Yahoo! JAPAN

【燕市】色鮮やかな天神講のお菓子を燕市内の菓子店で販売します

日刊にいがたWEBタウン情報

「天神講」とは学問の神様・菅原道真公を命日である2月25日に偲び、学業成就や合格祈願、子どもたちの健やかな成長を願う昔ながらの風習です。

全国各地でさまざまな天神講にまつわる風習があって、燕市内の地区や家庭によっても違いはあるんだけど、燕の天神講は、お供えする色鮮やかなお菓子が特徴で、「天神講のお菓子を食べると勉強ができるようになる」と言い伝えられてきたんです!

そして現在、受験生応援のために道の駅 国上ほか、燕市内菓子店で天神菓子を一同に並べ販売しています。鯛や梅、海老に招き猫、だるまに大黒天など、お店ごとにいろいろな種類があり、主役である天神様の表情もさまざまです。

燕市に来た際はお菓子屋さんにぜひ立ち寄ってみてください!

越後つばめの天神講菓子展(提供店など詳細はコチラから) (https://www.city.tsubame.niigata.jp/kogyo/shoko/8595.html)

越後つばめの天神講菓子展

開催期間
提供期間は各店によって異なる
会場名
道の駅 国上 ほか燕市内の菓子店など
問い合わせ先
燕市商工振興課
問い合わせ先
電話番号
0256-77-8231

【関連記事】

おすすめの記事