Yahoo! JAPAN

西武園ゆうえんちに早速行ってみた!大規模リニューアルオープンでレトロな空間に進化

レクリム

みなさーーーーーん!!!

西武園ゆうえんちが~~~~!

リニューアルされました~~~~~~!

西武園ゆうえんちは、埼玉県所沢市にある遊園地です!

1950年に開業し、「開業70周年記念事業」として2021年5月19日にリニューアルオープン!

新しい西武園ゆうえんちの目玉は、1960年代の日本の商店街をイメージした「夕日の丘商店街」、

あの、「ゴジラ」を題材にした世界初のアトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」、

「レッツゴー!レオランド」の3エリアとなっています!

なんだか懐かしいのに新しい、最新レトロモダン空間に変わった西武園ゆうえんち。そんな西武園ゆうえんちを取材して来ましたので、さっそく行ってみましょう!

駅に降りた時から、非日常の世界へ!

5月15日から記念運行している、1960年代の西武電車カラーをイメージした電車に乗って「西武園ゆうえんち駅」に降り立つと……

陽気な音楽と共に鉄橋や、そびえ立つ映画館(夕陽館)、レトロな看板たちが目に飛び込んできます。一気に昭和の世界観に巻き込まれ、ワクワクが止まりません!平成生まれだけど!

昭和に実際に活躍したという本物の路面電車(長崎電氣軌道1050形1051号)もあり、どんどん昭和の世界へ飲み込まれていきます。

さっそく中に入っていきます!

昭和の活気を感じる「夕日の丘商店街」

エントランスを抜けて最初にゲストを迎えるのは、1960年代をイメージしてつくられた夕日の丘商店街です。

30もの店舗がずらりと立ち並び、360°どこを見渡しても昭和レトロの世界!

まずは、新聞屋さんで号外風のガイドマップをもらいます。

このガイドマップを子供が読んでたらとてつもなく可愛いな……。

そして現れたのが派出所、たばこ屋さん、おもちゃ屋さん、駄菓子屋さんなどなど。全て細部までこだわって作り込まれているのがわかります。

なんでも、1階を店舗、2階を住居とする当時の生活風景を極限まで再現しているのだとか。まるで本当に生きた街のようです。懐かしい気持ちになるお父さんお母さんも多いのではないでしょうか!

「待て~~~~~~!泥棒~~~~~~~~!」

……なんて思ってたら急になんかはじまった!

あ!すごくわかりやすい泥棒だ!

そう、夕日の丘商店街ではゲリラ的にアクロバティックショーや紙芝居、楽器隊の演奏、たたき売りなどが行われます!もちろん観覧は無料!

商店街中が舞台となって、ゲスト自身もこの世界の住人になる、そんな体験を味わうことができます!

また、西武園ゆうえんちでは、手塚治虫の「ジャングル大帝」のレオとパンジャが描かれた独自の園内通過「西武園通貨」を使って買い物を楽しむことで、当時の物価を体験することができます。

「百園」と「拾園」の2種類があり、拾園=120円換算となります。色合いなども当時の紙幣のようです。

この通貨で、カリカリあつあつのクロケット(コロッケ)を買って食べました!
ひとつ参拾円!

さらに、四拾園で生米を買って昔懐かしいポン菓子作り体験も出来ます!

おじさん「うるさいから耳を塞いでおいてね~~」

私「……?」

バーーーーーーーーン!!!

と、凄まじい破裂音と共に出来立てアツアツのポン菓子が出来ました!
ポン菓子ってこういう感じで出来るのか~~~!
子どもの頃、にんじんの形をしたポン菓子をよく食べたのを思い出します!


喫茶店などでは食事をしたりグッズを買ったりすることもできます!園内での支払いは、原則すべて西武園通貨!

世界初!ゴジラのアトラクション

続いてやってきたのは、先ほどの商店街を見下ろす丘にそびえ立つ夕陽館(映画館)に新たに登場した、ゴジラをテーマにした世界初の大型ライドアクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」です。

特撮映画の最高峰であるゴジラは、新しい西武園ゆうえんちの世界観にもピッタリ!

映画館に訪れたゲストが、突如現れたゴジラとキングギドラの激闘の中、特殊災害対策部隊「特災対」の特殊装甲車に乗りこみ逃げまくるというストーリー。

ディズニーシーの「ソアリン」のように巨大なスクリーンを前にしたライドに乗り込むのですが、これがめちゃめちゃ動きます!スリルと迫力満点で、何度も心臓がヒヤッとします……。劇中に出てくる東京の街並みももちろん昭和チックで見どころ満載!特撮ファンの人にはぜひ見て欲しい~~!

ファミリーで楽しめる「レッツゴー!レオランド」

最後に来たのが、日本を代表する漫画家・手塚治虫の作品である「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」のキャラクターたちが登場する世界初のファミリーエリア、「レッツゴー!レオランド」です。

4つのアトラクションの他に、

身長制限なしで小さいお子様も一緒に楽しめる巨大すごろくや、

トリックアートもあります!

大人にとっては懐かしいけど新しく、子どもにとっては新しくて心に響く体験ができるエリアとなっています。

近くには赤ちゃん休憩所もあり、授乳スペースやおむつ替えベッド、電子レンジ、ミルク用温冷水が用意されているので、赤ちゃん連れのご家族でも安心!

また、商店街を抜けた先には、大観覧車やバイキング、メリーゴーラウンド、回転空中ブランコなどが並ぶアトラクションエリアもあり、家族で思いっ切り楽しむことができます。

子どもには新しく、親にとっては懐かしい」そんな風に親子で楽しめるのがリニューアルされた西武園ゆうえんちです!

こんな時代ではありますが、人のぬくもりや人々との触れ合いがあり、心温まる体験ができる「西武園ゆうえんち」。

ノスタルジックな昭和の雰囲気をぜひ味わいに行ってください!

西武園ゆうえんち 施設紹介

■公式HP:https://www.seibu-leisure.co.jp/amusementpark/

■営業時間:日によって異なる。HP参照
https://www.seibu-leisure.co.jp/amusementpark/information/

■住所
〒359-1145 埼玉県所沢市山口2964

■アクセス
・電車
西武鉄道山口線(レオライナー)「西武園ゆうえんち」駅前

・車
関越自動車道所沢I.C.から約12km(約30分)
圏央道入間I.C.から約10km(約20分)

■駐車場:約1000台(臨時駐車場含む)
駐車場料金:1800円

■チケット料金
・1日レヂャー切符(入園+アトラクションフリー)
大人 4400円
小人 3300円

・得1日レヂャーパック(入園+アトラクションフリー+西武園通貨450園分)
大人 9500円
小人 8500円

取材・執筆:のじさや

【関連記事】

おすすめの記事