Yahoo! JAPAN

年収800万円でも“子ども部屋おじさん”の40代男性 「自由にお金を使っても毎年300~400万円を投資や貯金に回せている」

キャリコネニュース

年収800万円でも住まいは”子ども部屋”

世帯年収600~800万円でも、日々の生活が苦しいという人は多い。そうしたなか同年収帯のキャリコネニュース読者からは、

「年間貯蓄が年収の2割近くなので、余裕があるように感じる」(30代男性/広島県/医療職)

といった声も寄せられている。備えあれば患いなしとはよく言うが、その通りなのかもしれない。ゆとりがある世帯年収600~800万円は、どんな日常を送っているのだろうか。(文:鹿賀大資)

年収650万円の30代独身男性「年に数回の旅行よりも、休日はほぼチワワと一緒です」

メーカー系勤務の愛知県の40代男性は、給与のみで年収700万円だ。そのほかに投資や副業で年100万円の副収入を得ており、「申告書ベースでは年収800万円」という。また「独身のため社会保険料や税金などは多いのでしょうが、稼いでいるから払うのは当たり前」と綴っている。

「現在の生活に不満はありません。手取りが足りないなら、収入を増やすのと同時に、ふるさと納税やiDeCoなどで節税すれば良いと考えています。いわゆる子ども部屋おじさんなので、自由にお金を使っても毎年300~400万円を投資や貯金に回せている点は満足しています」

サービス系で年収650万円を得る神奈川県の30代男性も「独身ですが、余裕はあります」という。現在は愛犬2匹に癒される日々を過ごしている。

「年に数回の旅行よりも、休日はほぼチワワと一緒です。お金は犬関係の費用、飲み会や友人との会食くらいにしか使いません。年間200万円ほどを貯蓄や投資に回せています。ペット可の賃貸が最優先だったので、家賃が9万円とやや高めです」

こうしたことから「固定費を見直したい」と語る。それ以外には一人暮らしのため「急に犬の体調が崩れた場合とかが心配です。もし自分が入院した時を考えても不安になります」と書いている。

「子どもに苦労をさせたくないと思えば、お金をかければいい」

看護師の静岡県50代女性は夫に先立たれた現在、マンションで一人暮らしをしている。夫は生前の事業で借金を抱えていたが、死亡保険金で完済できた。手元には残らなかったものの、幸いに子どもが独立しており、マンションのローンもないことから「カツカツしなくても生活できます」と述べている。

ほかには、

「働けば、それだけ子どもにお金をかけられる。子どもに苦労をさせたくないと思えば、お金をかければいい。逆に苦労すればいいと思えば、稼ぐことの大切さを教えられる。余裕ある訳ではないが、子育ての選択肢は広がる」(30代女性/和歌山県/福祉・介護職)
「私は年収720万円で、1年の内、半年以上が出張です。1週間前に2か月の出張を終えて帰ってきましたが、8月から再び1年間の出張です。『父ちゃん元気で留守がいい』と妻は喜んでいます」(千葉県/50代男性/不動産・建設系)

といった声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き【読者投稿】世帯年収600~800万円のリアルや派遣社員の不満に関するアンケートを募集しています。

【関連記事】

おすすめの記事