Yahoo! JAPAN

麒麟・川島も驚く 男性ブランコの1日10ステージに「1回でもトイレ行ったら成立せえへん」

Techinsight

男性ブランコのハードスケジュールに川島明も驚愕

『キングオブコント2021』で準優勝し、一気に知名度を上げたお笑いコンビ・男性ブランコ。さらに『M-1グランプリ2021』でも敗者復活戦3位に入った2人は、それ以降「完全な休みはない」というほど忙しい日々を送っているという。特にゴールデンウィーク期間中は1日10ステージをこなすというハードスケジュールで、先輩芸人である麒麟の川島明を驚愕させていた。

8日に放送された『川島明のねごと』(TBSラジオ)にゲスト出演した男性ブランコの2人。朝の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)での共演もすっかり定着した2人だが、メディアに多く登場するようになったのは昨年の『キングオブコント』以降で、それまでは劇場での仕事しかなかったそうだ。

メディア露出が増えた今でも、変わらず舞台に立ち続けている2人。そのためほぼ休みなく働き続けているという。この日の放送の収録はちょうどゴールデンウィークの真っ最中であったが、浦井のりひろが「明日初めて大阪で“10ステ”っていうのがあって、震えてます」と翌日のスケジュールを告白すると、川島明も「10ステ!?」と驚愕。確かに連休中の2人のスケジュールを確認すると、大阪の劇場に登場する5日にはなんばグランド花月での「GW特別興行」のほか他劇場でのライブも予定されており、移動も含めるとなかなかのハードスケジュールである。

さらには漫才とコントを両方こなすことも明かした2人に、「いやいや、おかしない?」「女装したまま漫才やるん?」と思わずツッコんだ川島。「1回でもトイレ行ったら、成立せえへんルールでやってるからな、スケジュールが」「新幹線も絶対止まらへんと思ってるやろ」と語るほど、分刻みのスケジュールだと指摘していた。

ちなみに大阪での“10ステ”翌日は千葉県・浦安市でのライブイベントに参加していた男性ブランコ。連休が明けてからも続々とライブ出演が発表されており、かなりのハードワークであることがうかがえるが、同様のスケジュールをニューヨークや見取り図ら多くの人気芸人がこなしているというから驚きだ。舞台数の多さは各地に多くの劇場を構える吉本だからこそできることであり、おかげで「ぼちぼちでんなあ」といえるほど収入は増えたという2人、この忙しさはまだまだ続きそうだ。

画像2枚目は『男性ブランコ 浦井のりひろ 2022年5月2日付Twitter「#おしゃべり記念公園 ありがとうございました!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 新宿『酒膳処 珈穂音』でランチ。名物ロールキャベツのお供はご飯か、はたまたお酒を片手に昼飲みに突入か

    さんたつ by 散歩の達人
  2. 楽しみながら、体験しながら、みんなでつくる参加型イベント アクリエひめじ 開館1周年記念イベント「Arcreaみらいラボ」参加者募集 

    Kiss PRESS
  3. <夫の「俺がやる!」>自分で手をあげたのに「ちょっとトイレ」【まんが】#夏の大失敗

    ママスタセレクト
  4. 才賀紀左衛門の彼女、才賀の娘にも好評なそうめんの食べ方「驚き」「私もハマりました」の声

    Ameba News
  5. 長崎県庁にあるレストラン「シェ・デジマ」はメニュー豊富で大人気♪

    ながさーち
  6. 小柳ルミ子、70歳を迎え黒木瞳から貰った誕プレを公開「何時も覚えてて下さって」

    Ameba News
  7. 上越新幹線でホットコーヒーの試行販売 7/8から数量限定で

    鉄道チャンネル
  8. 親なきあと、重度自閉症の兄のいま。5年ぶりの面会での老いた姿に感じた切なさ、でも実は…障害者支援施設での暮らしぶり

    LITALICO発達ナビ
  9. <TIF2022>出演者第10弾で≒JOY出演が決定!

    Pop’n’Roll
  10. 刈り草ロール無料配布 木津川上流河川事務所

    伊賀タウン情報YOU