Yahoo! JAPAN

『アジング』ステップアップ解説 冬の釣り場探しは「北風攻略」がキモ

TSURINEWS

アジングでの本命釣果(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アジは適水温15度前後まで冬場も釣ることができる。今年はどんな冬になるかわからないが、1月くらいまで釣れることもある。厳しいのは寒さだ。しかし、寒さを味方につける方法を身につければ、むしろ真冬だって快適なアジングにできる。今回は冬場のアジングの場所探しについて解説しよう。

冬のアジングは忍耐の釣り

真冬の釣りとなるとメバリングもそうだが、アジも冬の釣りは寒くて人間側の精神力が持たない。真冬に無理をして釣ると、体力や場所の条件によっては本当に怪我や事故の危険が高くなる。うまく寒さを避けながらアジングをしよう。

気象的にどうしても真冬は忍耐の釣りとなる。寒い。しかし、なぜ寒いか?ここまで考えればヒントが出る。真冬の風は山が張れる。ほぼ北東や北西、何せ北側から冷たい風が吹いてくるのだ。

真冬もアジは釣れるけれど(提供:TSURINEWSライター井上海生)

北風に山を張って場を決める

北風に山を張ると、真冬の釣りがラクになる。これはアジングだけでなく、どの釣りでもそうだろう。ただアジングは1gアンダーの軽量リグを細いラインで運用するので、他の釣りよりも風対策はもっとちゃんと考えたい。

では、真冬の北風を避ける方法とは何だろうか?

風裏を見つける

風裏。「かざうら」といったり「かぜうら」といったりするが(ちなみに筆者は前者派)、ともかく風の裏に入ってしまえばラクだ。風が吹いてこない場所。つまり風が吹いてくる方角に、遮蔽物があるポイントだ。

遮蔽物は何でもいいが、ベストなのは高い建物や壁だ。ほとんど北風を遮ってくれる。風裏に入ると、真冬の体感温度は本当に天と地ほどかわる。防寒をしっかりと決めていれば、風裏に入ると凍えずに釣りができる。

建物が風を遮ってくれるとベスト(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ちなみに海辺の防風林は、海から風が吹いてくる方角に向かって立っていることが多いようだ。塩害を低減するためだろう。防風林がある場所は、ほとんどは局地的な偏光風に対応するためのもので、必ずしも北風を防いでくれるとは限らないので気をつけよう。

風を低減できる段差を探す

外向きの海と内向きの海を見ることができる防波堤などによくあるのだが、大体外向きが高くなっていて、内向きが低くなっている。このような段差を利用することも手だ。

風が外向きから吹いてくれば、内向きはかなり打ちやすい。プチ風裏とでもいうべきか、同じポイントでも、本当にちょっとした段差で打ちやすさがかわるので、よく見ておこう。

2mまではフォローで受ける

北風に山を張って、それでも風を避けられないときには、風速を見る。風速2m程度までならば、フォローで受ければそんなに寒くはないだろう。

ただ風に正対しても風を後ろにしても、神経を削る冷たい北風が吹きつける中では、ラインメンディングが難しい。こういう場合は、なるべく水面に近い足場にエントリーして、サオと水面の位置を近くして釣るとライン管理がしやすい。

風をたよりにアジを探す

冬のアジングの北風対策、把握できただろうか?その次は、その北風をたよりに、アジを探すという方法にいこう。

アジはメインベイトのプランクトンが流れていく方向に溜まる。表層のプランクトンは風によって押し流されるので、特に表層がカギとなる場所や時合いでは、北風が吹いていく方向に打たなければならない。つまり、北風を背後から受けながら釣りをするのなら、少し沖に向けて打つ。北風を正対して受けるならば、足元近くがアジが溜まるポイントだ。

足元チェックも忘れずに(提供:TSURINEWSライター井上海生)

これが、まったくの風裏となると、風の影響はほとんどないものと考えて、アジのサーチは基本に忠実に3方向に3つのレンジ。前、斜め右、斜め左、5、10、15のレンジと探っていくといい。

定番ポイントも忘れず

以上が真冬のアジングの風対策と釣り方のセオリーだ。しかし、アジはいつでも人間の予想する通りに動いてくれるとは限らない。定番の常夜灯下、そして漁港のコーナー、プランクトンも溜まっているはずの漂流物の下なども打って、冬のアジを探そう。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post『アジング』ステップアップ解説 冬の釣り場探しは「北風攻略」がキモfirst appeared onTSURINEWS.

おすすめの記事