木村葉月演じる“別れのキス”に谷まりあが号泣。『恋愛ドラマな恋がしたい』第11話公開 - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

木村葉月演じる“別れのキス”に谷まりあが号泣。『恋愛ドラマな恋がしたい』第11話公開

Pop’n’Roll

『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』(C)AbemaTV

木村葉月、日比美思、元AKB48の平田梨奈らが、恋愛リアリティショー『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』の第11話に出演した。

本番組は、若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様子を追いかける恋愛リアリティショー。

全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取るために、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されているさまざまなキスシーンを演じていく。

今回は、男性3名、女性3名という構成からスタートし、第1話から第12話の間に新たなメンバーが追加となる新ルールを設定。井上佑(以下、たすく/24歳)、千綿勇平(以下、チワ/28歳)、南北斗(以下、ほくと/21歳)、木村葉月(以下、はづき/19歳)、日比美思(以下、みこと/21歳)、若菜(以下、わかな/26歳)らの6名に、第2話からは新メンバー・平田梨奈(以下、ひらりー/21歳)、第4話からは根岸拓哉(以下、タクヤ/23歳)が新たに加入している。

また、今シーズンでは、物語の初めから終わりまで、1人の俳優が主演を務める通常のドラマとは違い、主役の“神谷大樹”役と“神谷恵子”役を、若手俳優8名の中から各話ごとのオーディションで選ばれたペアが演じていくという“主演が毎回変わる連続ドラマ”『BANG BAN LOVE』に初挑戦する。

『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』(C)AbemaTV

4月4日の放送では、恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』の最終話と、その主役を決める投票結果開票の模様をお届け。前回の放送にて、ドラマ最終話の主役を決めるために1時間にも及ぶ話し合いがなされるも、結局決まらず、メンバー8人全員による投票が行われ、その結果発表からスタートした。

オープニングトークでは、前回までの恋愛模様を振り返り、たすく、ほくと、チワの3人から想いを寄せられているはづきの話題に。はづきのモテモテぶりに驚きを隠せない様子のMCの渡辺直美が“はづきって最初人気なかったよね?(最初の)ペア決めのときも最後まで残ってた子だったのに”と回顧する一方、あ〜ちゃん(Perfume)は“やっぱ演技して、キスシーンしたら、心が動くってことなんですね! これが『ドラ恋』!”と爛々と目を輝かせ、スタジオの笑いを誘った。

そして、番組ではドラマ最終話の撮影当日を迎え、演技指導の澤田育子先生によって早速、投票結果の開票に。その結果、8人中はづき自身を含む7人がはづきに投票したことと、チワが自分自身に投票していたことが明らかとなり、恵子役ははづきに決定した。

『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』(C)AbemaTV

この投票結果を受け、澤田先生は“みなさん主役を目指してここに参加してるわけですよね。自分に投票するって恥ずかしかったり、格好悪かったりすると思うんだけど、でも本当にやりたかったらそんなこと言ってられない。主役やりたくて来てるわけだし。それぞれの表現者としての思いや覚悟がもっとあると思っていた”と苦言を呈す。

さらに“最高の作品を撮ろうって思った時に、誰かの強い思いだったり、覚悟だったり、勇気だったり、そういうところから必ずスタートすると思う。そう考えた時に、私は大樹役もその覚悟と思いを持ってる方にやってもらいたい。そういう意味で、はづきさん同様、ご自身に投票した千綿さんにやっていただくのがいいかと思います”と続け、最後の大樹役にチワを指名する。

澤田先生の言葉に対し、“本当にそう”、“確かに……”と納得するMCメンバー。ところが、澤田先生の提案に即答せず、苦悶の表情を浮かべ“もちろんやりたいです。ただ、みんなそれで納得できますか?”とメンバーたちの反応を窺うチワに、スタジオからは“え⁉︎ やりますじゃないの⁉︎”、“(そんな気遣い)いらない!”と声が上がった。

そこで、すぐさま“私は納得します”と宣言したのはひらりー。続いて、たすくが“自分自身の“やりたい”っていうマインドを示したチワちゃんの役者魂は、1番主役をやるにふさわしい。それを持っていないといけないものだと思うから……賛成……するしかないです”と告げると、ほくとも“チワちゃんが自分で(名前を)書いたっていうのはすごい覚悟があると思う。正直今は全然納得できないですけど、(ドラマ)本番でみんなを納得させればいいんじゃないかなと思います”と、悔しさを滲ませながらも賛同。

さらに、タクヤは“俺らの想いとかは考えなくていいよ。(自分の名前を)書いた覚悟があるんだったら、俺らのことなんて一切気にしなくていいし、台本と向き合って表現するだけでいいから、俺らへの情なんて一切いらない”と助言。仲間の後押しを受け、ようやく“やりたいです”と表明したチワは、ドラマ最終話にして初めての主役の座を勝ち取った。

『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』(C)AbemaTV
『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』(C)AbemaTV

4度目となる恵子役を掴んだはづきと、これまでドラマに出演することすら叶わず、悔し涙を流してきたチワを主演に据え、ついに最終話を迎えた恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』。ドラマ本編では、愛し合いながらも別れることを決断し、思い出のキッチンカーで最後の時間を共に過ごす恵子と大樹のシーンへ。

物語のラストシーンである、悲しい“別れのキス”を交わす2人に、谷まりあは“キツいなと思って……”と声を詰まらせながら号泣。そのあまりの泣きっぷりに、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE) は“ガン泣きじゃん”とツッコミを入れた。

このドラマの模様は、「Abemaビデオ」にて放送後7日間視聴が可能となっている。

『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』(C)AbemaTV
『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』(C)AbemaTV
『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』(C)AbemaTV

『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』
放送日程:4月4日(土)夜11時〜
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
MC:渡辺直美 あ〜ちゃん(Perfume) 福徳秀介(ジャルジャル) 小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 谷まりあ
出演者:井上佑 木村葉月 千綿勇平 根岸拓哉 日比美思 平田梨奈 南北斗 若菜 (50音順)

■<次週 第12話>
『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~ act.11』
4月11日(土) 夜11時〜

【関連記事】

おすすめの記事