Yahoo! JAPAN

コスパも相性も抜群!『豆苗×卵』で作るレシピは予想以上に多かった!

オリーブオイルをひとまわし

コスパも相性も抜群!『豆苗×卵』で作るレシピは予想以上に多かった!

豆苗は美味しさや料理のバリエーションを増やすことで、人気がある食材だ。しかも手ごろな価格で販売されているため、食卓に出しやすい。豆苗にはいろいろな食材が合うが、とくに相性がよいのが卵である。シャキシャキとした食感とふんわりした口当たりの卵は、ごはんが何杯でもいけるほど。こちらでは豆苗と卵を使った料理をはじめ、豆苗の美味しい食べ方などをまとめていく。

1.豆苗に卵が合う理由とは

スーパーで見かける100円前後の野菜といえば、豆苗だ。緑色で根が付いた状態で販売されており、ザックリと切って調理するのが一般的。中華料理で使われることも多く、火を通しても食感が残るのが特徴である。豆苗はいろいろな料理で使われる食材だが、その理由のひとつがさまざまな調味料や食材と相性がよいことが挙げられる。豆苗はそれだけで食べると無味に近いが、相性のよい食材を引き立てるのだ。とくに卵と一緒に調理するのがおすすめ。卵もいろいろな味付けを楽しめ、豆苗と同様に使いやすい食材である。

価格が安い

豆苗も卵も、スーパーなどで手ごろな値段で手に入るのがうれしい。高級感が溢れているとなかなか手を出しにくいが、庶民的な価格である豆苗と卵は料理のバリエーションを作りやすいのである。

彩りになる

卵や豆苗は彩りの役目を担う。卵の黄色はひときわ食欲を促すが、豆苗も鮮やかな緑色を演出してくれる。ただし調味料や料理次第で色が付きやすいので、彩りをメインに考える場合は、ディテールにこだわりたい。

2.豆苗と卵を使ったおかず

豆苗はおかずとしても十分に美味しい。卵とあわせたおかずは、白飯にとても合う。手間のかかったおかずを作りたくないときでも、簡単美味しく作れるからおすすめだ。そこでこちらでは、手軽にできる豆苗と卵のおかずを紹介していこう。豆苗と卵のオイスターソース炒め定番でしかも白飯がすすむおかず。豆苗と卵をオイスターソースで味付けをするものだ。オイスターソースはコクがあり、淡白になりがちな食材をしっかり味付けしてくれる。豆苗と卵の鶏ガラ炒め中華風にしたいときは、豆苗と卵をごま油で炒めよう。さらに鶏ガラスープの素を入れて炒めるだけで本格的な味となる。ほんのり香る優しい鶏ガラの風味が、食欲をそそる。豆苗と卵のベーコン炒め味付けに困った場合は、ベーコンを入れるのがおすすめ。ベーコンは塩分が強いことから、調味料を控えめにしても塩気を感じやすいのでおすすめだ。あっさりとシンプルに食べたいときによいだろう。豆苗と卵のマヨネーズ炒め洋風のおかずを食べたいときには、豆苗と卵マヨネーズで炒めるのもおすすめ。とくにマヨネーズとの相性がよいコーンやツナを加えると、食べごたえがよくなる。マヨネーズ味の炒め物は子どものいる食卓で人気だ。

3.豆苗と卵を使った応用レシピ

豆苗と卵を使ったレシピはたくさんあるが、応用編を紹介していく。豆苗は白飯を食べるためのおかずとしてだけではないのだ。ぜひ真似していこう。豆苗入り卵とじうどん「豆苗といえば炒め物」というイメージがあるが、うどんにするのもおすすめだ。風邪のときなどに卵とじうどんを食べる人も多いかもしれないが、そこに豆苗を入れるとよい。ほどよいシャキシャキ感が楽しめ、うどんのモチモチした食感とのメリハリを味わえる。豆苗と卵の中華スープ豆苗はスープとしても楽しめる。卵と豆苗を中華風スープにして食べるのがおすすめだ。トロッとした味わいを楽しむためには、片栗粉を入れるのもよい。好みでしいたけなどのきのこ類を合わせても美味しいだろう。豆苗と卵の和風スパゲッティー豆苗はスパゲッティーとも相性がよい。卵のふんわりした感じとあっさりした豆苗が、醤油ベースの和風ソースによく合う。

結論

こちらでは豆苗と卵を使ってどんなおかずができるか、応用編も含めてまとめてきた。豆苗はシャキシャキしていて歯ごたえがよく、とくに卵と一緒に使用したい。いろいろな調味料ともあうし、実は豆苗は自宅でも再生栽培ができる。庶民的で使いやすい豆苗と卵を上手に使って、料理のレパートリーを増やしたいところだ。

【関連記事】

おすすめの記事