Yahoo! JAPAN

犬を『甘やかしすぎると病気になる』!?危険な理由や適切な接し方

わんちゃんホンポ

1.骨折・脱臼・骨粗鬆症・ヘルニア・股関節形成不全

犬を甘やかしすぎると、筋骨格系疾患の病気になる危険があります。

歩きたがらないからといってあまりお散歩をしない、お散歩には行くけれどほとんど抱っこをしている、庭に出て排泄をする程度にしかお散歩していないなど、運動不足が筋力の低下を引き起こし、その結果関節などの病気の原因になる可能性があります。

犬はお散歩をすることで筋力を維持しています。筋力が低下すると、体を上手く支えることができなくなり、大きなケガをしやすくなります。

ちょっとした転倒や躓きにも注意が必要です。階段やソファーなどの上り下りには要注意です。

2.皮膚病

犬を甘やかしすぎると、皮膚病のリスクが高まります。

ブラッシングを嫌がるからといってサボっていると皮膚に抜け毛・フケ・ホコリ・汚れなどがたまり続け、不衛生な状態になってしまうからです。

また、手入れをしないことで皮膚や被毛の異変に気付くのが遅れてしまいます。1日1回ブラッシングをすることで、愛犬の皮膚を健康に保つことができるでしょう

3.肥満・糖尿病・心臓病・呼吸器疾患・関節炎

犬を甘やかしすぎると、寿命が大幅に短縮してしまう病気になる危険があります。

原因はおやつや食べ物の与えすぎです。欲しがるからといって、安易に与えてはいけません。食べすぎは必ず肥満の原因になります。

肥満である犬には糖尿病・心臓病・呼吸器疾患・関節炎などの危険があります。

太りすぎると麻酔のリスクも高くなります。

4.病気以外の危険なこと

飼い主の言うことを聞かなくなる

犬を甘やかしすぎると、飼い主の言うことさえも聞かなくなってしまうことがあります。いつでも何でもわがままな要求を聞いてくれる飼い主だからです。

犬にとって指示に従いたくない時は、従う必要がなくなってしまうのです。

本当に飼い主の指示に従わなければならないような、身の危険が迫った時でさえも、言うことを聞いてくれなくなってしまいます。

狂暴化する

犬を甘やかしすぎると、攻撃性の高い狂暴な性格になってしまう危険があります。

わがままや要求が通らなかった時、吠える・噛みつく・飛びかかるなどし、意地でも要求を通そうとします。

人に大怪我を負わせるほどの力で噛みついておやつを要求するなんてことも起こります。相手が飼い主や家族であってもお構いなしです。相手が他人の場合、恐ろしい事態を引き起こしかねません。

適切な接し方

最も危険な甘やかしは、「犬の要求に応えてしまうこと」です。

毎日、適度なお散歩や運動をさせてあげてください。

行きたがらない時は体調不良はないか、すでにケガや病気をしていないか確認し、健康な状態であればお散歩しても問題ありません。ただ甘えて歩きたくないだけです。

おやつの量や与えるタイミングをしっかり決めてください。要求する度に与えたり、欲しがるだけ食べさせてはいけません。

とくに危険なのは人間の食べ物です。肥満と病気と寿命の短縮に直結してると考えても良いです。

まとめ

甘やかしすぎると、犬は病気になります。体の病気だけではなく心の病気になってしまう犬もいます。

何でもいうことを聞いてくれる飼い主に対して、犬は都合の良い相手と認識してしまうかもしれません。

メリハリをつけ、甘やかすばかり、叱るばかりでは上手なコミュニケーションは取れません。犬とヒトの間には共通言語がないからこそ、一貫性のある態度をとり、ダメなものはダメだと徹底する必要があります。

✔骨折
✔脱臼
✔骨粗鬆症
✔ヘルニア
✔股関節形成不全
✔皮膚病肥満
✔糖尿病
✔心臓病
✔呼吸器疾患
✔関節炎

犬を甘やかしすぎると、こんなにも多くの病気になる危険があります。

愛犬には長生きしてもらいたいですよね。

どんなに長生きしても犬の寿命は20年くらいです。甘やかされたことが原因で、その一生のほとんどを痛みや苦しみと闘いながら生きる犬もいます。

甘やかすことと愛情を与えることは同じではない、ということを知ってほしいです。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事