Yahoo! JAPAN

中島裕翔 関ジャニ∞横山裕の胸ぐらを…“ジャニーズあるある”トーク

フジテレビュー!!

木曜劇場『純愛ディソナンス』の制作発表会が6月30日(木)に行われ、主演の中島裕翔さん主演と吉川愛さんが登場しました。

本作は、新任音楽教師・新田正樹(にった・まさき/中島)と生徒・和泉冴(いずみ・さえ/吉川)の“純愛”を軸に物語が進む、完全オリジナルストーリー。

常にタブーと背中合わせな2人の純愛が次第に周囲を巻き込み、やがて“ディソナンス=不協和音”となりドロドロな展開を生み出していく純愛×ドロドロの“純ドロ”エンターテインメントです。

中島裕翔 髙橋優斗の話し方に「YouTuberみたい」

会見では、共演者からサプライズメッセージが到着。

まずは、比嘉愛未さんと佐藤隆太さんから。佐藤さんは、中島さんについて「大好き。ナイスガイ」と即答。吉川さんについては「不思議な魅力がある方」(佐藤)、「(カメラの前での)切り替えがすごい」(比嘉)と絶賛。

中島さんは「ありがたいですね。比嘉さんと佐藤さんは、今しゃべっている姿からは想像がつかない、ギャップのある役なので注目してほしい」とうれしそう。

髙橋優斗さんからは「(中島さん演じる)正樹の胸ぐらを掴むシーンがあるんです。『来なよ』と言われてめちゃめちゃ思いっきりやったんですけど、マジで気持ち良かったです!」と、元気いっぱいのコメントが。

中島さんは「どんな話ですか(笑)?しゃべり方がYouTuberみたいにこなれてる。かわいいところですが」と笑いつつ、自身も過去に、演技で先輩の胸ぐらを掴んだエピソードを披露。

「関ジャニ∞の横山(裕)くん。そのときも『いいよ、来て』って言ってくれて。ガッて掴ませてもらって、優しい先輩だなと思ったんです。でも後日、関ジャニ∞のスタイリストさんから『ヨコ(横山)がめっちゃ痛がってたよ』って言われて…。『全力で来てって言ってたじゃん!』って思いました。“ジャニーズ胸ぐらあるある”ですね」と語りました。

Hay! Say! JUMP新曲「Fate or Destiny」音源を初公開!

さらに、今作の主題歌であるHay! Say! JUMPの新曲「Fate or Destiny」の音源の一部が初公開されました。

中島さんは「めちゃめちゃこだわりました。Hay! Say! JUMPとしても新しいジャンルの曲で、USロックみたいなミドルバラードみたいな曲。英詞もたくさんあって。入りはすごく切なくて、サビに開放感がある。ドラマは“二重の禁断の愛”を描いていますが、この曲も二面性があります」と話しました。

吉川さんも「すごく心が穏やかになると思いました。普段、俳優としての中島さんしか見ていないので、『ジャニーズさんだった』と思って。新鮮でした」とコメントしました。

中島さんは「主演のプレッシャーはあるか」と聞かれると、「ありますよ!めちゃめちゃあります!各方面から(言われて)…」と苦笑い。

「でも、自分がやったことのない役にチャレンジできる機会をいただいているので。僕自身は“主演だぞ”と(前に出る)のが、あまり好きじゃないので、みなさんの力を借りながらチーム一丸となってやっていきたいです」と語りました。

そんな中島さんについて、吉川さんは「どしっとしてましたよ、座長として」と太鼓判。

最後に中島さんは「『愛情は純粋すぎると毒になる』これがドラマのテーマ。令和の時代だからこそ共感していただけるのでは」とアピールしました。

【関連記事】

おすすめの記事