Yahoo! JAPAN

近藤春菜、話題の“ポテチ映え”に挑戦 モー娘。生田衣梨奈とどこが違う?

Techinsight

“ポテチ映え”に挑戦してみた近藤春菜

7月1日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にて、“2020年下半期のトレンド予想”コーナーで紹介された“ポテチ映え”、“雲メイク”。これに視聴者から「まったく意味がわからねえ」「おばはんには良さが全然わからん…」「雲メイクもポテチ映えも理解不能」と戸惑いの声がネット上に続出している。どちらも海外のSNSで話題となり、日本では外出自粛期間中に若い女性を中心に広まったようだ。   

【この記事の他の写真を見る】

顔をキャンバスに見立てて、クリームアイシャドウやペンシルライナーなどを駆使して雲や空のメイクをする“雲メイク”。今年2月に米人気シンガーのアリアナ・グランデが挑戦したことで人気に火がつき、日本でもTikTokやインスタグラムを中心に流行している。

一方で“ポテチ映え”は中国で流行が始まり、ポテトチップスの袋一つでまるで“パリピ空間”になると日本でも注目されている。やり方はとても簡単でポテトチップスを全部食べた袋の中をキレイに拭き取り、底を開けて筒状にして、覗き込みながら撮影するだけだ。『スッキリ』ではMCの近藤春菜(ハリセンボン)が“ポテチ映え”する自撮りに挑戦。しかし眼鏡をかけた目の部分だけしか写っておらず、説明が無ければ近藤とは分からない仕上がりになってしまった。

この“ポテチ映え”、近藤にぜひお手本にしてもらいたい人物と言えば、モーニング娘。’20の生田衣梨奈だろう。彼女は5月25日の『生田衣梨奈(モーニング娘。’20) erina_ikuta.official Instagram』で「中国で流行ってる“薯片袋子拍大片”やったみたよーん!!」と記して、自撮り写真を公開。“水滴”と“フラッシュ機能”がポイントのようで、そのショットに「え! めっちゃきれい!! ポテチの袋に見えない」、「はぁ~~えりぽん圧倒的に可愛い」とファンから大絶賛されていたのだ。今回の『スッキリ』視聴者からも「ポテチ映えと言えばモーニング娘。’20のえりぽんこと生田衣梨奈ちゃん」、「ポテチ映えはえりぽんが優勝」などの声がツイッター上で見受けられた。“雲メイク”より“ポテチ映え”の方が、性別に関係なく幅広い年代で挑戦できそうである。

画像2、3枚目は『日本テレビ スッキリ 2020年7月1日付Twitter「2020年下半期のトレンド予想!「ポテチ映え」」』『生田衣梨奈(モーニング娘。’20) 2020年5月25日付Instagram「いいの出来たから20時前だけどアップします!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 細川直美、油断して“失敗”してしまった弁当「そんな日もあるさ~~」

    アメーバニュース
  2. 人気でもう完売間近!! 吉野家の「黒毛和牛すき鍋膳」、気になる人は超急いで。

    東京バーゲンマニア
  3. 『亜人』三浦追儺×『ボックス!』大羽隆廣による狂気のグロ死(デス)ゲーム漫画「天空侵犯」 Netflixでアニメ化決定

    SPICE
  4. 筋肉ラブ芸人が「最強の栄養食」と愛食する食べ物とは?

    特選街web
  5. 待ってました!セブンに「ザッハトルテ」が再登場 「あんずジャムと濃厚チョコが激ウマ」

    東京バーゲンマニア
  6. 安倍前首相の「美しい国」とは何だったのか? 形容詞がはらむ危険性【それでも物書きになりたい君へ】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 子役だった純烈リーダーと渡辺徹さん 35年前の意外なご縁【山田邦子 人生いろいろ】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 六本木で目立ちまくり! マテンロウのアントニーが自転車で“爆走”の理由

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. 田中みな実の“女優転身”は絶好調「NHK大河内定&三谷幸喜ファミリー入り」情報

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 劇場内からすすり泣く声が…アニメ映画「鬼滅の刃」鑑賞ルポ

    日刊ゲンダイDIGITAL