Yahoo! JAPAN

知らないと損!オシャレ上級者見えする“ワントーンコーデ”かんたん4つのポイント

saita

オシャレ上級者見えする“ワントーンコーデ”

ワントーンコーデは、おしゃれ上級者の着こなしだと思っていませんか。 ポイントだけおさえれば、簡単にワントーンコーデを組むことができますよ。 お手本にしたいワントーンコーデとポイントをご紹介します。

初心者さんはブラックコーデがおすすめ!

wear.jp

ワントーンコーデ初心者さんは、ブラック×ブラックコーデがおすすめです。
冬に着ると重くなってしまう組み合わせですが、薄着の季節は肌が見える面積が広いので重くなりません。
ブラックは着やせ効果があるのもうれしいですね。

ブラックのアイテムは上下で同じ素材を合わせても様になりますが、写真はリブパンツに透け感のあるシアー素材のトップスを合わせて「抜け感」をプラスしています。

引き続き人気のシアー素材のアイテムは手軽に抜け感をプラスできるので、組み合わせに困ったときにおすすめです。

ホワイトコーデをする際に気を付けたいポイント

wear.jp

爽やかなホワイトが印象的な、夏にぴったりのワントーンコーデです。

トップスはオフホワイト、スカートは黄みがかったアイボリーを合わせています。
ホワイトは膨張色でもあるので、オフホワイト×オフホワイトや、アイボリー×アイボリーの組み合わせはNG。

オフホワイト×アイボリーや、オフホワイト×ベージュのグラデーションを作ることでメリハリが出ます。
上半身をカバーしたい場合は、トップスにアイボリーをもってくるのが◎。

小物はブラックやブラウンを選ぶと浮いてしまいますが、ミントグリーンをチョイスしているので統一感が出ていますね。

柄物ボトムスで作るワントーンコーデ

wear.jp

柄スカートで作るワントーンコーデを紹介します。夏は花柄や幾何学柄など、色が何色も入っているスカートを目にする機会が増えますね。

合わせるトップスはホワイトやブラックなどが定番ですが、スカートに入っている色で合わせるとコーデに統一感が出ます。写真はマスタードカラーをベースにしたスカートなので、トップスは薄いマスタードのTシャツを合わせて。

スカートよりも濃いマスタードを選ぶとコーデの主張が強くなってしまうのでNG。
柄スカートに合わせるトップスは「引き算」がおすすめです。

カラーアイテムで作るワントーンコーデ

wear.jp

最後に、涼し気な印象になるブルーのワントーンコーデをご紹介します。

ブルーグレーのサマーニットにくすみブルーのラップスカートを組み合わせています。
ブルー・ピンク・イエローは同じ素材で合わせると主張が強くなってしまうので、素材違いで組み合わせるのがベター。

ブルーも種類がたくさんありますが、ヴィヴィッドな色をチョイスしてしまうと古臭い印象になることも……。
明るい色でワントーンコーデを作る際は、トレンドカラーである「くすみカラー」を選ぶと失敗しにくいです。

くすみカラーは程よく落ち着いた印象になるので、40代の方にぴったりのカラーです。

***

ワントーンコーデを組む際に気を付けたいポイントをいくつかご紹介しました。
マスターすればプチプラのアイテムでも「高見え」して、おしゃれ上級者に見えますよ。
ぜひ挑戦してみてくださいね!

画像協力:WEAR

belepi/ライター

【関連記事】

おすすめの記事