Yahoo! JAPAN

堤防で楽しむ泳がせ釣りのススメ 活きエサ確保から楽しもう

TSURINEWS

浪漫あふれる泳がせ釣り(提供:TSURINEWSライター貧グラー)

最近ではYouTubeなどでも注目されてよく知られるようになった「泳がせ釣り」。実際に生きた魚を釣りバリに掛けて泳がせて、大型魚やイカを狙う釣りスタイルだ。今回はこの泳がせ釣りについて話していく。

堤防泳がせ釣りは浪漫あり

堤防での泳がせ釣りは時期や場所、タイミングによって様々な魚を狙うことができる。基本的に魚を食べる魚、いわゆるフィッシュイーターと呼ばれる部類の魚が釣りの対象で、この部類の魚は基本的に大型魚が多い。

普段あまり釣れないようなサイズの魚を釣ることができるのはもちろん、あまり見たことがない釣りザオの曲がり具合、魚との勝負。どれをとっても普段とは一味違う醍醐味が味わえる!それゆえに泳がせ釣りは浪漫に溢れているのだ。

泳がせ釣りのエサは現地調達

泳がせ釣りは文字通り活きエサと呼ばれる生きた魚を使う。最近では生きた小魚を販売している釣具店も出てきているが、基本的に現地調達を念頭にしたい。泳がせ釣り最大のハードルは何と言ってもこのエサの確保だ。生きた小魚を用意できなければ釣りができない。

エサは現地調達(提供:TSURINEWSライター貧グラー)

エサ捕獲はサビキ釣りが無難

泳がせ釣りをやろうと考えている場合は、同時にまきエサとサビキ釣りの準備をしておいた方がいい。最近では、アジングなどのルアー釣りで小魚を釣る人の方が多いかもしれないが、まきエサがある分集魚力抜群で数が釣れるのでオススメだ。

それから、泳がせ釣りはエサの小魚が魚に食われるのを待つ釣り。アタリがすぐに来ることもあればその日1日全くアタリがこないこともある。なので、サビキ釣りの準備以外にも付けエサを買ってフカセ釣りなどを楽しむ、あるいはルアー釣りに勤しむなど、他の釣りを楽しみながらアタリを待つとより釣りを楽しめるだろう。

エサはサビキ釣りで確保(提供:TSURINEWSライター貧グラー)

エサになりそうな小魚

泳がせ釣りのエサといえば、真っ先に思い浮かぶのがアジだろう。しかし、イワシやサバでも泳がせ釣りは可能。ほかにもダツやカマス、コノシロなどでも泳がせ釣りは可能だが、潮の流れや場所に依存するので、確保するのが難しい。

現地でまきエサを試しまきして集まってきた魚を見て、泳がせ釣りができそうな魚がいないか確認してみよう。集まってきた魚をサビキ釣りやアジングで釣り上げて、泳がせエサを確保できれば準備完了。

エサになりそうな小魚(提供:TSURINEWSライター貧グラー)

泳がせ釣り対象魚

泳がせ釣りのターゲットとなる魚は、フィッシュイーター系の魚、いわゆる根魚、青物と呼ばれる魚群だ。代表的な魚は、

・スズキ(シーバス)
・鰤
・ヒラマサ
・ヒラメ
・クエ
・キジハタ
・ウツボ

などで、勝負しがいのある魚ばかり。しかし、大型魚が多いため釣りザオが破壊されることもしばしばある。なので、これらの魚を泳がせ釣りで狙う際は丈夫な釣りザオを準備しよう。目の前で釣りザオが破壊される瞬間は、何とも言えない衝撃と笑いを誘うが、帰るころになると言いようない敗北感と悲しみがこみ上げてくるものだ。

ギャンブル性高いが面白い

堤防でやる泳がせ釣りは、基本的にボウズ率が高い。小魚を狙う大型魚が近くに居なければ成り立たない釣りだ。海の中を覗けないためギャンブル性は高いが、アタリを待っている間にサビキ釣りやフカセ釣りを楽しむことができる。

他の釣りに飽きてきたら、様子見がてらに時々回収してエサを確認してみてほしい。エサがかじられていたりする時がある。そのかじられた跡を確認できると、さらに泳がせ釣りへの期待感が高まる。大物が釣れるかもしれない!そのワクワク感がその日の釣行をより楽しいものに変化させてくれるだろう。

泳がせ釣りはギャンブル性が面白い(提供:TSURINEWSライター貧グラー)

<貧グラー/TSURINEWSライター>

The post堤防で楽しむ泳がせ釣りのススメ 活きエサ確保から楽しもうfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事