Yahoo! JAPAN

いちごマニアが「苺サミット」に参加!ブランドいちご食べ比べ、ハート形カッティングも習ったよ!

東京バーゲンマニア

いちごの美味しい季節になりました。いちごを使ったスイーツもたくさん出ていて毎日デザートを選ぶのが大変です。

自分好みのいちごを求め、超がつくほどいちごラバーの記者は、2021年2月22日に行われた「苺サミット2021オンライン」に参加してみました。

このイベントは、果物が大好きなメンバーが集まり、果物のある生活を提唱する情報を発信していくコミュニティ「一般社団法人FRUITLOVERS LIFE(フルーツラバーズライフ)」が毎年開催している、いちご好きのためのイベントです。

今年はオンラインのみでの開催でしたが、趣向を凝らした企画ばかりだったので、一部ですがイベントの内容を紹介します。

簡単にできるハート形いちご

参加者は事前に購入し、自宅に届いた「食べ比べ体験キット」(送料・税込みで3500円)を用意し、YouTubeのオンライン配信を見ながらイベントを楽しみます。

食べ比べ体験キットは、ブランドいちご4種(各2粒)です。

福島県の「ふくはる香」は香りが強く、酸味が少なめで甘みが強いいちごです。試食をしたのは会津で採れたいちご。寒い土地でじっくり育つので、甘みが濃縮されるのだそうです。

茨城県の「いばらキッス」は2012年に誕生した、糖度が高いジューシーないちご。光沢があり、甘みと酸味のバランスが良いいちごです。 長めの円錐形で、果皮の色が濃いのも特徴です。

大分県の「ベリーツ」は「スイーツみたいなストロベリー」ということから命名されたそう。甘みが強くて、ジューシー。香りが強く、濃厚な味わいです。

熊本県の「ゆうべに」は2015年に誕生した、鮮やかで大玉のいちご。甘みと程よい酸味があり、芳醇な香りが特徴です。果汁たっぷりでした。

普段はなかなか食べられないブランドいちごを楽しんだ後は、いよいよ後半戦。「タカノフルーツパーラー」のパティシエ、森山登美男さんによる"いちごアレンジ"レクチャーです。

家でも簡単にできる、ハート形のいちごカット方法をご存じですか?

ヘタを切り取ったらV字に45度の切り込みを入れます。それを半分に切るとハートの形になるんです。簡単だし、ちょっとした飾りも華やかになりますよね。

そして、いちごの美味しさを閉じ込めた「いちごの寒天寄せ」「いちごとブラータチーズのオードブル」の作り方も教えてもらいました。

キットに入っていたカット体験用いちご(「究極のいちご」とちおとめ )や、付属の材料を使って作ります。

「いちごの寒天寄せ」は、寒天や砂糖を溶かした水にいちごを入れ電子レンジでチン! 少しずつ寒天を流し込み固めるのがポイントです。非常に簡単なうえ見た目も鮮やかで美しいです。

「いちごとブラータチーズのオードブル」はもっと簡単です。カットしたいちごにブラータチーズを丸々1個乗せれば完成。華やかなオードブルです。いちごの甘みに優しい塩味の効いたブラータチーズがマッチして美味しいです。

どちらも簡単なのにテーブルを盛り上げてくれる存在です。「苺サミット2021オンライン」はアーカイブでも観ることができるので、詳しいレシピや作り方はチェックしてみてください。

アーカイブはこちら

【関連記事】

おすすめの記事