Yahoo! JAPAN

【Francfranc】サブバッグに最適!フランフランの「チュールバッグ」がプチプラ&おしゃれ

ウレぴあ総研

ここ数年、人気のバッグはほとんどが小さいものになりました。

キャッシュレス化が進んだことで、お財布もかつては人気の長財布より、カードケースのような小さいものが好まれていることも理由かもしれません。

とはいっても、入りきらない荷物はどうする?ということで、最近はメインの小さいバッグとは別に、サブバッグを持つスタイルが定番となりました。

今回は、そんな昨今のファッションスタイルにおすすめの「Francfranc(フランフラン)」の新作バッグをご紹介します。

フランフラン 2021秋冬モデル チュールバッグ

チュールバッグはフランフランの定番人気商品。秋冬モデルとして、この秋9種類が新しく発売されました。

チュール素材の透け感に、刺繍がふんだんに施されたデザインバッグ。

大きさは幅約35cm、縦約34cm。大きすぎず小さすぎず、サブバッグとしてちょうどいいサイズです。

チュール素材のため耐久性が心配かと思いますが、このチュールバッグは持ち手も含め、全体が2重になっているため見た目以上に強度があります。

そのため、日常使うものを適度に入れるぐらいは全然問題ありません。

また、チュールバッグは付属のビニールポーチに入って販売されています。

くしゅくしゅと適当に丸めて入れるだけなので、ポーチへの収納も簡単です。

9種類すべて色も柄もまったく違い、付属のポーチのカラーもそれぞれ異なります。

なによりどれも可愛い上に、お値段2000円(税込)とプチプラ。

お手頃価格も後押しして、色違いで揃えたくなります。

チュールバッグのおすすめカラーはこれ!

数ある中から、今回の推しカラーをご紹介します。

まずは『イエロー×ブラウン』。表裏どちらもチュールはブラウンカラー。温かみのあるイエローとホワイトの刺繍が秋らしい組み合わせで、季節的にもおすすめのカラーです。

このカラーは、柄が縦に規則的に配置されているのが特徴。

そのため、花柄で可愛らしさ満載ながらもすっきりとした印象も持ち合わせています。

透け感は割と高めです。同じブラウン系のバッグや濃いめのグレーのバッグのサブバッグとして持つと、統一感が出てコーディネートとしてもまとまりがあります。

ハピママ*


チュールバッグ ネイビー×ネイビー 

二つ目は『ネイビー×ネイビー』。

表のチュールはホワイト、裏のチュールはネイビーカラー。落ち着いた色の刺繍が季節を問わない組み合わせで、年中使いやすいデザインです。

このカラーは無地の部分が少なく、全面に柄がランダムに配置されているのが特徴。

その影響もあり透け感も控えめで、中のものが見えにくくなっています。

ネイビーとホワイトの2色のみなので、このカラーのバッグと合わせるとコーディネートに悩みません。

秋らしい印象にするなら、グレーのバッグと合わせるといいですよ。

最後は『ブルー×ブラック』。

表裏どちらもチュールはブラック。ライトブルーとホワイトがベースの刺繍が大人っぽい組み合わせで、服のジャンルを選びにくいカラーです。

このカラーは無地の部分が多く、刺繍が控えめなのが特徴。

そのため柄が苦手な方も使いやすいです。透け感も控えめで、中のものも見えにくいです。

チュールと同カラーのブラックと合わせたり、刺繍に使われている色のバッグと合わせると、まとまりのあるコーディネートが作れます。

ぜひ使ってみてくださいね。

※値段はセールなどで変動します。
※数に限りがあります。商品入れ替えや売り切れの場合はご容赦願います。
※デザイン・価格・種類数は変更となる場合があります。

(ハピママ*/空人衣)

【関連記事】

おすすめの記事