Yahoo! JAPAN

暖房もない昔の日本は冬をどうやって乗り越えた?【建築の話】

ラブすぽ

暖房もない昔の日本は冬をどうやって乗り越えた?【建築の話】

寒い冬は身体を直接暖めるのが基本だった

吉田兼好の『徒然草』に「家の作りやうは、夏をむねとすべし」という有名な一節があるように、日本の住宅は夏向きにできています。壁は少なく、襖や障子戸を外せば、部屋全体に風を呼び込むことができます。深い庇は日射しを遮り、土間の天井が三角形なのは暑い空気を上昇させて逃がす工夫です。すべて、日本の夏の高温多湿を和らげるためのものでした。

では冬はどうでしょう。一言でいえば、寒さ対策はほとんどありませんでした。囲炉裏を焚いても、暖気は障子紙から外へ、そして三角形の屋根天井からも出ていってしまいます。部屋全体を温める室内暖房は、伝統的な日本家屋の構造では、不可能だったといえるでしょう。

そこで考え出された工夫の一つがドテラと呼ばれる防寒着です。最近はあまり見かけなくなりましたが、半纏型の布団のようなものだと思えばいいでしょう。

これを着て、火鉢を抱えたり、炬燵に腰を突っ込んで寒さを耐えるのが日本の冬でした。家を温めるのではなく、身体を直接暖める身体暖房がメインだったのです。

身体を暖めつつ、できるだけ自由に動けるよう、日本人はさまざまなポータブル暖房器具を生み出しました。炭をつかう火鉢、わらの灰などをつかったアンカ(行火)やカイロ(懐炉)、湯を入れる湯たんぽなど、すべて人の動きに合わせてつかう暖房器具です。

住宅の高気密化が進んだ現代では、ドテラ姿で炬燵に入り、縁側の窓ごしに雪景色を眺めるような生活は過去のものかもしれません。しかし、そこにはエアコン頼みの生活では味わえない、暮らしと文化があったのです。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 建築の話』著/スタジオワーク

【関連記事】

おすすめの記事