Yahoo! JAPAN

座間市 人に〝より〟優しい社会へ 「成年後見」利用促進へセンター開設〈海老名市・座間市・綾瀬市〉

タウンニュース

センターが設置されたサニープレイス座間

座間市は4月から、認知症などで個人で判断がつかない人の支援をする制度「成年後見制度」の利用促進を目的とした「成年後見利用促進センター」を開設した。弁護士などの無料相談のほか、研修や講座を企画していく。

成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などによって自分一人で判断することが難しい人について、家庭裁判所で選ばれた成年後見人が、財産の管理や契約を行い、本人の権利を守り支援する制度のこと。国はこの制度の利用を促進する基本計画を2017年3月に閣議決定し、各市町村には自治体レベルでの計画策定と、相談者、行政、裁判所との「つなぎ役」となる中核機関の設置を求めている。厚生労働省調査では、2020年の段階で全体の15・3%が中核機関を設置している。

座間市では、座間市社会福祉協議会に業務を委託し、4月に中核機関となるセンターを開設した。センターでは弁護士など専門職の無料相談会を開催。地域包括支援センターなど地域の相談機関の2次相談窓口としても機能するほか、研修や講座も実施する。

「5年前の15倍」

座間市内の成年後見に関する相談は毎年約500件。成年後見利用促進センターの職員で社会福祉士の渡邊節子さんは「以前担当していた立野台地域では、成年後見を含む人権擁護相談件数は5年前と比べて15倍と急増していた」と話す。

渡辺さんは3月まで立野台地域包括支援センターの職員として、戸別訪問を主に行ってきた経験があり、成年後見制度の必要性を強く実感している。渡邊さんは「認知症などで判断がつかなくなってしまい、本人の希望通りにいかなかった辛い場面も多く見てきた。元気なうちから、しっかりと成年後見について考えていくことが重要」と話した。(問)【電話】046・259・7451

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 幾重に重なる紙の幾何学模様 彫刻切り絵作家・輿石孝志が伝える「新世界」

    おたくま経済新聞
  2. 原因不明の腰痛は不良姿勢のせいかも。高齢者でも行える姿勢改善トレーニングを紹介

    「みんなの介護」ニュース
  3. 「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」「火垂るの墓」など あさご芸術の森美術館『アニメーション美術の創造者 新・山本二三展』朝来市

    Kiss PRESS
  4. 伊賀南部クリーンセンター 2日連続で火災 けが人なし

    伊賀タウン情報YOU
  5. 三村マサカズ、さまぁ~ず・単独ライブ初日前に足を痛める 千秋楽まで乗り切り「アスリート並のことをやった」

    Techinsight
  6. <お下がりクレクレママ>困ってる人を助ける「過剰な親切心は迷惑?」【まんが:結衣の気持ち】

    ママスタセレクト
  7. 大木優紀さん、“高給”テレ朝アナ辞め転職した理由

    ナリナリドットコム
  8. 片岡愛之助、妻・藤原紀香と墓参りへ「お稽古で行けなかった」

    Ameba News
  9. 杉浦太陽、妻・辻希美の手料理を絶賛「やはり、ノンのご飯は最高」

    Ameba News
  10. 平野ノラ、君島十和子さんから貰った品を公開「大切にさせていただいてます」

    Ameba News