Yahoo! JAPAN

身体の回転ススピードを上げるフィギュアスケーターの回転に習う2つのポイントとは!?【坂本龍楠の“飛脚”ドリルで飛距離アップ/ゴルフ】

ラブすぽ

身体の回転ススピードを上げるフィギュアスケーターの回転に習う2つのポイントとは!?【坂本龍楠の“飛脚”ドリルで飛距離アップ/ゴルフ】

骨盤をしっかり動かし、クラブを身体から離さなければ回転スピードは自然と上がる

●フィギュアスケーターの回転を見習う
身体の回転スピードについてお話しましょう。

スピードを上げるためにはこの場合も2つのポイントを意識する必要があります。

1つは、バックスウィングからトップで骨盤をしっかりと右に向け、フォロースルーからフィニッシュでも同じく骨盤をしっかりと左に向けることです。

これを意識する理由は、骨盤の移動距離をしっかりと作ることによって、スピードが出る分母を増やせば、その分、スピードアップの可能性が広がるからです。

もう1つは、ダウンスウィングからインパクトでクラブをできるだけ身体から離さないことです。

これは、フィギュアスケートの選手が回転するとき、手をクロスして胸に付けたり、頭上に真っすぐ伸ばしているのと同じ理屈。クラブや腕を身体の近くに置いておいたほうが身体の回転スピードが上がるのです。

まずは、この2つのポイントを意識してスウィングしてみてください。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.12』

【レッスンプロ情報】
●坂本龍楠
1981年神奈川県生まれ。オーストラリア仕込みのゴルフ理論でレッスンを展開。2011年、日本プロゴルフ協会のティーチングプロ資格を取得。プロ、アマを問わず数多くのゴルファーを指導するかたわら、「YouTube」にレッスン動画を公開。悩めるゴルファーの救世主として絶大な人気を集めている。現在、新宿御苑ゴルフスタジオ (http://ryunangolf.com/)主宰。

【関連記事】

おすすめの記事