Yahoo! JAPAN

先制適時打で20戦ぶり打点!大山悠輔の走者一掃適時三塁打呼び込んだ矢野監督期待の阪神のスピードスターとは!?

ラブすぽ

先制適時打で20戦ぶり打点!大山悠輔の走者一掃適時三塁打呼び込んだ矢野監督期待の阪神のスピードスターとは!?

サヨナラ呼び込む執念のデッドボールもらった島田海吏

7月2日に阪神甲子園球場で行われた中日ドラゴンズ戦に、「2番・左翼」で先発した島田海吏は、5打数1安打1打点。先制のタイムリーヒットを放ち、阪神タイガースの勝利に大きく貢献した。

3回、2アウト3塁のチャンスの場面で打席に立った島田海吏は、中日ドラゴンズ先発の松葉貴大の2球目127キロのカットボールをライトへ弾き返し、先制のタイムリーヒットを放った。

そこから打線が繋がり、近本光司がレフトへヒット、佐藤輝明がデッドボールで、2アウト満塁のチャンスを作り出すと、大山悠輔が走者一掃のタイムリースリーベースヒットを放ち、島田海吏の先制タイムリーヒットが一挙4点の猛攻を生んだ。

2試合連続でチャンスの場面で、打てていなかった島田海吏は、この試合は野手で投手を楽にさせてあげたいと話していた通り、島田海吏の先制タイムリーヒットが一挙4点の猛攻を呼び込んだことに対し、いい結果となって良かったと納得の表情を見せた。

6月25日の中日ドラゴンズ戦から5試合連続安打を記録し、7月1日の試合はノーヒットも2四球を奪う活躍を見せ、7試合連続出塁と阪神タイガースにとって欠かせない存在となり始めている。

島田海吏には、どんな形でもどんどん出塁してもらい、自慢の俊足で塁上を駆け回り、相手投手を翻弄し、佐藤輝明や大山悠輔を楽に打席に立たせる活躍を見せてもらいたい。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 飛距離を出すために不可欠なクラブヘッドの軌道とは!?【最長406ヤード!浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド】

    ラブすぽ
  2. 2022年の夏カツオの脂乗りに異変あり 初鰹なのになぜかコッテリに?

    TSURINEWS
  3. メルボルン発のパーソナルケアブランドが京都にPOP UP出店!

    PrettyOnline
  4. 【ショート・ボブ】でも結びたい♡こなれ感溢れる「ひとつ結び」

    mer
  5. 夏っぽさ満点! まるでスイカみたいなカラーコーデに挑戦/Today’s merSNAP

    mer
  6. 老舗映画館「小倉昭和館」の思い出を振り返る 旦過地区の火災で焼失【北九州市小倉北区】

    北九州ノコト
  7. 第2の人生を八王子で!いちょうホール近く『カジュアル酒場レスポンス』

    八王子ジャーニー
  8. 【mimi】おしえて!こどものくつえらび。成長とシーンに合う靴選びは足のカウンセリングから|新潟市中央区

    日刊にいがたWEBタウン情報
  9. 堤防フカセ釣りで本当にあった怖い話3選 ゾクゾクよりワクワクかも?

    TSURINEWS
  10. 創業約300年、京都の老舗・松井酒造がコロナ禍のピンチをチャンスにリニューアル、蔵元がガイドするオンライン酒蔵ツアーと日本酒の限定セットとは

    SPICE