Yahoo! JAPAN

覚王山|驚きの甘さはこだわりの証!さつま芋の魅力を再発見できる菓子店

ナゴレコ

食欲の秋!
秋の食材といえば、みなさんは何を思い浮かべますか?

今回は、さつま芋を心ゆくまで堪能できるお菓子屋さんをご紹介。

この記事を読めば、きっとあなたもさつま芋の虜になること間違いなしです!

どこもかしこも芋、いも、イモ!さつま芋への愛が止まらない!「高級芋菓子 しみず」

東山線・覚王山駅から徒歩3分!

「高級芋菓子しみず」さんがあるのは、「ZARAME」さんや「えいこく屋」さんといった人気グルメ店や、雑貨屋さんなどが立ち並ぶ大通り沿いの場所。

和の風情を感じる外観に、大きく書かれた「芋」の文字。店先からも、芋への並々ならぬ思いが感じられます。

2021年8月のオープンから話題となり、連日行列ができるほどの人気店!開店時刻11時の10分前から並び始めると、あっという間に4組ほどの列が。

早めの来店をおすすめします◯

誰とでも訪れやすいカジュアルな店内

店内のお席は、4人掛けテーブルが6席ほど。1番奥のお席は半個室のような雰囲気になっており、特別感があります。

キッチンは、コンクリートと白を基調としたコーヒースタンドのようなおしゃれな造り。和菓子店でありながらも、カフェのようなカジュアルさとおしゃれさも兼ね備え、幅広い世代が訪れやすいお店だと感じました!

さつま芋へのこだわりがすごい!

「高級芋菓子しみず」さんの芋菓子たちの美味しさの秘密。それは、お芋へのとてつもないこだわりにあるのです!

〜「高級芋菓子しみず」さんのお芋へのこだわり〜

・40日以上熟成した厳選さつま芋を、鹿児島を中心に全国から直送。

・その熟成さつま芋を一度焼き芋にし、さらに一晩寝かせて最大限に甘みを引き出す!

・これによって出来た「濃密焼き芋」を使用してお菓子を作っている。

手間暇かけられたさつま芋の味はいかに!?期待が高まるばかりです!

芋づくしのメニュー

中央にそびえ立つ、2つの大きなパフェが迫力満点のメニュー。周りに目を移すと、スイートポテトやプリンなども発見。

さつま芋ってこんなに変幻自在なんだ!と気付かされ、早くもさつま芋の虜に…♡

ドリンクにも、さつま芋を使ったメニューが!コーヒーとお芋の組み合わせを楽しむも良し、お茶を選んで思う存分和を味わうも良し…。

メニューを選んでいるだけでちょっぴり贅沢な気持ちになります♪

上から下までいろいろなお芋を楽しめるパフェ

●贅沢「芋パフェ」/プレーンタイプ 1100円(税込)

まずご紹介するのは、これでもかというほどにお芋がのった贅沢なパフェ。焼き芋ペーストやさつま芋チップなど、全13種類のトッピングが勢揃い!

どこから食べようかな…とスプーンを手に取り、パフェをじっくり観察します。

一際キラキラと輝き、オーラを放っているのは「鳴門金時芋棒」。周りが甘い蜜でコーティングされ、外はカリッと中はホクッと、これぞさつま芋!という食感を楽しめます。

2色で仲良く隣同士にトッピングされているのは、「焼き芋ペースト」。ねっとりとした食感で、濃厚なお芋の甘さが口の中で余韻を残します。ずっと口の中に入れていたい…!

長く突き刺さったさつま芋チップは、店内に響き渡るのではないか!と思うほどのバリバリ食感。チップをスプーン代わりに、バニラアイスをスクープして食べれば、互いの存在にありがたみを感じます。

素材にこだわっているからこそ作れる究極のさつま芋スイーツ

●濃密焼き芋で作ったひんやり&あったか!魅惑の焼き芋ブリュレ 770円(税込)

キラキラ光りながら登場したのは、焼き芋ブリュレ。素材をそのまま活かしたスイーツのお目見えに、このお芋は只者ではないぞ!と感じます。

表面をスプーンでパリパリと割り、スコップ型のスプーンでお芋をすくう、まさに”さつま芋掘り“。

ひと口食べた瞬間、お芋の甘さに驚き!ブリュレと一緒に食べてるからかな?と思い、下の焼き芋部分だけ食べても、中に砂糖が入っているのか?と勘違いしてしまうほどの衝撃的な甘さ。

「高級芋菓子しみず」さんこだわりの「濃密焼き芋」。恐るべし。

テイクアウトスイーツも大人気!

「高級芋菓子しみず」さんでは、テイクアウトスイーツも大人気!テイクアウトをお目当てに来店されるお客様もたくさんいらっしゃり、列ができていました。

ころん、とした見た目が可愛い「和スイートポテト」や、「しみずの芋プリン」「お芋のカップパフェ」など、品揃え豊富◎

その中から今回は、美味しそうな焼菓子を購入!

●お芋のフィナンシェ/安納芋・紫芋 各220円(税込)

黄色は安納芋、紫色は紫芋が使われた2色のフィナンシェ。その手軽さは、自宅や周りへの手土産にももってこい!

袋を開けた瞬間、バターとお芋の強い香りがぶわっと広がります。

生地はしっとり、バターの甘味の中にお芋の香ばしさが加わり、満足度の高いお菓子です。紫芋の方が、お芋の味を強く感じられ、秋万歳!という気持ち。

さつま芋をとことん味わおう!

お店でもテイクアウトでも、さつま芋を思う存分に堪能できる「高級芋菓子しみず」さん。

さつま芋への並々ならぬこだわりを体感したい方は、ぜひ足を運んでみて下さい♪

INFORMATION

店名:

高級芋菓子しみず 覚王山店

住所:

愛知県名古屋市千種区山門町1-47-1

営業時間:

10時〜19時

一人当たりの予算:

¥1000〜¥3000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

【関連記事】

おすすめの記事