Yahoo! JAPAN

晩秋の風物詩「落ちハゼ」釣り徹底解説 ハゼの一生と大型狙いの魅力

TSURINEWS

サイズの大きな落ちハゼ(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

秋も深まり、落ちハゼ釣りはこれからが本番。サイズが大きなハゼとのテクニカルなやりとりを楽しんでみませんか。

東京湾のハゼの一生

ハゼは冬に東京湾など海の深場で卵から生まれて、春先から東京湾奥の運河などの浅場にソ上し、6月以降はいわゆる「デキハゼ」として釣りの人気ターゲットとなります。秋までに大きく成長したハゼは、9月以降今度は深場に移動を始め、晩秋にはいわゆる「落ちハゼ」として、マニアックな釣り人が狙うようになります。

さらに季節が進んで12月を過ぎると、ハゼは産卵のために口で穴を堀るため、口のまわりが黒い「お歯黒」と呼ばれるようになります。そして産卵したハゼは一生を一年間で終えますが、一部は生き残りいわゆる「ヒネハゼ」として、次シーズンの最初に釣れる大型のハゼとなります。

落ちハゼシーズンは10~12月

このように浅場から深場に落ちるハゼのポイントは、季節によってかわります。夏場の人気ポイント、中央区月島の佃堀などは、9月過ぎから徐々に魚影が少なくなり、10月上旬を最後に姿が見えなくなります。ハゼが深い場所へと移動してしまうのです。

夏場に賑わう佃堀(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

この落ちハゼ釣りのシーズンは、10~12月。水温が下がるにつれ徐々に釣れる水深(タナ)が下がっていきます。10月は2~3mだったタナが、12月には場所によっては水深10m近くになります。こうなると岸からノベザオで狙うことは難しく、リールザオかボート、乗合船で釣ることになります。

落ちハゼ釣りの魅力

このように深場を狙う落ちハゼ釣りですが、何よりも大型のハゼが狙えるのが魅力。デキハゼと違い、エサにやみくもに食いつかないなど、成長して賢くなった落ちハゼとのテクニカルな駆け引きが醍醐味です。

かつては練り船が風物詩

東京湾奥、いわゆる江戸前の落ちハゼ釣りは、かつては船宿が出す練り船で釣るのが、晩秋の風物詩でした。練り船とは、エンジンではなく木の櫓をこいで、ゆったりと釣る乗り合い船で、和ザオを釣り人が操って狙う風景は絵になる光景です。今でも、深川の船宿「富士見」では、江戸前の運河筋を狙う乗り合いのハゼ船を出しており、釣りをしていて時折見かけることがあります。

落ちハゼ狙いの遊漁船(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

釣り後も楽しめる落ちハゼ

こうして釣れた落ちハゼは、サイズが15~20cmと大きく、さばく時には、中骨を取り除く必要があります。また、骨ごと食べる場合、中心までよく火を通す調理法で唐揚げなども作れます。一般的には、開きにして、天ぷらにするほか、衛生上の注意が必要ですが、刺し身にする釣り人もいます。甘露煮にしても美味しいほか、宮城県など、落ちハゼを寒風で干して、お雑煮のダシに使う地方もあるそうです。

食べ応えのある落ちハゼの唐揚げ(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

<菊池英則/TSURINEWSライター>

The post晩秋の風物詩「落ちハゼ」釣り徹底解説 ハゼの一生と大型狙いの魅力first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 3H3打点1HRと大暴れ!巨人10連敗も打撃に守備に孤軍奮闘見せるムードメーカーとは?

    ラブすぽ
  2. 野生のゼリーが発生? 無毒だけど少し有害な外来種『オオマリコケムシ』

    TSURINEWS
  3. M8のロッテ先発はベテラン美馬学 ソフトバンクは大逆転CSへエース千賀滉大で必勝期す

    SPAIA
  4. 大粒の栗が丸っと入ったかすてら饅頭が絶品!国府の老舗「井手製菓」の栗饅頭は栗も大きいし美味!

    肥後ジャーナル
  5. もうダサい競技とは言わせない!?カラーラバー解禁で卓球がカラフルに

    SPAIA
  6. 【リゾナーレトマム宿泊ルポ|後編】必ず見られるとは限らない幻想的な絶景を「雲海テラス」で体験!

    TABIZINE
  7. 友達と遊んだ後、インスタの更新が無かった―― 悲しみ描いたイラストに共感の声相次ぐ

    Jタウンネット
  8. パイオニアのクルマWi-Fiでみんなワイワイ! データ通信量を気にせず車内をエンタメ化

    GetNavi web
  9. 『ボケてきた犬』がしがちな行動5選!気を付けるべきポイントやNG行為を解説

    わんちゃんホンポ
  10. 【かっぱ寿司】でお得な『うに&とろ』フェア♪旬の「新物うに」が格安&充実♪

    ウレぴあ総研