Yahoo! JAPAN

意外とかんたんで手軽に焼ける、トルティーヤレシピ。料理家・田内しょうこの“たんぱく質朝ごはん”

saita

料理家・田内しょうこの“たんぱく質朝ごはん”

料理家・田内しょうこさんが続けている、体力を取り戻すために「たんぱく質を朝ごはんでとろうチャレンジ」。実際にどんな朝ごはんを食べているのか、教えてもらいました!

みなさん、今日の朝ごはんは何を食べましたか。「隠れ栄養失調を改善するために、たんぱく質をしっかり朝ごはんでとろう」連載第6回です。

たんぱく質で朝ごはん6 「メキシカンオムレツ」

◎ メキシカンオムレツ
  ワカモレ
  フレッシュサルサ
◎ 全粒粉のトルティーヤ

トマト、玉ねぎ、ピーマンを入れたオムレツにサルサを添えたメキシカンオムレツは、アメリカのメキシコ料理屋の定番メニュー。学生時代に食べた味を思い出してたまに作ります。粉と水を混ぜるだけで焼ける、かんたんトルティーヤを添えて。

薄力粉だけでももちろん作れますが、全粒粉のほうがたんぱく質の含有量が薄力粉よりも多いので、積極的に使うようにしています。味も全粒粉が入ると、香ばしくて美味しい!

手軽に焼ける、トルティーヤレシピ

全粒粉2に対して薄力粉1を合わせ、水を加えて混ぜます。どろりとするくらいまでゆるくなったら、スプーン1杯くらいのオリーブオイルを加えて混ぜ、フライパンに広げて両面を焼くだけ。

本当のトルティーヤとは食感がやや違い、ペロンとした感じに焼き上がるのですが、これもとても美味しいのです。手軽に作れるのでうちではよく作ります。肉や野菜を巻いてサラダラップにしてお弁当にするのもおすすめ。
 

かんたんトルティーヤ(20cmの皮 約4枚分)

・全粒粉 70g

1.  ボウルに粉と塩を入れ、水とオリーブオイルを加えて泡立て器でぐるぐると混ぜる。おたまで流し込むことができるくらいの生地になるよう、水分を調節する。


※全粒粉と薄力粉の配合はお好みで。
1カップの小麦粉は約100gなので、合わせて1カップくらいを目安にするとわかりやすいです。

※水の量で調整すればよいので、粉の量1カップはあくまでも目安。
 適当に量るので大丈夫です。

フレッシュサルサとワカモレで、さらに美味しい

プランターで育てている青唐辛子を使って、フレッシュサルサとワカモレを。

トマト、玉ねぎ、青唐辛子を刻み、塩とオリーブオイルを加えてフレッシュサルサに。この日はにんにくとパクチーは省略しましたが、あれば両方とも刻んで入れるとさらに美味しいです。

アボカドのワカモレは、潰したアボカドにこのサルサを少し加えて混ぜるだけ。
どちらもこしょうは入れず、塩だけで味つけするのがポイントです。

「日本は『塩・こしょう』と呼んで無造作にこしょうを入れるけど、素材の美味しさを引き出すには塩だけがいいときも多いんだよね」

とは以前メキシコ料理のシェフから教わったこと。
それから、こしょうは必要なときだけ、と使い方を意識しています。
 

田内しょうこ/料理研究家

【関連記事】

おすすめの記事