Yahoo! JAPAN

DeNAオースティンがOP戦で大暴れ ペナントのカギ握る新外国人の現況【セ・リーグ編】

SPAIA

DeNAのオースティン

オースティンが4本塁打の大暴れ

順位の鍵を握る新加入の選手たち。とくにチームの主軸として期待される新外国人選手の活躍がもたらす影響は大きい。今年も多くの新外国人選手がNPBへと活躍の場を求めにやってきた。すでにオープン戦や練習試合で、そのベールを脱ぎつつあるが、どのような状態なのだろうか。セ・リーグの新外国人選手のこれまでを確認してみたい。

セ・リーグの新外国人野手で注目を集めているのは阪神のジャスティン・ボーアだろう。ボーアはMLB通算92本塁打の大砲候補。2017年には25本塁打を放っている。左打者ということもあり、一部では、「バースの再来」と称されているほど。

しかし、オープン戦での成績は今ひとつ。本塁打は1本も出ておらず、打率.200(20打数4安打)と苦しんでいる。その後の練習試合でも快音は響いていない。ここまでの成績は参考程度ではあるものの、日本野球への対応に苦労している様子がうかがえる。どれだけ我慢の起用ができるかがポイントとなりそうだ。


阪神には右の大砲候補としてジェリー・サンズも加わった。サンズは2月29日のオープン戦で2打席連続弾を放ち、打率.238(21打数5安打)の成績を残している。3月24日のDeNA戦でも本塁打を放っており、パワーは証明済み。確実性を上げることができるか。また、左翼の守備では安定感に欠ける面もあり、指名打者のないセ・リーグでどのように起用するか注目だ。

登場曲である「ベイビーシャーク」が人気となっている巨人のヘラルド・パーラは、攻守ともにまずまずの動きを見せており、5番での起用が濃厚。一発は少ないだろうが、4番での起用が確実視されている岡本和真をプロテクトできるだけの打撃が期待される。

広島のピレラは打撃面で好調。守備では粗い面も見せており、三塁、左翼どちらで起用されるかは、その他の選手たちとの兼ね合いとなりそう。

ヤクルトにやってきたのは守備型のアルシデス・エスコバーだ。遊撃手として華麗なプレーを見せており、守備面での貢献は大きい。一方、打撃面では苦しみ、オープン戦では打率1割台と低迷した。しかし、3月20日以降の練習試合では安打を重ねており、調子を上げている。ソフトバンクへと移籍したウラディミール・バレンティンのような長距離砲ではないが、つなぎの打者として役割を果たすことができるか。

オープン戦で大当たりをみせているのが、DeNAのタイラー・オースティンである。オープン戦では2打席連続本塁打で衝撃のデビューを果たすと、4本塁打を放つ活躍。筒香嘉智(現レイズ)の抜けた穴を埋めるに十分な打撃をみせた。シーズンでも同様の活躍ができるだろうか。

サンチェス、ガンケルが練習試合で信頼回復

巨人のローテーション候補でもあるエンジェル・サンチェスはオープン戦で3試合に登板し防御率10点台と力を発揮できていない。しかし、3月21日の練習試合では3回無失点ときっちり修正してきた。エース菅野智之に次ぐ2番手の投手として、ローテーションに入ることは確実だ。


同じく巨人にやってきた中継ぎのチアゴ・ビエイラは5試合に登板し、そのうち4試合で無安打投球。持ち前のストレートを武器に最後の2試合は打者6人に対し、5三振を奪った。セットアッパーで起用したいところだが、外国人枠の壁が立ちはだかる。はたして原辰徳監督は4枠をどのように使っていくだろうか。

DeNAのピープルズはオープン戦で防御率3.38の内容だったが、3月22日の巨人戦では3回5失点と苦しんだ。現時点では、野手のタイラー・オースティンが結果を残していることもあり、開幕ローテーション入りは厳しい状態となっている。

阪神はジョー・ガンケルとジョン・エドワーズの2人が加わった。先発ローテーション入りの期待がかかるガンケルはオープン戦で防御率8.10と打ち込まれたものの、信頼回復をかけて登板した25日のDeNA戦では、3回無失点と持ち直している。

エドワーズはセットアッパー候補として防御率2.25とまずまずの成績。練習試合では失点を喫しているものの、大崩れはしていない。野手の外国人たちと枠を争うことになる。

広島にはテイラー・スコット、D.J.ジョンソンと中継ぎ2人が加入した。スコットはまずまずの結果を残しているものの、ジョンソンはオープン戦で防御率7.71と苦しんでいる。練習試合でも大事な場面で自身の失策も絡み失点。外国人枠争いでは一歩後退という状況だ。

ヤクルトの新外国人ガブリエル・イノーアは右のサイドから150キロを超えるストレートが武器。オープン戦で好投を見せ、先発ローテーション入りが確実な状況だ。一方のマット・クックはノースロー調整が続いており、開幕一軍は絶望的となっている。

順位の鍵を握る外国人選手たち。はたして開幕後はどのようなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。

記事:勝田聡

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 絶景と秘湯に出会う山旅(9)幻想的な大台ヶ原と山あいの料理旅館・朝日館

    TABIZINE
  2. 最近やたらかっこよくなった30歳以下のジャニーズランキング

    gooランキング
  3. 上白石萌歌「夢のよう」、土佐兄弟との対面に感激

    ナリナリドットコム
  4. 100%ビーフパティで250円! バーガーキングの「テリヤキ」、14日間だけのお楽しみ。

    東京バーゲンマニア
  5. おばたのお兄さん、“虹プロ”J.Y. Park氏に激似

    ナリナリドットコム
  6. 子どもの夜泣きに「うるさい」と言う旦那さん。どう対処したらいい?

    ママスタセレクト
  7. 「初デートで鳥貴族、私は安く見られているの?」20代後半女性の投稿に批判相次ぐ 「試されているのかも」という声も

    キャリコネニュース
  8. 【愛とバトルの姉妹と母】お互いの性格はお見通し #4コマ母道場

    ママスタセレクト
  9. リモートワークがもたらす日本型経営の崩壊 とはいえ、欧米式も「疲れる」「馴染まず」?(小田切尚登)

    J-CAST会社ウォッチ
  10. Mrs. GREEN APPLE、初のベストアルバム『5』発売直前企画・Nintendo Switch用ゲーム『あつまれ どうぶつの森』で オンラインファンイベント開催!

    WWSチャンネル