Yahoo! JAPAN

今週のヘラブナ推薦釣り場【群馬県・三名湖】

TSURINEWS

大手張桟橋の様子(提供:週刊へらニュース・伊藤さとし)

群馬県藤岡市にある三名湖が、いい意味で異様な光景となっている。工事による大減水で水面積が狭まったことで魚が高密度化して、真冬とは思えないほどの釣れっぷりを見せているのだ。

三名湖の概況

底がとれるポイントも増大し、底釣りファンにはまたとないチャンスと言えるだろう。もちろん、これまでどおり宙釣りも好調なので、今期の納竿・初釣りは大釣りの期待大かも。

概況図(作図:週刊へらニュース 伊藤さとし)

例年よりも数は減らしたものの、今年も新ベラ放流が行われた。工事による大減水により水域が狭まったことで、魚の密度が増して「厳寒期・減水=食い渋り」の図式になっていないところが面白い。取材時は見る見るうちに水位が下がっていたにも関わらず、魚の活性はすこぶる上々だった。

これから年末にかけて、さらに水位が下がり12月17日から3週間程度、大手張桟橋が使用不可となり、大土手桟橋先の一の入江階段も渡れなくなる。また新たな変更も出てくる可能性があるので、釣行前に光月の公式HPや電話でチェックしよう。

ポイント

三名湖のポイントを紹介しよう。

エン堤から水神方面を見る(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

桟橋

これまで考えられないほど、短竿で底がとれるようになっている。場所によっては、浅すぎて釣りにならないかもしれない。だが地形が露出しているので、傾斜や底の状態を把握するには最高のタイミングとも言える。スマホなどで写真を撮って残しておくといいだろう。

底釣りで狙う(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

かつてないほどの減水中だが、底釣りファンにとってはむしろ好都合だろう。とくに底釣りポイントに乏しい舟釣りでも底がとれる範囲が拡大しているので、未知のポイントを狙える面白さがある。

大幅な減水のため、上流筋や各ワンド奥は見切って、中央ロープの本湖方面がおもなポイントとなるだろう。なお6m減水時点で、中央ロープの水神前だと竿30尺で底がとれたことを書き添えておこう。

釣り方とエサ

三名湖の釣り方とエサを紹介しよう。

底釣り

正確な底ダテと戻しが出るタナ、フラットな底を見つけるなどの基本は当然だが、傾向として新ベラは底につきやすい。よって新ベラをターゲットに釣りを組み立てるといいだろう。

エサはグルテンセットがメイン。と言ってもバラケにグルテンではなく、イメージとしてはダンゴとグルテン。それを釣況を見ながら、セットまたは共エサで打ち替えつつベストパターンを探るといいだろう。

底釣りタックル図(作図:週刊へらニュース 伊藤さとし)

どのようなエサを使うにしても、ナジミ幅はしっかり確保する。魚が寄ってきてもこれは同じ。ナジまないのはエサが持っていないからなので、しっかりしたエサをしっかりハリ付けし、できるだけ空振りせず魚を上ずらせないようにしたい。

仮に上ずってしまったら、置きダンゴが有効。キレイに丸く整えたエサにハリを埋め込んだら、チモトは押さえずに振り込む。何ならチョン掛けでもいい。そしてエサを地底に置いてくる。これを何度か繰り返せば、高活性の新ベラなら次第に口が下を向くはずだ。

宙釣り

前述したとおり魚の密度が関係しているのだろうか、今期はかなり浅いタナでもアタリが出る傾向にある。とくに日中になると、厳寒期とは思えないカッツケタナでもウキが動く。ただし安定感には欠けるので、ベストはチョウチン釣りだろう。

水深にもよるが、竿は9~21尺と幅広い。またエサもグルテンセット、両グルテン、両ダンゴ、ウドンセットと、釣り人を惑わせるほど様ざまなエサを追う。傾向としては、釣り場が空いていれば共エサ系、混雑していたらウドンセットまたはグルテンセットが有効。

なお底釣りほど新ベラに特化しないのが宙釣りの特徴でもあり、また新旧ベラが混在する難しさも否定できない。よって無難にアタリを出したいなら、ウドンセットが最強かもしれない。しかもタナが浅いほど、旧ベラではあるが型もいい。

しかし管理池的ではつまらない人もいるだろう。であれば長尺竿(深いタナまたは沖宙)のグルテンセットなら面白いだろう。ただしエサ慣れした旧ベラに、グルテンを食わせるのはかなりの難易度。だが逆に攻略しがいはあるので、ぜひとも挑戦してほしい。

<週刊へらニュース 伊藤さとし/TSURINEWS編>

この記事は『週刊へらニュース』2022年1月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post今週のヘラブナ推薦釣り場【群馬県・三名湖】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事