Yahoo! JAPAN

『王族に愛された猫種』5選 高貴な人にしか飼育が許されなかった猫も

ねこちゃんホンポ

1.ペルシャ

ペルシャ猫は、長い歴史の中で王族や貴族からこよなく愛された猫種のひとつです。

イラン(旧ペルシア)を原産とする、大きな丸い目と長い毛並みが特徴的なこの猫は、16世界紀にヨーロッパに伝わり、すぐさま王侯貴族の賞賛を浴びました。

その風格あるたたずまいと上品な振る舞いは高貴な人々の間で絶大な人気を誇り、現在もペルシャは「猫の王様」とも呼ばれるほどの品格を持っていますね。

ペルシャを飼育していた王族は、イギリスのビクトリア女王をはじめ多くの王族が飼っていたとされています。

優雅な立ち振る舞いと気品あふれる雰囲気は、まさに王室の象徴にふさわしいものでした。

2.ロシアンブルー

ロシアを象徴する猫種ロシアンブルーは、名前の通り青みがかった美しい被毛とグリーンの瞳が特徴の猫です。

おとなしく甘えん坊なロシアンブルーは当時貴族の間で人気を集めるようになり、なかでもロシアの最後の王朝「ロマノフ王朝」の一族にも深く愛されていました。

ロマノフ王朝の皇帝「ニコライ2世」は、ロシアンブルーの飼い猫を「ヴァシュカ」と名づけ、大切にしていたのだとか。

ロシアンブルーの美しい被毛や瞳はまるで宝石のようで、当時の貴族たちも森の妖精のような不思議な存在に見えたことでしょう。

またロシアンブルーは気品と優雅さを体現する猫種でもあり、威風堂々とした見た目と雰囲気ある振る舞いは、王室・貴族の猫と思わせるものでした。

3.シャム

シャム猫は、タイ(旧シャム)が起源で500年以上の長い歴史のある猫です。

そんなシャム猫ですが、王族に人気の猫種で、一般人が所有することは許されませんでした。つまり、王族や高位の寺院だけしかシャムを飼育できなかったのです。

しかし1884年にイギリスに渡ったことをきっかけに世界中で愛される猫となり、現在は日本でも一般的にみられる「メジャーな猫種」となっています。

美しい濃い目と、スマートでスリムな体つきが特徴的なシャム猫。そのルックスから王族の気高さと気品を感じさせ、特別な存在として王族にも大切にされてきたのです。

4.ターキッシュアンゴラ

ターキッシュアンゴラの起源は、16世紀頃までさかのぼります。アンゴラ地方(現在のトルコ)で「マヌルネコ」の自然交配によって誕生したといわれている猫で、トルコでは「生きる宝石」ともいわれています。

16世紀にはヨーロッパに持ち込まれ、王族や貴族の間で人気を博したターキッシュアンゴラ。とくにフランス王室では、フランス革命の悲劇の女王マリー・アントワネットがターキッシュアンゴラを寵愛したことで有名です。

繊細な美しい被毛に加えてアクティブで人懐っこく、しかし自分を大切にしてくれる飼い主には、忠実で穏やかな性格の持ち主。そのようなターキッシュアンゴラは、まさに王族が求めていた存在だったのかもしれません。

5.コラット

コラットは、古代からタイ王室で大切にされてきた猫種です。14世紀の文献にもその姿が描かれており、王族に愛されてきた長い歴史があります。

「幸福の猫」の意味を持つ「シ・サワット」という呼び名も持っているそうです。

コラットの特徴は、なんといってもその美しい銀青色の毛並みです。短く滑らかな毛並みは光沢があり、まるでシルクのような手触りで、どことなくロシアンブルーを連想させます。

マイペースな性格と人懐っこさも持ち合わせており、その気品あふれるたたずまいと上品な振る舞いは、まさに「王室の猫」そのものです。

まとめ

優雅で上品なたたずまいから、王族や貴族の心を掴んだ猫たち。

時代を超えて愛され続けた理由は、確かに高貴な雰囲気や美しいルックスにもありますが、その強い個性と性格こそが最大の魅力だったのかもしれません。

王室の歴史の中で特別な存在として大切にされてきた猫種たちは、今や身分や国を問わず多くの人々を魅了し続けています。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. フードコートやBBQ場が新設され、さらに充実! 垂水区の『三井アウトレットパーク マリンピア神戸』が11月の開業を発表 神戸市

    Kiss PRESS
  2. 【その声掛け、大丈夫⁉】“男らしい”“女らしい”って決めつけていませんか? 親が知っておくべき「ジェンダー」のこと[専門家監修]

    こそだてまっぷ
  3. 「真紅の霜降りに魅せられて」(すき楼/長野市)食いしんぼう塚田兼司のこれが旨い!

    Web-Komachi
  4. 空港でスーツケースのサイズを超過した男性、追加料金を払いたくないため仰天行動に(スペイン)

    Techinsight
  5. バブル期からの拝金主義で「他人を思いやることの大切さ」を失った日本人にも警鐘を鳴らしている、台湾映画『オールド・フォックス 11歳の選択』という庶民の物語

    コモレバWEB
  6. 名鉄、西尾・蒲郡線の6000系ワンマン車両に5500系イメージの復刻塗装 7月運行開始

    鉄道チャンネル
  7. 【高知グルメ】蕎麦じゃなくてSOBA!?個性あるガッツリ系メニューが豊富な「GOKU-TUBUSHI」ほっとこうちオススメ情報

    高知県まとめサイト 高知家の○○
  8. DJI、DJI Mavic 3 Enterpriseシリーズの新ファームウェアを公開

    DRONE
  9. 【紀ノ国屋】夏レジャーや旅行に重宝!中身が透けすぎないクリアバッグがかわいい♪【ポーチもあるよ】

    ウレぴあ総研
  10. 日本の伝統芸能に中学生たちがチャレンジ 浜脇小学校で「第16回 西宮・浜脇のふるさとづくり『えびすかき』から『人形浄瑠璃』へ」開催 西宮市

    Kiss PRESS