玄界灘オフショアジギングでヒラマサ&ブリ ジグチェンジ的中で連発 - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

玄界灘オフショアジギングでヒラマサ&ブリ ジグチェンジ的中で連発

TSURINEWS

玄界灘ジギングで青物手中(提供:週刊つりニュースAPC・稲永繁樹)

2月下旬の午前6時30分、総勢6人が津屋崎(福岡県福津市)に集合。今回は釣友所有の船で、玄界灘へジギング釣行した。ジグとシャクリの変化がはまり、ヒットを引き出せた。

玄界灘ジギングで青物狙い

2月下旬に玄界灘へオフショアジギングに出かけた。釣行当日に集まったメンバーは門司さん、息子さんで船長の将和さん、梅木さん、大島さん、村上君と私の総勢6人。今年は特に暖冬の影響でポイントも絞りづらく、船長も頭を悩ませながら仲間の情報を元に、まず向かったのは栗ノ上近くの魚礁。

ポイントへ到着し、船はスローダウン。船首から将和さん、私、村上君、門司さん、梅木さん、大島さんの順で右側に並び、ドテラ流し。天気は曇りで、太陽光がまだ少ないので、まずは120gのグロー(夜光)のロングジグでスタート。

当日のタックル(作図:週刊つりニュース APC・稲永繁樹)

ヒラマサ60cmが浮上

しばらくは潮があまり動いてないようで、ジグにかかる潮の抵抗が少なかったが、潮が利いてきたかなと思ったところでロッドを曲げるアタリ。魚の引きを楽しみながら、釣り上げたのはヒラマサ60cm。

その後アタリが途切れ、将和さんの判断で小呂島方面へ向かう。ポイントへ到着し、ジギング再開。

相変わらず潮の動きが悪いのと、風もやんだので、ジグをブランカタチ魚SPのゴールドオレンジ100gに変更。軽くなった分、ラインがいくらか斜めになって、ジグはフォールしていく。

何度となくシャクり続けていると、中層で魚がヒット。しかも元気よく、なかなか浮いてこない。時間をかけて浮かせた魚は、スレで掛かっていたヒラマサ60cm。スレ掛かりのため非常によく引いたが、海面に浮いたサイズは予想以上に小さく、苦笑い。

ジグのローテでサイズアップ

サイズアップを狙って再開。そうこうしていると、いくらか空が明るくなってきたので、ジグパラバーチカルロングのクラッシュシルバー100gに変更。

すぐにアタリはなかったが、シャクリのリズムやパターンをいろいろと変えながら続けていると、再び中層でアタリをキャッチ。十分に追いアワセを入れて、しっかりとフッキングさせる。魚の引きを十分楽しんでから釣り上げたのは、ヒラマサ70cm。

そのまま同じパターンで釣れないかなと思いながら、しばらくシャクり続けるも、アタリがないまま時間が過ぎていく。風も再び吹き始めたので、ブランカタチ魚SPのシルバーパープル125gに変更。

すると、ジグを落として1投目に、中層でゴンッとロッドに乗ってくるアタリ。何度かドラグを反転させる魚を浮かせ、無事タモに収まったのはヒラマサ74cm。

最後にブリ81cmを手中

さらに風が強くなってきたので、今度はロングジグ150gに替えてシャクっていると、再び中層でアタリ。ゆっくりと魚を寄せ、無事釣り上げたのはブリ81cmであった。この1尾を最後に、風雨も強くなったので納竿となった。

今回はジグチェンジとシャクリの変化がうまくハマって、5尾の青物に出会うことができた。

ヒラマサ74cmのほか、ブリ81cmもヒット(提供:週刊つりニュース APC・稲永繁樹)

<週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年3月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事