Yahoo! JAPAN

垂水区、神陵台のステーキ&オムレツのお店『カントリー物語』が閉店してる。23年間続いた老舗店

神戸ジャーナル

垂水区、神陵台のステーキ&オムレツのお店『カントリー物語』が閉店してる。23年間続いた老舗店

垂水区「神陵台」バス停すぐ近くにあったステーキやオムレツが楽しめる『カントリー物語』が閉店してました。1998年から23年間変わらずこの場所で営業を続けてきた老舗店です。神戸市垂水区神陵台8-1-12

『カントリー物語』は、黄色い外観のITOビル1階にあったお店です。すぐ近くにはベーカリー「クスパン」や「神陵台愛徳幼稚園」などがあるバス道沿いで、車で10分ほど進むと「JR朝霧駅」があります。

反対を向くとこんな感じ。すぐ近くにはガソリンスタンドの「ENEOS」やドラッグストアの「スギ薬局」があります。

さらに進むと「伊川谷高校」などがある方向です。

閉店は2021年12月26日と少し前です。外から見ると看板などはそのままで奥まった入口のドアにひっそりと閉店の貼り紙が貼られています。

店内をちらっとのぞくと、高齢の店主さんが立っていたカウンターや鉄板はまだそのままの様子。

閉店の理由はわかりませんが、コロナ禍でお客さんがかなり減っていたようです。

『カントリー物語』の素朴で優しいオムレツがもう食べられないのは寂しいですが、23年間もの間、二人三脚で続けてきたご夫婦に「お疲れ様でした」と言いたいですね。

【関連記事】

おすすめの記事