Yahoo! JAPAN

夏はトップチニングゲームが面白い 46cm頭にチヌ2尾【鳥取・中海】

TSURINEWS

トップで釣れた46cmチヌ(提供:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

鳥取県境港市中海にある幅30m、水深3mほどの水路の近くでトップチニングゲームを楽しんだ。46cmを頭に2匹の本命を仕留めた釣行をリポートしたい。

トップウォーターでチヌを狙う

夏の釣り物で最近注目を集めているのが、チヌをルアーで狙うチニングである。夏は、春の産卵で消耗したチヌが体力を回復させるため、浅瀬でエサを荒食いする。

この時期はワームに限らずハードルアーにもよく反応するハイシーズンである。今回は、水面付近で動くポッパーを使用しての豪快なトップウォーターチニングゲームを紹介する。

タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

タックルは上図の通り。今回はシーバスロッドを使ったが、軽いルアーを使用する時や幅の狭い川や水路で釣りをする場合は、短いバスロッドが扱いやすい。ルアーは8gのポッパー。

ポッパーでアピール

ポッパーは、口部分がお椀型にへこんで水に浮くように設計されたトップウォータールアーだ。へこんだ口の部分で水を弾いて、シャワーのように前方に弾き飛ばすことができる。また、空気を含ませて「ポコッ」という音を出せる。

使用したポッパー(提供:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

この音は魚が水面付近のベイトをのみ込む音に似ている。つまり、ターゲットに水面付近に小魚がいて、それをほかの魚が食べていると思わせるアクションをする。

ポッパーでチヌを狙うに適した場所は浅場だ。チヌは夏になると浅場の底付近で活動するので、水深5m未満の河口や水路、砂浜がお勧めだ。近場でこのような場所を探してみよう。

境港でトップチニング

6月26日、中潮。朝方、鳥取県境港市中海にある幅30m、水深3mほどの水路に出かけた。水路に架かる橋の上から覗き込むと、数尾のチヌの姿が見えた。チヌは警戒心が強い魚なので、見えている個体は釣るのが難しい。

橋の下はいいポイントに見えるがプレッシャーが高いのでここはスルー。チヌがこの水路にいることが分かれば十分だ。橋から離れて釣りをする。河口や水路の場合は、チヌが岸ギワにいる場合が多い。

キャスト方法(作図:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

上図のように対岸、斜め、自分側とキャストし、アタリがなければ前進する。こうすることで警戒心を極力与えないことが肝要だ。

46cm&35cm本命キャッチ

キャストして「パシャパシャ」「ポコッポコッ」と音を立てながら、なるべくゆっくりリールを巻く。たまに食いつく間を与えるために動かすのを止める。すると、自分側の岸にキャストしたルアーの付近でバシャっと水しぶきが上がった。

ハリ掛かりしてないので、さらにアクションを繰り返すと追い食いしてきた。サオがかなりしなる。46cmの銀鱗輝く良型だ。さらに対岸付近へキャストし、35cmの2尾目を仕留めた。

2尾目は35cmだった(提供:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

水面で水しぶきが上がる瞬間が最高に楽しいポッパーでのチニング。シーズンはこれからが本番なので、皆さんも近場でチニングに出かけてみては。

最後に、釣り場ではゴミの放置や迷惑行為をしないよう、みんなで釣り場を守っていこう。

<週刊つりニュース西部版APC・中濱友也/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年7月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post夏はトップチニングゲームが面白い 46cm頭にチヌ2尾【鳥取・中海】first appeared onTSURINEWS.

おすすめの記事