Yahoo! JAPAN

【後編】幼稚園バスのバス停で仲間外れにされる……。毎日の送迎がストレスになっています

ママスタセレクト

お子さんの帰りを待つバス停で、ママたちの輪に入れないと悩んでいる投稿者さん。「そのママたちは意地悪」「投稿者さんの気持ちがわかる……」との声が寄せられるなか、「そんなグループには入らなくていいのでは?」と提案する方も現れました。

仲間外れをするようなグループには……

『毎日9時前の幼稚園バスに乗せて、お昼くらいまでずっと立ち話をしているママ友グループ3人組がいる。しかも下の子がいる人もいる。みんな気が利かないか、何も考えていないか、誰も「帰ろう」と言い出せないかのどれかだろうね。そんなグループに入りたくないよね』


『そんなママ友グループに関わってもどうせ底意地が悪い人たちだろうから、子どもも意地悪されたりするよ! だから意地悪な人たちに嫌われてラッキーだと思ったほうがいいよ。そのうち仲違いでもして図々しく投稿者さんに話しかけてくる人とかいるかもね』


『無理に仲良くなろうとしなくてもいいと思う。そういうママたちと付き合うの逆にストレスになりそうだし。バス停には時間ギリギリに行って送り終わったら「お疲れさまでした~」ってさっさと帰ればいいんじゃない?』


『初めから会話に入らなくていい! どうせくだらない話しかしていないから安心して。旦那の話、愚痴、習い事、幼稚園の文句、悪口、そのくらいだよ。どうでもいい話に付き合っちゃダメ、ストレスになる。ひとりで離れたところで待っていればいいよ。意地悪な人たちに関わる必要はない』


「ほかの人に配慮ができないようなママ友グループに入りたいと思う?」と疑問を呈するママたち。鋭い指摘に思わずハッとしてしまいますね。無理に仲良くなったとしても今度は逆にそのママたちとのお付き合い自体がストレスになってしまう可能性もあります。お互いの価値観が合わないということにして、挨拶だけをかわす今の距離を保つのもひとつの手でしょう。

もし現状に耐えられないのならば……


「バス停のママたちの輪には入らないようにする」と決めてしまう選択もいいでしょう。しかしどうしても仲間外れの状況に耐えられないと感じるときがくるかもしれません。そんなときのために選択肢を用意しておくのはどうでしょうか。

『まるでいじめじゃん……最悪だね。私なら自分で送迎をするかバス停を変えるかな。小学校もそんな人たちと一緒になるなら、最悪引っ越しも考えるかもしれない』


『投稿者さん可哀想。相手に悪意がある感じだね。バス通園をやめたら? 「気にしないほうがいい」と言う人もいるかもしれないけれど、実際そんなの私は耐えられないや』


『配慮が足りない意地悪なママたちだね。いっそのことバス通園をやめて送り迎えにはできない?』


どうしてもバス停での気まずさがストレスになってしまうのであれば、通園方法を変えるというのもひとつの手です。可能であれば自転車や車などで登園するのもいいでしょう。パパやママの負担は増えてしまうかもしれませんが、今のまま毎日嫌な思いをしてしまうよりはベターな方法かもしれませんね。

どんなママ友と出会えるかは運次第……

最後にママたちからは投稿者さんを励ますようなコメントが寄せられました。

『周りの人のタイプは運みたいなものよ。気の合う人が今期入ってくれるといいね。過ぎてしまえば幼稚園時代なんてあっという間だしね。お子さんとおいしいおやつでも作って園生活を楽しんで』


『言い方は悪いかもしれないけれど、ご近所ママや幼稚園のママがどんな人かって運の善し悪しがあるよね。たまたま変わった人たちに当たっちゃったんだよ。たまには送迎にしたり、預かり保育にしてみたらどう?』


『運が悪かったと思ってサクっと帰ったほうがいいよ。いわゆる普通の人が多ければみんなで話せるように気を遣うし、意地の悪い人が多ければ仲間内しかわからない話しかしない。それは投稿者さんが悪いわけではなく運が悪いだけ』


クラスメイト、ご近所さん、ママ友……私たちは自分の人生で出会う人を選ぶことはできません。どんな人と仲良くするかは自分次第であっても、どんな人と出会えるかというのはまさに「運」ではないでしょうか。どうしてもバス停のママたちと価値観が合いそうにないのであれば、「今回は運が悪かったみたい」と割り切ってしまうのもいいでしょう。運がよければひょんなタイミングでとても気の合うママさんが見つかるかもしれませんね。

バス停での状況が原因で毎日の送迎がストレスになってしまっている投稿者さん。しかし自分と合う人に出会えるかどうかは運次第とも言えそうです。「残念ながら価値観が合わない」と感じるママ友グループには、わざわざ入っていく必要もありませんよね。もしどうしても毎日ストレスを溜め込んでしまうのであれば、バス通園をやめてほかの通園方法を考えてみてはいかがでしょう。お子さんと投稿者さんが幼稚園生活をより楽しめる方法が見つかるといいですね。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・猫田カヨ

【関連記事】

おすすめの記事