Yahoo! JAPAN

注目度大のフルサイズミラーレス「α7 IV」が海外で発表。国内販売は検討中

価格.comマガジン

注目度大のフルサイズミラーレス「α7 IV」が海外で発表。国内販売は検討中

ソニーは2021年10月21日(現地時間)、フルサイズミラーレスカメラの新モデル「α7 IV」を海外で発表した。北米では2012年12月の発売予定で、価格(ボディ単体)は約2500米ドル。国内での販売は検討中とのことだが、注目度の高いモデルということで、その特徴を紹介しよう。

海外で発表された新モデルα7 IV。北米では12月の発売が予定されている

キャッチコピーは「Beyond basic」。これまでの基準を上書きするモデル

α7 IVは、ソニーのフルサイズミラーレスの中ではスタンダードモデルとなる“無印α7”シリーズの4世代目。2018年3月に発売になった先代の「α7 III」は、ソニーとしては“ベーシックモデル”の位置付けでリリースされ、最高約10コマ/秒の高速連写や、上位モデルゆずりの高性能AFなど、ベーシックという言葉を超えるハイスペックを実現し、高い人気を集めた。発売から3年半が経過した現在でも、価格.com「デジタル一眼カメラ」カテゴリーの売れ筋ランキングでは上位に位置するロングセラーとなっている。

α7 IVは、そんなα7 IIIの後継ということで、カメラファンにとっては、従来からの進化点とあわせて、ソニーの方向性を示すモデルとしても注目される存在だ。α7 IVの海外製品ページでのキャッチコピーは「Beyond basic. For a new generation of imagemakers.」。α7 IIIと同じような立ち位置で、これまでの基準を上書きするモデルとしてリリースされるようだ。

最大の見どころは、α7 III以上に、動画撮影に力を入れたカメラになっていること。撮像素子に、新開発となる、有効約3300万画素の裏面照射型「Exmor R」CMOSセンサーを搭載し、「α1」や「α7S III」にも採用された、最新の画像処理エンジン「BIONZ XR」を組み合わせることで、静止画撮影と動画撮影の両方でスペックアップを実現している。

有効約3300万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用

10bit HEIFやロスレス圧縮RAWに対応。AFも「リアルタイム瞳AF」などが進化

静止画撮影では、画素数がアップしながらも、α7 IIIと同じく常用でISO100~51200の感度に対応。拡張設定で下限ISO50まで、上限ISO204800まで設定できる。ダイナミックレンジは15ストップで、こちらもα7 IIIと同じスペックだ。10bitのHEIF形式の記録に対応するほか、RAWは圧縮RAW、非圧縮RAWのほか、ロスレス圧縮RAWにも対応するようになった。新しい仕上がり設定「クリエイティブルック」はα1やα7S IIIと同様、全10種類に対応。「VLOGCAM ZV-E10」などに搭載された「美肌効果」機能なども備わっている。

AFシステムは、759点(位相差AF)/ 425点(コントラストAF)の測距点を持ち、画面の94%をカバーする「ファストハイブリッドAF」。BIONZ XRの高い処理性能によって「リアルタイム瞳AF」と「リアルタイムトラッキング」の機能が向上しており、「リアルタイム瞳AF」は検出精度がα7 IIIと比べて30%向上したとのこと。動物と鳥を含めて、動画撮影時の「リアルタイム瞳AF」も可能となった。低輝度限界はα7 IIIの-3EVから-4EV(いずれもF2.0レンズ使用)に向上している。

759点の位相差AFに対応するAFシステムを搭載

連写はα7 IIIと同じく最高約10コマ/秒。ただし、非圧縮RAW、および非圧縮RAW+JPEG記録時は最高約6コマ/秒となる(※ロスレス圧縮RAW時のスペックは現時点では不明)。バッファメモリーの容量増加などによって連写の持続性が向上しており、最大撮影可能枚数は、ほとんどの記録モードでは1000枚以上となっている(※非圧縮RAW+JPEG記録時のみ828枚)。

ボディ内5軸手ブレ補正は、α7 IIIの5.0段分から5.5段分に補正効果が向上

10bit 4:2:2での4K/60p記録に対応。「S-Cinetone」や新機能も搭載

動画撮影は、Super 35mm(APS-Cサイズ)での4K/60p記録が可能。4K/30p 24p時は、フル画角での7Kオーバーサンプリングによって、より高品位な映像を記録できる。フルHD/120p記録も可能だ。また、α7S IIIと同様、XAVC S-I形式やXAVC HS形式に対応しており、XAVC S-Iでは10bit 4:2:2サンプリングでの4K記録が可能となっている。AFは、先述のとおり、動画でも人物/動物/鳥の「リアルタイム瞳AF」を利用できるようになった。

4K/30p 24p記録時は7Kオーバーサンプリングに対応

また、S-Log3に加えて、α1やα7S IIIと同様、肌の色をシネマチックに表現するルック「S-Cinetone」も搭載。15+ストップのワイドダイナミックレンジが特徴のS-Log3の利用も可能だ。このほか、動画撮影用の機能として、「αシリーズ」初となるブリージング補正機能や、被写界深度を可視化する「フォーカスマップ」機能、より強力に手ブレを補正する「アクティブモード」なども搭載している。

操作性では、液晶モニターがバリアングルになるなど、動画撮影を意識した仕様を取り入れているのがポイント。静止画撮影、動画撮影、S&Qの各モードを専用ダイヤルで切り替えられるようになり、メニュー/ファンクションメニューも静止画撮影と動画撮影で分けられている。従来の露出補正ダイヤルは汎用的なダイヤルとなり、機能を割り当てられるようになった。

バリアングル方式の3.0型タッチパネル液晶モニター(約103万ドット)を採用
静止画撮影、動画撮影、S&Qを切り替えられる専用ダイヤルを搭載
従来の露出補正ダイヤルは、機能を割り当てられる汎用ダイヤルになった
約368万ドットの電子ビューファインダーを採用。倍率は0.78倍で、アイポイントは23mm。120fps表示にも対応

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 子猫への愛が溢れてしまったワンコのあつ〜いペロペロに…ニャンコの表情がとっても幸せそう♡

    PECO
  2. 渋谷発!オリジナリティ溢れる星空「コスモプラネタリウム渋谷」【東急沿線のプラネタリウム特集】

    でろかる
  3. 塩野義製薬株が上場来高値、ベトナム政府とコロナ感染症対策で基本合意を歓迎 「捕らぬ狸」もオミクロン株に効くとなると......

    J-CAST会社ウォッチ
  4. アクセ3300→1100円!「ナチュラルキッチン」の福袋がお得だよ~。

    東京バーゲンマニア
  5. 高齢者に接していると、若い時にもっと楽しんでおいたほうがいい、と強く思います。

    Books&Apps
  6. 川越のリノベーションした長屋で営む『トモリ食堂』の定食は、体に優しくお腹いっぱいで満たされる一品

    さんたつ by 散歩の達人
  7. 松原秀典の原画や版画を展示する「サクラ大戦アートフェスティバル2021」が東京・大阪・愛知で開催決定!

    WebNewtype
  8. 『北九州市立大学産“幻のハチミツ”』限定販売 小倉北区旦過市場「大學堂」

    北九州ノコト
  9. 「返してほしくば」「我々を倒していくがいい」 お掃除中の飼育員をヤギ兄弟が「通せんぼ」した理由

    Jタウンネット
  10. バレエとオペラの競演 12月22、23日に魔笛公演〈茅ヶ崎市〉

    タウンニュース