Yahoo! JAPAN

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ETC利用でないと損」な設定の高速道路とは?

ラジオライフ.com

ETCを利用するだけでおトクになる高速道路のひとつに、中央道の東京都内区間があります。高速料金検索サイトを使うと、確かに現金・カードで利用する場合と比べて、ETCを利用すると大幅に安いことがわかりますが、検索結果だけではその理由がはっきりしません。なぜこの区間がETC利用で安くなるのかを調べてみました。

料金システムの変更でETC利用が安い

かつて、東京から放射状に延びる高速道路のなかで、中央道だけは最も都心寄りの高井戸IC~八王子ICと、八王子ICより西側で通行料金が別計算になる料金システムを採用していました。これは、通行料金徴収の都合から高井戸IC~八王子ICを均一料金として切り離したためです。

しかし、2016年4月からETC利用で高井戸IC~八王子ICについても、八王子ICより西側と走行距離をまとめて通行料金を計算する方法に変わりました。とはいえ、新しい仕組みをそのまま導入すると値上げになるケースが出るため、「旧料金と新料金を比較してより安い方にする」というETC割引も同時に始まったのです。

このETC割引では、「全部の走行距離をまとめて計算した通行料金」と「高井戸IC~八王子IC分を除いた通行料金+620円(高井戸IC~八王子IC間の旧均一料金)」のうち割安な方を選びます。一番おトクになるのは八王子IC~首都高速各ランプ間を平日利用する場合で、中央道利用分については通常980円のところが620円です。

ただし、このETC割引を受けるには条件があり、それは発着のいずれかが高井戸IC~八王子IC・首都高速各路線・東京外環道でないとダメ、というものです。例えば、中央道大月IC~常磐道柏ICのように首都高速を通過して走行する場合はETC割引対象外です。

ETC利用より現金利用は大幅に割高

一方、2016年4月以降の料金システムでは、高井戸IC~八王子ICの現金・クレジットカード決済の通行料金が割高に設定されています。というのも、高井戸IC~八王子IC分について一番高くなる980円を支払った上で、八王子ICより西側は別計算になるためです。

このようになった理由は、高井戸IC~八王子ICが元々均一料金制だったため、途中の国立府中・調布・稲城の各ICに出口料金所がないため。とはいえ、本来980円まで達しない途中ICからでも980円取ることに加え、八王子ICより西と連続走行する場合は初乗り料金にあたる「ターミナルチャージ」もかかります。

そのため、国立府中IC~相模湖ICの場合、ETCを利用した通行料金が960円なのに対して、現金・クレジットカードで支払うと1660円になってしまいます。中央道の高井戸IC~八王子ICについては「ETC利用のほうがおトク」というより「ETC利用でないと損」な料金設定なので、走行する場合にはETC利用をお勧めします。

【関連記事】

おすすめの記事