Yahoo! JAPAN

「モノを手放す=損をする」は間違い。快適な暮らしのための“必要なモノの選び方”

saita

「モノを手放す=損をすること」と思っていませんか?

整理収納アドバイザーのkazukoです。2021年も残すところ3カ月余り。今年こそモノを手放してスッキリ片付けたいと思っていたけれど、今年も片付けできそうにない……という方多いのではないでしょうか。モノを手放すのが苦手な方は、モノを手放そうとする際、『もったいない』『いつか使うかも』とブレーキがかかり手放せずにいるのでは。ブレーキをそっとゆるめて、もっと軽やかにモノと向き合ってみませんか? 大切なのは過去ではなく『今と、これからの暮らし』です。モノとの向き合い方を改めて考えてみましょう。

手放すこと=損をすることではない

モノを手放すのが苦手な方は、せっかく持っているモノを手放すこと=損をすること、と思っているのではないでしょうか? 果たして本当にそうでしょうか? 使っていない、所有しているだけのモノが家の中のスペースを圧迫していることのほうがもったいないのでは? 今住んでいる家が、賃貸の狭小住宅だとしたら、あなたはそのモノを収納しておくために家賃を払いますか? 改めて考えてみてください。

いつか使うかもしれない

unsplash.com

いつか使うかもしれない、その『いつか』の具体的な時期やシチュエーションが想像できますか? 訪れるかどうか、はっきりしない曖昧な『いつか』のために、モノを持ち続けるのはやめにしませんか?

高かったから

unsplash.com

買ったとき、高かったモノを手放すのは、確かに勇気が必要かもしれません。では、その高かったモノをなくしてしまったり、使えない状態になってしまった場合、当時と同じ金額を払って、改めて購入しますか?
買った当時は自分にとって必要なモノでも、『今の自分』に必要でないモノであれば、所有する必要はありませんし、買ったときに、モノの役目は十分に果たしていると考えると、高かったモノでも手放せるのではないでしょうか。

痩せたら着たい洋服

unsplash.com

本当に痩せることができたら、痩せたら着たいととっている洋服を着ますか? 痩せることができたときは、嬉しくて新しい洋服を着たくなるのではないでしょうか? 瘦せれたら着たい! と、モチベーションが上がる洋服だけ、とっておくことをおすすめします。

まずは自分の持ち物の総量を把握しよう

unsplash.com

捨てないといけないと思いながら、片付けするのは、精神的にしんどいので、まずは自分が何をどれだけ持っているのか、持ち物の総量を把握することから、片付けをスタートしましょう。モノの使い道や、価値などではなく、自分にとって必要なモノなのか、使っているモノなのか、という視点でモノと向き合ってください。

モノを分けてジャンルごとにまとめて置いてみる

unsplash.com

モノを分けてジャンルごとにまとめて置いていくと、自分がどのジャンルのモノを多く所有しているのかが明確になるので、今後のモノの持ち方の参考になります。また改めて、自分が本当に大切にしたいモノやコトが見えてくるケースもあるので、ジャンルごとに分ける作業は面倒ですが、しっかりと行ってください。

大切なのは『今と、これからの暮らし』を快適に過ごすこと

unsplash.com

「モノを手放すことで、これまでの過去の経験までも、手放してしまうように感じてしまう。」
「モノを手放すことで、これまで頑張ってきた自分を否定してしまうようで、なんだかさみしい。」
というように考えてしまい、モノを手放そうとする際、ブレーキがかかってしまう……。
そんなときは、ききすぎるブレーキをそっとゆるめて、大切な『今と、これからの暮らし』を快適に過ごすために必要なモノなのか? と自分自身に問いかけてみてください。これまでの過去の経験、頑張ってきた自分をしっかりと褒めてあげて、『今と、これからの暮らし』をもっと豊かに、心地よく過ごしていくために必要なモノを手元に残すようにしましょう。

そっとブレーキをゆるめて、モノと向き合えたら、これまで手放せずにいたモノたちを、罪悪感を感じることなく手放すことができるようになります。できることから少しずつ、はじめてみませんか?

Kazuko/整理収納アドバイザー 整理収納教育士

【関連記事】

おすすめの記事