Yahoo! JAPAN

【鶏・豚・牛】レバーの上手な冷凍方法!下ごしらえや解凍のコツも

macaroni

【鶏・豚・牛】レバーの上手な冷凍方法!下ごしらえや解凍のコツも

レバーは冷凍保存できる!

レバーは冷凍保存が可能な食材です。冷凍保存する前には下処理が必要で、鶏と豚・牛と種類により、下ごしらえ方法が異なります。新鮮なレバーを正しい方法で冷凍すると、2~3週間程度保存できますよ。この記事では冷凍保存の方法やポイントについてご紹介します。

この記事でわかること

生レバーの保存方法と期間

レバーの下ごしらえ方法

調理済みレバーの保存方法と期間

レバーを保存する際のポイント・注意点

なるべく新鮮な状態で冷凍する

レバーを冷凍する際、新鮮な状態のほうが味や食感などの劣化が抑えられ、おいしく食べられます。特にレバーは冷蔵保存だと賞味期限が短いので、なるべく早く冷凍するのがおすすめ。購入したらすぐに食べる分と冷凍する分とにわけ、計画的に使い切りましょう。

下処理してから冷凍する

レバーはそのままでは臭みや血の塊などがあるため、下ごしらえをします。あらかじめ下処理をしておくと、料理によっては解凍せずにそのまま使うこともできますよ。料理に合わせて食べやすい大きさに切っておくと、忙しいときもさっと使えて便利です。

また、下ごしらえのあとに下味につけてから冷凍しても構いませんよ。

薄く広げて冷凍する

レバーは薄く切り、重ならないように平たく並べてください。ムラなく冷凍できたり、品質や食感、味の劣化を抑えたりすることができます。また、短時間で解凍できるメリットも。金属のバットやトレイにのせると、さらに早く冷凍できますよ。

豚と牛レバーは同じ保存方法でOK

豚と牛のレバーは形が似ており、特有の臭みがあるため同じ方法で冷凍保存します。焼肉やレバニラ炒め、煮込み料理など調理法により、切り方はお好みで変えて構いません。また、鶏と比べると独特の臭みが強いので、下ごしらえでしっかり臭みを取ると、おいしく食べられますよ。

鶏レバーの冷凍保存方法

鶏レバーの下処理方法

ハツとレバーに切り分けます。ハツは縦半分に切り、血の固まりを包丁でこそぎ取ります。レバーはふたつの固まりに分かれている部分で切り、さらに大きな固まりを縦半分に切ります。

鶏レバーとハツをバットやボウルに入れ、水が濁らなくなるまで流水でしっかり洗います。

ザルにあげて水気を切り、キッチンペーパーでさらに水気を拭き取ります。

鶏レバーの冷凍保存方法

1回分の使用量をラップに包みます。鶏のレバーやハツが重ならないように平たく置き、空気が入らないように包むのがポイントです。

金属のバットやトレイにのせ、冷凍します。凍ったらジッパー付の保存袋に入れてください。臭い移りや冷凍焼けを防ぐことができます。

豚・牛レバーの冷凍保存方法

豚・牛レバーの下処理方法

5mm~1cm厚さのそぎ切りにします。

牛のレバーをバットやボウルに入れ、水が濁らなくなるまで流水でしっかり洗います。

牛レバーはキッチンペーパーで水気を拭きとります。バットに入れ、レバーが浸るまで牛乳を注ぎ、30分ほど置きます。気温が高いときは冷蔵庫に入れましょう。

ザルにあげ、2~3回流水で牛乳を洗い流します。キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ります。

豚・牛レバーの冷凍保存方法

1回分の量をラップに包みます。牛のレバーが重ならないように平たく置き、空気が入らないようにします。

金属のバットやトレイにのせ、冷凍します。臭い移りや冷凍焼けを防ぐため、凍ったらジッパー付の保存袋に入れてください。

レバーの臭み取り方法はこちら▼

生レバーの解凍方法

解凍方法は料理によって変わります。レバニラ炒め、レバーペースト、焼肉などに使う場合は冷蔵庫で解凍しましょう。炒めるときは半解凍でも調理可能です。

レバニラ炒め、から揚げ、竜田揚げなど、下味が必要な料理に使用する場合は、調味料につけながら冷蔵庫で解凍してください。

甘辛煮、トマト煮、から揚げなど、煮込み料理や揚げ物に使用する場合は凍ったまま使用しても問題ありません。その際は、中までしっかりと火が通っているかを確認してくださいね。

調理後のレバーを保存する場合は?

調理後のレバーは、冷凍保存できる料理と向いてない料理があります。甘辛煮や焼き鳥、から揚げのようなレバーだけを使う料理は、冷凍保存が可能です。ジッパー付の保存袋に入れ、空気を抜いて保存します。1~2週間で食べきるようにしましょう。解凍は電子レンジを使用します。

野菜と一緒に炒める料理やレバーペーストは、食感や風味が変わってしまうため冷凍保存には向きません。

レバーは冷凍保存をうまく活用しよう

レバーは冷蔵では日持ちしないため、冷凍保存すると長く保存することができます。冷凍保存する前に下ごしらえを済ませておくと、解凍後すぐに調理できるので便利です。調理後のレバーも料理によっては冷凍でき、レバーが食べたいときやもうひと品ほしいときなどに手軽に食べられますよ。

冷凍保存を活用して、日々の食卓にレバーを取り入れましょう。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「楽な体勢、教えてあげるにゃ♪」可愛い三毛猫さんおすすめのハンモックでの寛ぎ方とは?

    ねこちゃんホンポ
  2. INI、メンバー同士の“全力ハグ”で会場を魅了「皆さん、これが見たいんでしょ?」

    フジテレビュー!!
  3. <2度目の浮気>娘が遭遇した不審者は……「旦那の浮気相手」怯える娘!決意した私……【まんが】

    ママスタセレクト
  4. 3児の母親、夫が嫌いな7歳長男を“借金返済のため”売りに出す(露)

    Techinsight
  5. <オバちゃん認定項目>「アレがアレして」「何歳だと思う?」あなたは何個当てはまりますか?

    ママスタセレクト
  6. 風男塾[ライブレポート]ワンマンライブで魅せた全力パフォーマンス!+東名阪ツアーを発表

    Pop’n’Roll
  7. 上智大学出身と知って驚いた芸能人ランキング

    ランキングー!
  8. 「毎日会いたい」と彼氏に言うのはNG!? 男性の本音&“会いたい彼女”になる方法

    ウレぴあ総研
  9. 【実録】忘れられない恐怖体験 #10「“怪音”の正体は…」

    ウレぴあ総研
  10. <通い介護中>兄夫婦が同居中の両親の介護もせず資産を頼っていると発覚!これは動くべき?

    ママスタセレクト