Yahoo! JAPAN

【三重】沖釣り最新釣果 良型混じりで幻のシロアマダイが好調継続中

TSURINEWS

シロアマダイが好調(提供:フィッシング光栄)

三重県から沖釣り最新釣果情報が届いた。幻のシロアマダイが依然好調で40cmの良型も。開幕したアカイカもぽってり美味体型が釣れており期待大。

山洋丸

三重県鳥羽市本浦の山洋丸では、15日パヤオジギング&キャスティングで出船。この日は久しぶりの良型キハダが登場。重量は29kg。今後はキハダの回遊に備えて、強力なツナタックルも必要になってきそうだ。

良型キハダ登場(提供:山洋丸)

強丸

三重県鳥羽市安楽島の強丸では、12日タテ釣りで出船。反応のわりにベイトの付きがいまひとつだったが、大ハマチにヒラメ、マダイ、イサキ、マトウダイなどがヒット。サワラも数回ヒットしたが、キャッチは1匹。

大ハマチにヒラメ手中(提供:強丸)

三吉丸

三重県鳥羽市菅島の三吉丸では、11日に食わせ(タテ釣り)で出船。大ハマチやマダイ、ヒラメ、サワラなどがポツポツとヒットしたが、この日の目玉はなんといっても女性アングラーが釣り上げたクエ。しかも15kgオーバーの幻の魚にあっぱれだ!

15kgオーバーのクエ浮上(提供:三吉丸)

海栄丸

三重県鳥羽市菅島の海栄丸では、11日スルメイカ狙いで出船。この日は終始群れを捉え続け、好調にヒットが連発。サオ頭で3ケタオーバーの好釣果となった。スルメイカの絶品沖干しもたくさん出来たようだ。

スルメイカヒット連発(提供:海栄丸)

長栄丸

三重県鳥羽市菅島の長栄丸では12日、食わせ(タテ釣り)で出船。前半は苦戦したものの、最後に巻き返してハマチ、マダイ、ヒラメなど大漁釣果でお土産は十分。菅島沖の食わせ釣り、まだまだ楽しめそうだ。

マダイ&青物でお土産十分(提供:長栄丸)

幸盛丸

三重県志摩市安乗の幸盛丸では、12日イシダイ狙いで出船。当日は場所移動が多かったが、終わってみればイシダイ1人1~3匹、船中8匹上がった。最近安乗沖のイシダイは絶好調。サオ頭で3~5匹という日が多いそう。また今後は夏ヒラメへも。

イシダイ狙いで絶好調(提供:幸盛丸)

なぎさ丸

三重県・南伊勢町相賀浦のなぎさ丸では、11日タテ釣り&アカイカ便で出船。タテ釣りではヒラメ45~58cmを6匹、マダイ72cm&60cm、オオモンハタ2匹、イナダ多数。アカイカも順調で船中44匹の釣果だった。

良型マダイににっこり(提供:なぎさ丸)

光栄丸

三重県・南伊勢町礫浦から出船している光栄丸でも、半夜のイカメタルで狙うアカイカ開幕だ。11日は前半からポツポツとアタリがあり、1人でアカイカ25匹の釣果。イカメタルはこれからが本番だ。日中はタテ釣りで、マダイや青物、ヒラメ、SLJではおいしい根魚中心によく釣れている。

アカイカ開幕でキャッチ(提供:光栄丸)

渡船屋たにぐち

三重県・南伊勢町宿浦の渡船屋たにぐちでは、半夜のイカメタル&バチコンアジングが開幕。今年は少し出遅れた感はあるものの、両ターゲットとも順調。アジは尺オーバー、アカイカはぽってり美味体型が釣れている。夏の夜は五ケ所湾沖で、涼を兼ねて夜遊びしてみては。

ぽってり美味体型ゲット(提供:渡船屋たにぐち)

フィッシング光栄

三重県・紀北町紀伊長島三浦から出船しているフィッシング光栄では、相変わらず幻のシロアマダイが好調だ。15日イシグロ名東引山店の一行が仕立で出撃。シロアマダイ40cmを筆頭に5匹をキャッチした。ほかにアカハタやイトヨリなども上がった。

シロアマダイ好調(提供:フィッシング光栄)

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年7月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post【三重】沖釣り最新釣果 良型混じりで幻のシロアマダイが好調継続中first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事