Yahoo! JAPAN

地元に愛される「アジフライ定食」"土鍋ごはん"が評判の定食屋

SASARU

一見、どこにでもありそうな平凡な定食屋。店名も看板も、ご覧の通り奇をてらったところはない。しかし、無類の居心地の良さがここにはある。

札幌市内の人気住宅街の一つ「宮の森」地区。ここに、コロナ禍でも人気を保つ1軒の定食屋がある。「土鍋めし ひなた」だ。3月で3周年を迎えたまだ若い店だが、確実に地域に根付き地元に愛されている。

山の手通に面した扉の左右に、大きな窓があり陽光が降り注ぐ。明るい店内はカウンター席もあるが、家族連れや孫などと3世代で訪れる客が多いこの店は、掘り炬燵が大人気。絵本なども揃え、子どもと一緒でも安心して過ごせるだろう。

人気No.1の「生アジフライ定食」

メニューの主役はやはり定食で、特に魚。
「糠さんま焼き定食(1220円 税込)」「脂の乗ったサバ塩焼き定食(1320円 税込)」「紅鮭塩焼き定食(1390円 税込)」などの他にも、真ホッケや銀ダラの定食が並ぶ。

そんな中、不動の一番人気は「生アジフライ定食(1440円 税込)」だ。カリッとした衣の中には、刺身でも食べられる新鮮な長崎県産のフワフワのアジが。
北海道でフライといえば代表格はホッケだろう。そのためか、アジフライを食べたことがない道民も結構いるようで、「ここで生まれて初めて食べた」なーんていう人も。骨を素揚げにした「骨センベイ」付きなので、合わせてサクサク楽しんで欲しい。

一方で肉へのこだわりも。
道産鶏のもも肉を使用した「チキン南蛮定食」や、真狩ハーブ豚の「豚肩ロースの生姜焼き定食」はともに1320円(税込)、「やわらかポークのロースカツ定食(1440円 税込)」は、『アボカドサンライズポーク』という千葉県のブランド豚を使う。

定食屋でありながら、居酒屋としても活用できる使い勝手の良さも好評で、ビールやウイスキー片手に食事を楽しむ客も多い。事前にお願いしておけば、酒肴としても楽しめる一品料理も提供してくれる。

実は最大のこだわりは「ご飯」
毎日、何度も土鍋で炊き上げる岩見沢産の「ゆめぴりか」は、白米そのものはもちろんだが、水にもこだわる。洗米も炊くのも全てこだわりの浄水で、一粒一粒、米が立つようにふっくらと炊き上がる。定食を頼むと、一人一杯ご飯は無料でおかわりできるのも嬉しい。

土鍋めし ひなた
住所:札幌市中央区宮の森3条6丁目5-10ディアプラザ宮の森1F
営業時間:午前11時~午後3時(L.O.午後2時30分)
     午後5時〜午後9時(L.O.午後8時30分)
定休日:火曜、第3水曜
電話番号:011-215-8819 
Instagram:@hinata8819
facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100049901874555

【関連記事】

おすすめの記事