Yahoo! JAPAN

乗っ込み期の大ダイをタイラバで釣る 【94cm12kgマダイ】堂々浮上

TSURINEWS

乗っ込みの大ダイをキャッチ(提供:TSURINEWSライター隆司加藤)

春のオフショアゲームと言えば乗っ込みマダイです。と言うことで遊漁船「ジョイフィッシャー」に乗船し、毎年恒例の乗っ込み大ダイ狙いに行ってきました。記録更新の大ダイ94cm、12kgを筆頭に、94Lクーラー満タンになった釣行の模様をリポートします。

大ダイ狙いのタイラバ釣行

春のオフショアゲームと言えば乗っ込みマダイです。と言うことで毎年恒例の乗っ込み大ダイ狙いに行ってきました。山陰の大ダイゲームと言えば長年お世話になっている遊漁船「ジョイフィッシャー」。船長の大原さんは大ダイゲームのことを知り尽くし、毎年必ず大ダイを釣らせてめちゃめちゃ頼りになる船長で、いつもお世話になっています。

今回は7時出船、友人3人と地元の乗り合いのお客様2人で大ダイにチャレンジしていきます。

狙うポイント

今回の狙いは春ということで10kgを超える乗っ込み大ダイと、近年ジョイフィッシャーで開拓中の高級魚アマダイ。ポイントまで1時間走り、水深70mラインのフラットな砂地がポイントとなるので探し出すのがめちゃめちゃ難しいのですが、ジョイフィッシャーはそんな見つけるのが難しいポイントを熟知しているので安心してお任せできます。

後は底まで沈めて一定の速度で巻くだけなので基本的な作業は簡単です。ただドテラで流すので船の流れや波の揺れで一定の速度で巻き上げるにはちょっとしたコツが必要で、これのコツが大ダイの釣果につながります。

88cm大ダイ登場

最初のポイントに到着し流し始めるも30分近く全く反応なし。普通なら朝いちはアオハタやウッカリカサゴが釣れてもよさそうなものですが……。

ここで大原船長の名言が発動!「大ダイって全く釣れない時にいきなり食うんだよね」って言った5分後、ソルティーラバースライド100gを着底させ、一度20m巻き上げたところで一回「ぐ~ん」と重くなった後すぐ外れました。「あれ?なんか食ったよな?」と思い、もう一度ボトムまで落として2巻きすると、いきなりドンッ!一気に走りだし、マダイ特有の3段引きを見せます。重量感もしっかりあるので、これは大ダイ確定。

砂底なのであせる必要はないので、ゆっくり10分ほど大ダイ特有のファイトを楽しみ、無事88cm、8kgのオス大ダイをキャッチ。目標の10kgオーバーには届きませんでしたが思いっきり楽しめました。

早速88cm大ダイをキャッチ(提供:TSURINEWSライター隆司加藤)

1時間以上反応なし

やはり大原船長が言うように大ダイが釣れる時は他の魚の反応が鈍い。潮も風もないので船が全く動かず、どこに行っても一時間以上全く反応ありません。ここで大原船長「多分11時過ぎくらいに潮が流れだすと思うので、後少しの我慢かな?」とまたも予言?でもこれがいつも当たるんです!!

予言通り11時から爆釣

そして潮が流れだす少し前、友人のロッドティップが水面に引き込まれ84cmの大ダイをキャッチ。やはり釣れない時ほど大ダイのチャンスでした。

釣友も84cm(提供:TSURINEWSライター隆司加藤)

色々ポイントを回っているといきなり潮が動きだし、風も出てきて定番アオハタやレンコダイ、ホウボウ、うっかりカサゴが連発!皆次々とお魚をゲットしていきます。

11時ごろからゲストが爆釣に(提供:TSURINEWSライター隆司加藤)

爆釣収まると超大物ヒット

爆釣ポイントを流し終わった後もう一度同じラインを流し直そうと船を立てるも、風も強くなり船の流れる速度も速くなって水深70mでは当然同じラインを流すのはいかに凄腕船長でも不可能です。20分ほど皆にバイトがないのでもう爆釣タイムは終わったかと思いつつも88cmを釣った時と同じようにソルティーラバースライド 100gを使用し速巻きで攻めていると15巻き程度巻き上げたところで「なんか重いぞ?」

正体不明の重量級ヒット

でもタイラバはアワせたらダメなのでしっかり引き込んで持っていくまで我慢していると、一気に重量感が倍増!!これはがっちり食い込んだと思いとりあえず追いアワセを入れると、すごく重いけど全く動かない……。

生命感があるので確実に魚なのだけど、大ダイ特有のたたきもないし、ハタ系の引きでもない。底サメ系と思ったけど「うねうね」しないのでサメでもない。走らないので青物は論外。ということは引き具合からしてこの引きは可能性があるのは大ヒラメか?ただ重いだけで全く走らず、ドラグをズルズル地味に引っ張りだすだけで、いっこうに上がってこない。ヒラメにしてはおとなしすぎるし、サメにしては動かない。「???」。

94cm12kg大ダイ登場

20分以上ファイトし、後15mと言ったところで垂直に上がってきたラインが斜めになってきたので「これヒラメじゃないんじゃね?」そして浮き上がってきたのは、ピンク。あれ?巨大な大ダイ。昨年も同時期に92cm、10kgオーバーの大ダイを釣っていますが、今思えば同じ感じだったかも。上がってきたのは自己記録更新となる94cm、12kgの雌の大ダイをキャッチできました。

記録更新の1匹(提供:TSURINEWSライター隆司加藤)

52cmアマダイも顔出し

自己記録の大ダイを釣った後はのんびり休憩をはさみながら、ぽつぽつレンコダイを釣って遊んでいると、着底し巻き上げてすぐにレンコダイとはちょっと違った重量感。引きはそこまで強力ではないもののそこそこ走るし、この引きは間違いなく釣りたかったあの魚。マダイ以上に慎重にファイトし上げてきたのは、 52cm良型アマダイ。

釣りたかったというよりは食いたかったというべきでしょうか。2晩程熟成させ、刺身と塩焼きで食べましたが絶品でした。

良型アマダイも御用(提供:TSURINEWSライター隆司加藤)

94Lクーラー満タンに

今回もジョイフィッシャー船中3匹の大ダイをはじめアマダイ3匹にその他もろもろ、いつも通りの大爆釣。94Lのクーラーが満タンになりました。

ジョイフィッシャーでは「スマイルフィッシュプロジェクト」という取り組みをされており、余分な魚を児童施設の給食として寄付されているので、私も余ったお魚を寄付させて頂きました。オフショアの魚は目や浮袋が飛び出たり、なかなかリリースがしにくいのですが、ジョイフィッシャーは大爆釣しても魚を無駄にすることなくお役に立てて頂けるので、安心して爆釣することができますよ。

<隆司加藤/TSURINEWSライター>

The post乗っ込み期の大ダイをタイラバで釣る 【94cm12kgマダイ】堂々浮上first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. かっぱ寿司だけの「和のまぜそば」新登場 台湾まぜそば「麺屋こころ」完全監修

    おたくま経済新聞
  2. 【松屋】ついに登場!「チーズ牛めし」正式メニューに、“キムチーズ”も登場

    ウレぴあ総研
  3. 【アフタヌーンティー×PEANUTS】スヌーピーや仲間たちとの“思いをつなぐ”サステナブルなコラボアイテムが出るよ~♪

    ウレぴあ総研
  4. 揚げ物を日本で一番食べている「福井」の人々。そこには深いワケがあった

    TBS Topics
  5. <食のこだわり>ママの密かな楽しみ?子どもに内緒でおいしいものを食べること、ある?

    ママスタセレクト
  6. 6年間で800体超 圧巻のボリュームを誇るポケモン立体ビーズアート

    おたくま経済新聞
  7. 熱風・セルフ・ミュージック?ユニークなロウリュが自慢の『佐倉天然温泉 澄流(すみれ)』で、温泉旅行気分を満喫!

    さんたつ by 散歩の達人
  8. 反町隆史の出演が決定!今夏スタート日曜劇場『オールドルーキー』

    TBS Topics
  9. ダメ押しタイムリーHで2週間ぶりの打点!得点圏打率.368の佐藤輝明以上の勝負強さ発揮した阪神が誇る超人とは!?

    ラブすぽ
  10. 【重曹の使い方】基本をマスター!重曹で家中をエコ掃除&消臭

    PrettyOnline