Yahoo! JAPAN

ビートルズ中後期サウンドを体感できる『鶴見Rubber Soul』

さんたつ

京浜工業地帯・鶴見に店を構えて30年という老舗のライブ・パブ『Rubber Soul』。店主は、ビートルズ・サウンド研究の第一人者として業界でも名高いパウロ鈴木さん。1988年に名古屋「スター・クラブ」でポール役のベーシストとして本格的にビートルズ活動をスタートさせ、96年にはビートルースとして参加した「ビートルズ音楽祭」で、ジョージ・マーティンから直々に中後期ビートルズの再現を絶賛されたキャリアを持つ。

ジョージ・マーティンが絶賛した中後期サウンドは必聴

そんな実力者であるパウロさんが鶴見でこの店をオープンさせたのは90年のこと。「せっかく自分のお店を作るのだから既存のビートルズ系のライブハウスとは異なる、自分なりのビートルズ愛とロック色を出したお店にしたかった」というように、同店のこだわりは、ライブハウスに据え置きのビンテージ・アンプと出演ミュージシャンが使用する楽器に表われている。ヘフナー500-1、ヘフナーラップズティールのオリジナルなど、ここでしか揃わない貴重な楽器が拝めることも同店の人気の理由だ。

パウロさん自身がデザインしたというレンガ造りのアーチがいかにも英国風で、落ち着いた雰囲気を醸し出す。
ビートルズ・グッズやレコードの販売ショップだった時期もあり、店内には貴重な代物が並ぶ。

そんなパウロさんのこだわりとキャラクターは多くのビートルズ・ファンに支持され、今では『Rubber Soul』出身のビートルズ・バンドやプレイヤーが各所で活躍するまでになっている。パウロさんの演奏が観られるビートルースのライブやビートルズ・セッション会、ビートルズ・サミットなど、毎月ビートルズ関連のイベントが目白押しだが、最近はフリーマイク&セッションも人気だとか。

左/パウロさんの愛用楽器。右からヘフナー500-1、リッケンバッカー4001S、フェンダー・ジャズベース。後ろにはビートルズが使っていたヴォックスのベースアンプ、スーパービートルのオリジナルも。右/96年、ファンクラブ主催のビートルズ音楽祭で、来日したジョージ・マーティンから絶賛された際のサイン。
ベーシスト・パウロさんの演奏が聞けるビートルース。日本随一の実力をもつビートルズ・バンドを間近で堪能できる。
エマーソン・レイク&パーマーの研究家でもあるパウロさん。ビートルースとしての活動の他、パウロ鈴木。& GOMAWORLD with 難波弘之など多数のオリジナル作品を制作し、ラバーソウルレコード・レーベルからリリースしている。

「ビートルズのすごいところは歌えない人でも歌えそうだと思わせてしまうところ。簡単にそうに見えて実はすごく難しい。そこが魅力なんでしょうね。でも回を重ねるうちにうまくなっていく人もいます。その光景を見ていて思うのは、ビートルズはみんなのものになっているなってこと」

2020年に30周年を迎え、多くの伝説的ライブが繰り広げられてきたこの店。なかでもパウロさんの印象に残っているのが、2003年に行ったデヴィッド・ピールの公演だという。デヴィッド・ピールとは、70年代前半にジョンとヨーコがニューヨークに移住した際に親しくなったストリート・ミュージシャン。アップルから『ローマ法王とマリファナ』という珍盤を出したことでも知られる彼を招いてライブを行い、パウロさん自らがベースを弾いたのだ。そんなエピソードにも、この店のディープなビートルズ愛が表われている。

取材・文=竹部吉晃 撮影=小野広幸

Rubber Soul
住所:横浜市鶴見区鶴見中央1丁目14-2 第一戸田ビル2F/営業時間:19:00~22:00/定休日:無/アクセス:JR京浜東北線鶴見駅から徒歩3分

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 平祐奈、雪山で“バンザイ”ショット

    ナリナリドットコム
  2. よしもと若手芸人『メガネベストドレッサー賞』に笑顔 有吉弘行はあの同世代芸人を「早く受賞させろ!」

    Techinsight
  3. 【最新GoPro】月600円のサブスクで使えるアクションカメラ「HERO9 Black」の魅力

    特選街web
  4. 「36ぷらす3」来年1月~3月上旬運行分のランチプラン・ディナープラン、31日発売開始 10月~12月運行分は約3,700人が予約 JR九州

    鉄道チャンネル
  5. 石川恋の“横顔ドアップ”に反響

    ナリナリドットコム
  6. セクシー女優・里美ゆりあさん“赤裸々すぎる”私生活…タワマン600万円強盗被害の動機か

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. “トイレ不倫”渡部建が背負う「会見トンズラ」の代償…「逃げるな」と芸能文化評論家

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 『ゆるキャン△』モデル校の校庭でキャンプも「へやキャン△デジタルスタンプラリー」抽選プレゼントアイテム公開 山梨県内飲食店で本編登場のコラボメニュー販売決定

    SPICE
  9. GoogleがハロウィンAR機能を実装 おばけや骸骨が呼び出せるよ!

    おたくま経済新聞
  10. 構ってほしくて、上目遣いでジッと見つめてくるニャンコ…。そのいじらしい視線には勝てない! 45秒

    PECO