けてアタリを感じるというやり方は、エギングマスターこと杉原正浩さんの真似だ。ブラインドで親アオリイカ狙いをする時は、これでアタリを取ることが多い。

早々に新子アオリイカ登場

数秒待ってアタリがないので、再度エギをフォールさせる。今度は2mほど沈めたところからジャーク。表層付近でピタッとエギを止め、ラインに指を添えてアタリに集中する。と、ピンッと張っていたラインのテンションが抜けてフッと緩んだ。ロッドをゆっくり上げて聞いてみると重みを感じる。そのまま軽く手首を返すようにアワセを入れると、クンクンという新子の引きが伝わってきた。

ブラインドで釣った1匹目(提供:TSURINEWSライター森英雄)

開始早々のヒット、それもしっかりアタリを取っての釣果に思わず笑みがこぼれる。

表層で連発

すぐにエギを投げ返しカウントダウン。ボトム近くから表層まで一気にシャクり上げる。ラインテンションを保ってエギを表層でステイさせアタリに集中していると、短く鋭角的なカツンっという感触。イカパンチのアタリだ。

反射的にアワセを入れる。表層近くで掛かった新子はすぐに海面に浮いてプシュー、プシューと抵抗する。ライトゲーム用ロッドで小気味いい引きを楽しみながら抜き上げた。

イカパンチをとらえ2匹目(提供:TSURINEWSライター森英雄)

エギを投げ返す。カウントダウンの後、シャクり上げてアタリを待つ。

すると言葉では言い表しにくいのだが、何やらモゾモゾという違和感が出る。親イカ狙いの時にもよくあるアタリだ。

ブラインドでアタリを取るような新子狙いのエギングはあまり真面目に(?)やったことがなかったのだが、しっかりアタリが出て中々に楽しい。

夜光エギにもヒット

ここでふと思い立ったのが夜光エギをしっかり蓄光してみること。あまり煌々と光るエギだとアオリイカが却って警戒するのではないかと思い、これまで夜間でも夜光エギを蓄光して使うことはなかった。しかし物は試し。もしかしたらエギの動きでアタリが取れるかもしれない。ヘッドライトで蓄光したエギをチョイ投げする。

ボトムまで沈めてからジャークしてくると、表層近くまで浮いてきたエギが光って見える。そのままラインを張ってステイ。ゆっくりとこちらに近づいて来ていたエギが逆方向、後ろ向きにス~っと動いた。

アワセを入れる。すぐにプシュー、プシューという音が聞こえ、小気味いい引きが伝わってきた。

夜光エギにもヒット(提供:TSURINEWSライター森英雄)

こうして色々なアタリを楽しみながら、夜明けまでに7杯の新子を釣ることができた。

夜が明けたらサイトフィッシング

5時半。スマホで気象庁のレーダーを確認すると、7時ごろには雨が降り出しそうだ。家に帰ることも考えると6時半までの1時間ほどが釣りのできる時間になるだろう。海の中も徐々に見えるようになってきたので、ここからは新子を探しながらのサイトフィッシングだ。

歩きながら海面を見ていると数匹の新子の群れを発見。その群れの少し先にエギを投げ入れる。

新子は浮いているが、エギはボトムまで沈める。好奇心旺盛な新子は、ボトムから表層へとダートしながら一気に上がってくるエギに興味津々で飛びついてくるからだ。表層でステイさせたエギの周りを新子が取り囲み、少し近づいては離れを繰り返す。おそらく暗い間のエギングでも同様の光景が繰り広げられているのだろう。

新子がエギを遠巻きにして距離を縮めなくなったところで、エギをフォールさせる。新子は慌ててエギを追いかけるが、途中で止めてまた遠ざかる。パンパンッとエギをダートさせる。横から飛んできたイカがエギを抱いた。

明るくなってからはサイトでキャッチ(提供:TSURINEWSライター森英雄)

1杯釣るとスミを吐くのでそのポイントはつぶれてしまう。移動しながら次のイカを探してサイトフィッシングを繰り返し、4杯の新子を追加した。

最終釣果は11杯

空模様が怪しくなってきたところで時計を見ると6時40分。そそくさと帰り支度をして、今にも雨が降りだしそうな大蔵海岸を後にした。こうしてこの日は暗い間に7杯、明るくなってから4杯の新子アオリイカを釣ることができ、合計11杯と「つ抜け」の釣果となった。

既述のとおりブラインドの新子狙いエギングはあまりしっかりとやったことがなかったのだが、真面目にやってみると色々なアタリが出ることに少々驚いた。と言うか、親アオリイカ狙いではそう何回もないアタリが、新子狙いでは頻繁にあるため非常に楽しい思いをした。

この時季だけのサイトフィッシングはもちろん楽しいが、ブラインドでも新子のアタリは出るし、そのアタリをしっかり掛けアワせれば新子は釣れる。またブラインドでアタリを取るエギングは親アオリイカ狙いの時にもきっと役立つだろう。新子アオリイカ狙いのエギングの楽しみはサイトフィッシングばかりではないことを今回の釣行で学んだ次第である。

<森英雄/TSURINEWSライター>

The post新子アオリイカエギングで本命11杯 ブラインドでもサイトでもヒットfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 炭水化物に炭水化物の幸せ 良町の「金源飯店」で台湾ラーメンと麻婆豆腐丼のセットがピリッとたまらない!

    肥後ジャーナル
  2. 一瞬で惚れちゃう!いつまでも印象に残り続ける”雰囲気美人”の特徴

    mer
  3. 猫のためにならない『甘やかし方』5選!ケース別の適切な対応方法とは?

    ねこちゃんホンポ
  4. 【最新版】ほかほか定番が美味しい!セブンイレブンホットスナック人気ランキングのおすすめTOP3!

    もぐナビニュース
  5. ジャニーズだった…かも?!実は元々アイドル志望だった芸人ランキング

    ランキングー!
  6. 飼い主の熱烈な「連続キス」を受け止めた猫さん。あまりのできごとに硬直してしまう (〃∇〃)

    PECO
  7. アプガ(2)、1st EP『にきちゃんわんだーおんぱれーど』収録曲&ジャケット写真解禁!

    Pop’n’Roll
  8. 3人の子どもの育児にアルツハイマー実母の介護で限界です……。#小田桐あさぎの人生お悩み相談

    saita
  9. After the Rain、5周年記念リクエストライブの開催が決定 初の映画館ライブビューイング&全世界へ配信

    SPICE
  10. 犬のストレスになる『インテリア』4選!犬を苦しめてしまう環境を考える

    わんちゃんホンポ