Yahoo! JAPAN

堀ちえみ、細胞診検査の結果を報告「不安はありました」

Ameba

2019年の2月にステージ4の舌がん(左舌扁平上皮がん)、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみが2日に自身のアメブロを更新。細胞診検査の結果を報告した。

堀は、11月29日のブログで数日前から「皮弁(移植した方の舌)の一部の皮が、剥けてしまっています」と舌の状態について報告し、「擦れ過ぎか火傷かも知れないし、最悪はまた悪いものかも知れない」と心配そうにコメント。「口腔外科にも予約を入れたので、受診してきます」と予告し、「また悪いものだったらどうしよう…」と不安な様子でつづっていた。

この日は「大学病院の口腔外科で診ていただき」と切り出し、細胞診検査の結果「5段階の2」と報告し「1と2は問題ないという判定です」と補足。「2の判定は口内炎の検査で、術後何度か受けました」と明かし、「1でなくても、不安はないです」とつづった。

続けて、主治医から「おそらく炎症があるので、2ということだと思われます」と言われたそうで「とりあえず、ホッとしました」と安堵した様子でコメント。念の為の検査であったことを明かすも「結果が出るまでは、心の奥底では不安はありました」と胸の内を吐露した。

一方で「いつまでもあの頃と重ね合わせてはいけない。と自分の負の心を跳ね除けていました」と述べ、「あの頃はあの頃。今は今」とコメント。最後に「ご心配をいただきました皆様、ご安心下さい。いつもありがとうございます」と感謝をつづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「本当によかった」「安心しました」「きっと大丈夫、と信じていました」などのコメントが多数寄せられている。

【関連記事】

おすすめの記事