Yahoo! JAPAN

『ベイビー・ブローカー』で“韓国の歌姫IU”が気になった人にオススメしたい‼「絶対に見てほしいドラマ3選」

ウレぴあ総研

『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』 U-NEXTで独占配信中 ©2016 Universal Studios, Barami bunda. Inc., and YG Entertainment Inc.

韓国で「国民の妹」と呼ばれるほどの人気を誇る、国民的歌手の「IU(アイユー)」。

歌はもちろん、女優「イ・ジウン」としても評価の高い彼女は、カンヌ国際映画祭で2冠を獲得した是枝裕和監督の最新作『ベイビー・ブローカー』に重要な役柄で出演し、日本における注目度がより高まっています。

そこであらためて彼女の多彩な魅力が確認できる、押さえておきたいドラマや映画の出演作を厳選してご紹介します!

ヒューマンドラマからラブストーリーまで魅せる顔

IU(アイユー)さんはどんな人?

韓国で老若男女から絶大な人気を誇る、シンガーソングライターのIU。

1993年5月16日生まれのIUは、現在29歳になったばかり。愛くるしいルックスと華奢な容姿は日本でも親しみやすさを感じさせますし、音楽活動で培った表現力は、演技の面においても存分に発揮されています。

K-POPにおいて、日本では韓国のボーイズグループやガールズグループが話題になることも多いですが、IUは2008年の歌手デビュー以降、韓国の音楽シーンの第一線を走り続けているアーティストとして周知されている存在。

日本でも人気のBIGBANGのG-DRAGONやBTSのSUGAなど、さまざまなアーティストとコラボレーションすることもあります。

そんなIUの女優デビュー作は、2011年のドラマ『ドリームハイ』。

約20年前に日本の第1次韓流ブームを巻き起こしたペ・ヨンジュンたちが制作したドラマで、IU以外にもペ・スジ(当時はmiss A)、キム・スヒョン、2PMのオク・テギョンとチャン・ウヨンなどすごい面子が集結。

そして、2013年のドラマ『最高です! スンシンちゃん』で初主演を果たしました。

IU(イ・ジウン)出演作“押さえておきたい”マスト3選

『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』(2016年)

韓国でスターとして絶大な人気を誇るIUは、「イ・ジウン」として女優としても活躍。

その魅力に触れられるドラマの1作目として、豪華絢爛な映像美も見応えのある時代劇『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』 からご紹介します。

IUは現代から高麗時代にタイムスリップする女性を演じ、皇宮で美しい8人の皇子と出会います。

皇子役にイ・ジュンギ、カン・ハヌル、ベクヒョン(EXO)、ナム・ジュヒョクなど日本でも人気のトップ俳優が揃い、切ない恋物語を展開。恋に悩むひたむきな主人公を感情豊かに演じる彼女に共感必至です。

『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』(2018年)

2作目はヒューマンストーリー『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』。

筆者が敬愛するコン・ユの主演ドラマ『コーヒープリンス1号店』(2007年)や映画『パラサイト 半地下の家族』(2019年)などに出演の渋い声でお馴染み、イ・ソンギュンとの共演作です。

報われない日々を懸命に生きる女性と、三兄弟の人生が描かれ、日韓ともに作品やIUの演技に魅了される人が続出。

コン・ユら同業者である俳優も絶賛の声が多く、是枝裕和監督は今作を観て最新作『ベイビー・ブローカー』でのIUの起用を決めたほど。

理不尽な世の中での貧困や暴力も描かれるなか、孤独を抱える女性の生き様を真摯に演じ抜いた彼女の演技は一見の価値あり。

『ホテルデルーナ』(2019年)

3作目は、死者が集う不思議なホテルの美しいけれど気難しいオーナー役を演じているファンタジーロマンス『ホテルデルーナ』。

子役から人気俳優へと成長したヨ・ジングが、ある理由からホテルで働くことになった人間の総支配人役を務めています。

1000年もの間、幽霊を相手に働く女社長役を演じるIUが、人間の男性に少しずつ心を許していくツンデレ女子ぶりがなんともキュート。

煌びやかなホテルの装飾やIUのおしゃれな衣装も見どころで、立場の違う恋に揺れ動く女性の姿に見入ってしまうはず。

『ベイビー・ブローカー』(2022年)

そして最後は、6月24日から公開中の是枝裕和監督が脚本と編集も務める初の韓国映画『ベイビー・ブローカー』です。

IUは赤ちゃんを預けるシングルマザー役に挑み、新境地を開拓しました。

ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナ、イ・ジュヨンと韓国の実力派が勢揃いした今作は、子どもを育てられない人が匿名で赤ちゃんを預ける「赤ちゃんポスト」をきっかけに出会うブローカー、母親、刑事たちが、血縁はないけれど旅を通して家族となっていく物語。

命や家族の在り方について、見つめ直す機会にもなりそうです。

第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品として、映画『パラサイト 半地下の家族』ほかでも名優と名高い主演のソン・ガンホが男優賞を、作品はキリスト教関係団体が選ぶ「エキュメニカル審査員賞」を受賞。

韓国では6月8日に公開され、試写会にはカン・ドンウォンと交流のあるBTSのVも参加するなど、日韓でも公開前から話題を呼んでいます。

今後は、海外進出中のパク・ソジュンとIUがダブル主演する映画『ドリーム』の公開も控えている彼女。

IUとしての音楽活動も、イ・ジウンとしての役者の活動も、どちらからも目が離せません!

『ベイビー・ブローカー』

監督・脚本・編集:是枝裕和
出演:ソン・ガンホ カン・ドンウォン ペ・ドゥナ イ・ジウン イ・ジュヨン
製作:CJ ENM 制作:ZIP CINEMA 制作協力:分福
提供:ギャガ、フジテレビジョン、AOI Pro. 配給:ギャガ

6月24日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
© 2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co. Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

(mimot.(ミモット)/かわむら あみり)

【関連記事】

おすすめの記事