Yahoo! JAPAN

“現代のドガ”と称されるロバート・ハインデル、東京・代官山にて個展の開催が決定

SPICE

ロバート・ハインデル展

1970年代より英国ロイヤルバレエ団をはじめとしたプリマバレリーナたちの姿を描き続け、欧米では“現代のドガ”と称されているロバート・ハインデルの展示会が、2020年8月18日より東京・代官山ヒルサイドフォーラムにて開催される。

ハインデルは1938年米国生まれ。29歳でタイムの表紙を飾り、以来米国の基幹企業の広告、及び一流雑誌に作品を提供し、アメリカを代表するアーティストとして活躍。1979年にイラストレーターとしては最高の栄誉であるハミルトン・キング賞を受賞。これを機にファイン・アーティストに転身し、80年代以降バレエを描く画家として、欧米の一流バレエ団から公演前のリハーサルに招かれ取材を行い、米国、英国、オランダ、日本で作品を発表してきた。権威ある美術専門誌「ギャラリー・インターナショナル」で現代のドガと称される。著名なコレクターの中には、故ダイアナ元妃、モナコのキャロライン王女のほか、生前高円宮殿下が愛された画家としても知られている。2005年7月に享年66歳で逝去。

「人間が到達できる最高の美的領域」とダンサーを慈しみ、本番までのリハーサルに励むひた向きな人間を描き続けた画家による、作品を約60点ほど展示。没後15年に開催する本展を通して、ハインデルが伝えようとした、美しい人間の精神性と躍動を感じてほしい。

ロバート・ハインデル展

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. (ボロッ…)新入りの『ハスキーのぬいぐるみ』が家族に可愛がられ猛烈に嫉妬…バッチリ仕留めあげた柴犬コンビ。【動画】

    柴犬ライフ
  2. 「お呼びですか…」もう目が開かないらしい…イタズラしたゴールデン。『隠し事』が下手すぎてもはや笑えてくる【動画】

    Retriever Life
  3. (ポカン…)ママがおやつを食べ始めた…自分も食べている気でいるのか、口が動いてしまうわかりやすいフレブル。【動画】

    French Bulldog Life
  4. 隙間にあるモップが気になる! 体や手をぐい〜んと伸ばし、一生懸命に取ろうとする猫さんが可愛かった♡

    PECO
  5. 広島のバーで楽しむフルーツカクテル♡ペコマガ編集長的おすすめの店3選

    広島のタウン情報webマガジン ペコマガ
  6. 『半沢直樹』箕部幹事長役・柄本明の“高速土下座”に反響「もはやドリフのコント」

    Techinsight
  7. フレーバーで楽しむ新感覚の甘酒!ビジュアルも映えて話題『糀屋 壽之介』~黒猫スイーツ散歩 浅草編④~

    さんたつ by 散歩の達人
  8. 『THE SOLAR BUDOKAN 2020』2週目のタイムテーブル解禁 トリはTHE BAWDIESとChar

    SPICE
  9. MOROHAアフロの『逢いたい、相対。』第二十四回目のゲストはカツセマサヒコ 憧れていた場所にたどり着いた時、男の目に映った世界とは

    SPICE
  10. ASKA「今しか歌えない歌を」コロナ禍での“新しいリアル”を語る【ロングインタビュー】

    ウレぴあ総研