Yahoo! JAPAN

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【食レポ】"食べる地獄"じゃがりこ激辛インドカレー味 辛い通り越して痛い、でも食べ続けてしまう

キャリコネニュース

期間限定「じゃがりこ激辛インドカレー味」

カルビーは10月14日、「じゃがりこ激辛インドカレー味」(税抜141円)を期間限定で復活発売した。同商品は2006年にテスト発売しており、じゃがりことしては珍しい激辛商品だ。

ツイッターでは「食べる地獄」「激辛の名は伊達ではない」「油断していたら、今まで食べたお菓子で1番辛かった」といった声が多く寄せられている。実際どんな味なのか。キャリコネニュース編集部も食べてみた。

全然辛くない → 辛い → 痛い、と辛さのフェーズ移行を感じることができる

激辛系商品と言えば赤と黒を基調にしたものが多いが、同商品のパッケージは赤と金。「激辛インドカレー」という文字もポップで、辛そうには見えない。セブンイレブンで「まあじゃがりこだしな。そんな辛くないだろう」と思いながら手に取った。

蓋を開けると、インドカレー屋のにおいがする。色はオレンジ色だ。公式サイトによると「スパイスとチキン、野菜の旨みをバランスよく組み合わせており、辛いだけではなく、旨辛いチキンの味わいです」とある。

食べてみると、最初はスパイシーで塩気の強い味がした。全然辛さを感じなかった。しかし咀嚼するうちに段々辛くなっていく。お菓子で激辛と言っても「こんなもんか」という辛さが多い中、これはちゃんと辛い。

最終的に、インドカレー屋で激辛を頼んだ時の、辛さを通り越した"痛み"を感じる。食べすすめるうちに味わいのフェーズが変わってくる。生地には赤唐辛子が練り込んであるという。痛みの原因はこれだろう。

筆者は激辛党だが、5本食べると鼻水が出てきて、10本食べる頃には頭皮に汗をかいていた。それでも辛味の中にある、チキンの旨みと野菜の甘みがたまらない。後味はしっかりとインドカレーだ。唇はヒリヒリし、喉に来る辛さだが手は止まらない。

全部食べ終わる頃には顔に汗が伝っていた。水を飲むとさらに辛さが増すので、鎮静のためには氷を口に入れることをおすすめする。150円ほどで手軽に味わえる地獄と言われるのも納得だ。激辛好きには是非食べてほしいが、苦手な人は注意したほうがよさそうだ。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 川口春奈、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』代役に決定

    ドワンゴジェイピー news
  2. 大河代役の川口春奈、過去に映画で「別に」女優役

    ナリナリドットコム
  3. 【京都最古のお豆腐屋さんって?】これからの季節に嬉しい◎京都で手に入るこだわりの美食材2選

    anna(アンナ)
  4. LEDで光るキノコがカプセルトイに! お部屋がファンタジー空間になりそう

    おたくま経済新聞
  5. 【お取り寄せ検証】餃子のグランプリで優勝した浜松の名店「初代しげ」を食べてみた

    ロケットニュース24
  6. 【商社・卸売業界編】ホワイト度が高い企業1位は住友商事「付き合い残業やだらだら残業はほぼ皆無」

    キャリコネニュース
  7. 【驚き】この人も本名?!「芸名かと思ったら本名を持つ芸能人」に抱く、はてしなき憧憬の念

    citrus
  8. 【今日は何の日】ボジョレーヌーヴォー解禁日!全てのワイン好きさんに少し変わった「解禁」をご紹介!

    citrus
  9. 【日韓経済戦争】ユニクロまた批判の集中砲火、韓国ブランドも同じことをしているのに...... 韓国紙で読み解く

    J-CAST会社ウォッチ
  10. 劇作家・根本宗子が尊敬する“マリアみたいな看護師さん”って?

    anan総研