Yahoo! JAPAN

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が10月日本公開決定~韓国大ベストセラー小説が原作、チョン・ユミ×コン・ユ共演

SPICE

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』

話題作『82年生まれ、キム・ジヨン』が10月日本公開決定~韓国大ベストセラー小説をチョン・ユミ×コン・ユ共演で映画化

韓国で130万部突破し社会現象を巻き起こした大ベストセラー小説「82年生まれ、キム・ジヨン」を原作とし、韓国では3週連続No1大ヒットを記録した映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が、2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか日本全国で公開される。

チョ・ナムジュによる原作の小説「82年生まれ、キム・ジヨン」は「韓国の82年生まれの女性で最も多い名前」である〝ジヨン“という名を持つ平凡な女性の、少女時代から結婚、出産に至るまでの人生に、韓国のジェンダー意識に関わる現代史や社会問題を織り交ぜながら、女性が負う重圧と生き辛さが描かれている。韓国で2016年に刊行されるやいなや、多くの女性の共感を呼び130万部を超える大ベストセラーとなり、その熱狂は海を越え、台湾、ベトナム、イギリス、イタリア、フランス、スペインなど18か国・地域での翻訳も決定。日本でも2018年12月に翻訳本(斎藤真理子訳)が刊行されるとたちまち圧倒的共感の声が広がり、発売2日目にして重版が決定、大型書店で品切れが続出するほど異例の大ヒットとなり今も尚、その記録を更新し続けている。

その映画化により期待を一身に背負うのは、2011年に映画『トガニ 幼き瞳の告発』、2016年に1156万人の観客を動員したパニック映画の大作『新感染 ファイナル・エクスプレス』と、ヒット作での共演が続くチョン・ユミとコン・ユの2人。3度目の共演にして初の夫婦役に挑戦し、共感を呼び起こす繊細な感情の演技を披露している。

監督は、短編映画で注目され、本作が長編デビュー作となるキム・ドヨン。自身も2人の子を持つ母である彼女の繊細な演出は、現代女性の生きづらさを描いた原作を、すべての人たちの心を震わせる物語に見事に昇華させた。

<物語>
これは私たちの物語。未来の希望につながる物語。
結婚を機に仕事を辞め、育児と家事に追われるジヨン(チョン・ユミ)。常に誰かの母であり妻である彼女は、時に閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。「疲れているだけ、大丈夫」。そう夫のデヒョン(コン・ユ)にも自分にも言い聞かせる彼女だったが、ある日から、まるで他人が乗り移ったような言動をするようになる。その時の記憶はすっぽりと抜け落ちている妻に、デヒョンは傷つけるのが怖くて真実を告げられず、ひとり精神科医に相談に行くが、本人が来ないことには何も改善することはできないと言われてしまう。なぜ彼女の心は壊れてしまったのか。少女時代から社会人になり現在に至るまでの彼女の人生を通して、見えてくるものとはーー。

原作の持つメッセージを大切にしながらも、映画としての「物語」の強さで観客を引き込み、圧倒的共感の声が続出した本作。2020年秋いよいよ日本でも公開を迎える。いま何かと話題の韓国映画、国連の定めた「国際女性デー」を3月8日(日)に控え、注目すべき一作だ。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. predia[ライブレポート]“大人の遊び場”で見せた美しき饗宴!新曲&人気曲目白押し<GIG TAKAHASHI tour 2020 ツアーファイナル>

    Pop’n’Roll
  2. かみやど、1st ALから「透明なRainbow」「I believe…」MV2作を公開!

    Pop’n’Roll
  3. アンジャッシュ児嶋一哉の“塞翁が馬”「誰でしたっけ?」から人気急上昇

    日刊ゲンダイDIGITAL
  4. 青井阿蘇神社の水没奉納刀77振を救え マンガ「ドリフターズ」も協力するクラウドファンディングスタート

    おたくま経済新聞
  5. オンラインでは売り切れ! カルディの「ニャンコーヒードリップセット」は見つけたら即カゴへ

    東京バーゲンマニア
  6. LiSA、最新アルバム『LEO-NiNE』&劇場版「鬼滅の刃」主題歌シングル『炎』を10月14日に2枚同時リリース

    SPICE
  7. 「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池” 柄本明より注目集める江口のりこって?

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. コロナ禍に芝居5本観劇「今」を映す舞台に心揺さぶられた【ラサール石井 東憤西笑】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. ブラマヨ吉田は律儀な男 帽子を脱ぎ人目はばからず挨拶を【度肝を抜かれたお笑い界の巨人たち】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. サザンも山下達郎も参戦 コロナ禍で大盛況「オンラインライブ」の銭勘定

    日刊ゲンダイDIGITAL